コストコの「USAビーフ タン厚切り焼肉用」の特徴と食べた感想。まるでステーキのような厚みにびっくり!

スポンサーリンク

こんにちは!

焼肉を食べに行ったら、まず最初に牛タンを頼む小林敏徳です。

特大の牛タンを食べようと思えば、それなりの出費を覚悟する必要がありますよね。

ぶ厚〜い牛タンを見たらテンションが上がるのに・・・。

そんなときに便利なのが、コストコの牛タンです。

1枚あたり50g超のサイズ感は、極上の満足感を与えてくれます。

もちろん味もおいしいですよ。

今回は、コストコの「USAビーフ タン厚切り焼肉用」について紹介しますね。

コストコの「USAビーフ タン厚切り焼肉用」を買ってみた

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(パッケージ)

コストコの「USAビーフ タン厚切り焼肉用」を買ってみました。

「カワムキ タンVP」という自分でカットするタイプもあるのですが、バーベキューを予定していたので、今回は焼肉用をゲット。

これが驚くほど美味しくて、お得だったので、その魅力を紹介したいと思います。

USAビーフ タン厚切り焼肉用の特徴

コストコの牛タンは、コストコ会員の間では定番中の定番です。

牛タンは年々値上がりしているように思いますが、コストコのは未だにお得ですよ。

値段は100gあたり498円

USAビーフ タン厚切り焼肉用の値段は、100gあたり498円です。

今回購入したのは、正味量623gで3,103円でした。

▼特大の牛タンが12枚も入っています。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(中身)

サイズ感に圧倒されてしまいますね。

ちなみに市販の牛タンの値段はピンきりですが、100gあたり600円〜1,000円程度が平均なので、コストコのほうがコスパに優れています。

下処理・血抜きの必要なし

自宅で牛タンを食べるときに面倒なのは、その下処理。

とくに「血抜き」には時間と手間がかかりますよね。

▼ところが、コストコの牛タンは下処理の必要がありません。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(中身のアップ)

ただ、やはり肉の量が多いぶん、少しだけ血がしたたっていますので、神経質な方は軽く拭き取ってから調理してくださいね。

1枚あたり50g超の大判サイズ

USAビーフ タン厚切り焼肉用は、びっくりするくらい大きいです。

▼飲食店でこれほどの牛タンを目にすることは、ほとんどないでしょう。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(1枚あたりのサイズ)

お目にかかれるとすれば、仙台の有名店くらいだろうなぁ。

正味量623gを12枚で割ると約52gですから、大きめのカットステーキくらいですね。

1枚でお腹にズシンとくるはずだ。

肉の厚みもとにかくすごい

USAビーフ タン厚切り焼肉用は、厚みもすごいです。

▼ほら、このとおり。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(1枚あたりの厚み)

おそらく、焼肉店でよく見かける薄切り牛タンの3〜4枚分はあるでしょうか。

ほとんどステーキと言っていいでしょう。

さて、ボリュームやコスパは良さそうですが、お味のほうはどうなのでしょうか?

コストコの牛タンを炭火焼きにしたら美味しかった

今回は、コストコの牛タンを炭火で豪快に焼いてみました。

▼時間をかけてじっくりジュ〜〜っと。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(炭火焼きの風景)

▼いい感じで焼けています。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(炭火焼きの風景2)

▼焼き色がついた時点で、美味しそうな香りが漂いました。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(炭火焼きの風景3)

今回は炭火でじっくり焼きましたが、オーブンやフライパンで焼くなら、表面にかるく切れ目を入れたほうがいいと思います。

まるでステーキみたいにジューシー!

▼めちゃくちゃおいしそうだ。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(焼き上がり)

とにかくジューシーでした。

ここまで肉汁たっぷりの牛タンを食べたのは、初めてかもしれません。

1枚あたり50g以上もあるので、噛み切れないくらい固いのかと思っていましたが、意外に柔らかかったです。

さすがに子供たちにはハサミでカットしてから与えましたが、「美味しい! 美味しい!」と言いながらパクパク食べていましたよ。

「カワムキ タンVP」という種類もあります

コストコの牛タンには、「カワムキ タンVP」というタイプもあります。

これは自分でカットするブロックタイプですね。

こちらは100gあたり288円なので、もっとコスパがいいですよ。

タンをカットすることに抵抗のない方は、よりお安いほうを買ってみてくださいね。

さいごに

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用は、満足感大の商品でした。

肉汁がたっぷりで、ボリュームがすごくて、コスパもいい。

バーベキューをするときの定番になりそうです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る