コストコの「6種の海鮮ちらし寿司」の特徴と食べた感想。サーモン・真鯛・醤油いくらがたっぷり!

小林 敏徳の画像

こんにちは!

子供の頃は魚介を食べず、酢飯ばかり食べていた小林敏徳です。

コストコに「6種の海鮮ちらし寿司」というお惣菜があります。

この海鮮ちらし寿司は、とにかく豪華。

新鮮なサーモンや醤油いくらがたっぷりのっている、ゴージャスな見た目です。

酢飯とネタの割合が「ほぼ同じ」と言っても過言ではないほど豪華なので、贅沢な気分になれますよ。

今回は、そんな6種の海鮮ちらし寿司の特徴と食べた感想を紹介しますね。

贅沢な気分になれるコストコのちらし寿司

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(パッケージ)

コストコのお惣菜コーナーに、圧倒的な存在感を放つ商品があります。

その商品は、6種の海鮮ちらし寿司。

サーモンや真鯛があからさまに「ドサッ!」とのっていて、いくらもたっぷり。
これほど贅沢なちらし寿司は、なかなかお目にかかれません。

もちろん味も美味しいので、何度もリピートしています。
さて、まずはそんな6種の海鮮ちらし寿司の特徴から紹介していきますね。

カークランドシグネチャー 6種の海鮮ちらし寿司の特徴

6種の海鮮ちらし寿司は、すぐに見つけられるはずです。

それくらい存在感があります。

海鮮たっぷりの贅沢ちらし寿司

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(中身)

6種の海鮮ちらし寿司は、新鮮なネタがたっぷりのった贅沢ちらし寿司です。

サーモンやいくらが目立ちますが、それだけではありません。
次のようなネタがたっぷりのっています。

  • サーモン
  • 真鯛
  • 醤油いくら
  • いか
  • とびこ
  • 甘エビ
  • しそ

▼参考までに、それぞれのネタを取り出してみました。

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(具材)

一般的な海鮮ちらし寿司のネタは、もっと細切れになっていますが、コストコのはケチケチしていません。

食べごたえも抜群です。

たっぷりボリュームで参考価格1,880円

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(中身のアップ)

6種の海鮮ちらし寿司は、たっぷりボリュームで参考価格1,880円です。

内容量は記載されていませんが、およそ2〜3人前でしょうか。

1人前あたりに換算すると626円〜940円なので、かなりお得ですね。

そして、お値段以上に満足できると思います。

賞味期限は当日中

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(サーモン・鯛・とびこ)

6種の海鮮ちらし寿司の賞味期限は、当日中です。

この手のお惣菜を翌日に持ち越すことは少ないでしょうが、念のため気をつけてください。

ちなみにわが家はいつもその日に食べきってしまいますが、最後は取り合いですね・・・。

さて、それでは実際に食べてみましょう。

海鮮の存在感が凄すぎてびっくりした!

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(お皿に盛り付けた様子)

コストコの6種の海鮮ちらし寿司には、いつも驚かされます。

なぜなら、海鮮の存在感が凄すぎるから。

普通は酢飯の量が多くて、海鮮は「チョロっと」という感じですが、コストコのは全然違います。

酢飯と海鮮がほぼ同量と言っても過言ではないくらい、贅沢に盛り付けられています。

もちろんネタも美味しい!

サーモンは脂がたっぷりで、いくらや真鯛や甘エビも新鮮そのもの。

コスパは一概に比較できませんが、少なくとも満足感は高いです!

大人2人でギリギリ食べ切れる量

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(サーモン・鯛など)

ボリューム的には、やはり大人2人でギリギリ食べ切れる量でした。
ですから、やはり2〜3人前でしょうか。

わさびが使われておらず、お酢の濃さも適度なので、子供たちもよく食べていました。

ちょっとお値段は張りますが、またリピートしたいと思います。

おまけ:握り寿司のセットもおすすめです

コストコのお惣菜コーナーには、お寿司がたくさんあります。

ランチを軽く済ませたいときや、ホームパーティーなどのイベント時に、ぜひお試しください。

▼たとえば「寿司ファミリー盛48貫」は、コスパが回転寿司なみです。
もちろん味も美味しいですよ。

コストコの寿司ファミリー盛48貫(パッケージ)

▼「にぎり寿司20貫」は、かるくお寿司を食べたいときにおすすめです。

ぼくはお寿司が大好きなので、よく購入しています。

それぞれの商品については、次の記事をご覧ください。

さいごに

コストコの6種の海鮮ちらし寿司は、満足感の高いお惣菜でした。

これだけ海鮮がたっぷりで、しかも美味しいなら、言うことはありませんね。

子供たちもかなり気に入っています。

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール