コストコ会員になるにはどうすればいい?入会する方法を登録手順から会員証カード受取までの流れまとめ。当日のやり方も

スポンサーリンク

こんにちは!
ミラクリの小林敏徳です。

会員制スーパーマーケットの「コストコ(COSTCO)」によく行くなら、会員証を作っておきたいですよね。

会員の人と一緒なら非会員でも入店できますが、毎回一緒に行くのは気を使いますから。

そこで気になるのは「コストコ会員になる方法」だと思います。

どうやって入会するのか?
会員証(メンバーシップカード)はどうやって受け取るのか?

このページでは、コストコ会員になる方法、更新の手順、退会する方法をまとめて紹介していきます。

ノマド的節約術 コストコ会員登録の手順

コストコの会員に登録する流れ

それでは早速コストコ会員になる方法を説明していきます。

コストコの会員登録は店舗でもネットでもできますが、ネットで事前登録しておけば、店舗で会員証を受け取る時間が短縮できます

なので、ネットから手続きを始めるほうがおすすめですよ。

1. 公式サイトから登録手続きを行う

まずは、コストコの公式サイトにアクセスしてください。

コストコ会員は2種類ありますので、ビジネスメンバーゴールドスターメンバーのどちらにするのかを選択してください。

コストコの会員登録
引用:コストコ

ビジネスメンバーは法人や個人事業主、ゴールドスターメンバーは一般の個人会員という意味です。

ほとんどの場合はゴールドスターメンバーになると思います。

2. 氏名・住所・電話番号・家族カードの有無等を入力していく

▼続いて、氏名や住所などの会員登録に必要な情報を入力してください。

この画面で確認しておきたいのは、家族カードを発行するかどうか。

ビジネスメンバー、ゴールドスターメンバーともに、家族カードは1枚まで無料で発行できますので、必要な場合はここで申請しておきましょう。

コストコの会員登録

3. 受付番号をメモする・お渡し期限に要注意

▼画面の流れにしたがって登録手続きが完了したら、受付番号とお渡し期限が表示されます。

受付番号は会員証発行時に必要になりますので、忘れないようにメモしておきましょう。

もし、「カードお渡し期限」を過ぎてしまうと会員証を発行できませんので、こちらも注意してくださいね。

コストコの会員登録

これで、ネット申し込みは完了です!

後日、コストコ店舗で会員証を受け取るまでの流れ

ネット申し込みができたら、コストコ店舗に行きましょう。

ここからはコストコに行ったあと、どんな手順で会員証を受け取るのかを紹介していきますね。

その前に…!

会員証を受け取るためには、以下の証明書が必要です。

  • ゴールドスターメンバー:受付番号・本人確認書類
  • ビジネスメンバー:受付番号・本人確認書類・会社所在地の証明書

本人確認書類は、運転免許証や保険証などがあればOK。

会社所在地の証明書は、名刺や公共料金の請求書があれば大丈夫です。

準備ができたら、コストコに向かいましょう!

1. コストコの受付カウンターに向かう

コストコに到着したら、受付カウンターに向かいましょう。

通常は入口(Entrance)で会員証を見せて入場するのですが、この時点ではまだ正式な会員ではありませんよね。

▼会員証を発行しに来たことをスタッフの方に伝えると、出口(Exit)から受付カウンターに通してもらえました。

コストコの会員登録のために受付カウンターへ

ネット申し込みさえ済んでいれば、全国のコストコで会員証を受け取れますよ。

2. 現金またはクレカで年会費を支払う

受付カウンターに行ったら、事前にネットで登録したときに出てきた受付番号を伝えてください。

あとは店員さんが手続きしてくれますよ。
このタイミングで、いよいよコストコの年会費を支払います。

年会費の支払い方法は以下のとおりです。

クレジットカードの場合は年会費の自動引き落としにも対応しています。

今後ずっとコストコを利用するつもりなら、自動引き落としにしておくといいですよ。

コストコの入会金をクレジットカードで払った証拠

3. やったぁ!メンバーシップカードが発行されます

本人確認等が終わり、年会費の支払いも完了したら、ついに会員証(メンバーシップカード)が発行されます。

コストコの会員証
↑発行されたコストコの会員証↑

ちなみにコストコの会員証は、18歳以上であれば1枚につき2名まで同伴可能です。

この仕組みを使えば、友達や両親と一緒に行くこともできますよね。

18歳以下なら何名でも同伴可能なので、家族で買い物に行くときでも安心です。

当日に会員登録もできます

ネットでも手続きできますが、当日いきなりコストコに行っても会員登録できますよ。

ただ、混んでいる時間帯もあるので、先ほど紹介したように事前にネット申し込みするのがおすすめです!

【注意点】過去12ヶ月以内に退会してると登録できない

コストコ会員になる際に注意したいことがあります。

それは過去12ヶ月以内に退会している場合は新規登録ができないこと。

コストコは退会者に年会費を全額返金するサービスをしているため、入会と退会の繰り返しを防止する意味合いもあるのでしょうね。

更新は会員期間内に行う・レジでも手続き可能

次の年もコストコ利用する場合は、更新手続きが必要ですよね。
更新は、会員期間内に行いましょう。

店内のレジでも手続きできますし、忘れそうな場合はクレカの自動引き落としにしておくのがおすすめです!

会員期間内の退会・解約は年会費が全額返金される

ここまではコストコ会員であり続ける前提で話を進めましたが、やっぱり会員をやめたい場合も出てくるかと思います。

その場合、コストコなら会員期間内に退会・解約した場合、年会費を全額返金してくれるんです。

全額返金って、すごく良心的なサービスですよね・・・。

もし迷っているなら、お試し感覚で入会してみるのもアリだと思いますよ。
ちなみに、退会手続きはどこの店舗でもできます。

コストコ解約のやり方は以下のページが詳しいですよ。

さいごに

退会するときに年会費が返金されるとなると、コストコ会員になるハードルがかなり下がりますよね。

「お試しで使ってみよう」という気持ちになるのでは?

会員になったら、コストコをガンガン利用しましょうね!

おまけ:コストコに関連する記事のまとめ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!