コストコの「三元豚肩ロース」の特徴と食べた感想。ヘルシーなブロック肉を格安で!

小林 敏徳の画像

こんにちは!
「肩ロースのお肉は固い」と勝手に思い込んでいた小林敏徳です。

コストコの「三元豚肩ロース」を買って、それまでの思い込みが覆されました。

とても柔らかいんです!

ロースやバラに比べて脂身が少なく、とてもヘルシー。
それなのに、めちゃくちゃ柔らかいので、思わず唸ってしまいました。

値段的にも買いやすいので、食卓に欠かせなくなるでしょう。

個人的にイチオシです!

このページでは、コストコの「三元豚肩ロース」について解説しますね。

たまにはヘルシーなお肉をガッツリ食べたい!

コストコの三元豚肩ロース(パッケージ)

「ヘルシーなお肉が食べたい!」

そう思ったときは何を購入しますか?

パッと思いつくのは「鶏むね肉」ですが、これではちょっと味気ない。

かと言って「鶏のささ身」や「牛のヒレ肉」になると、高くて買いづらいですよね。

そんなわけで今回は、あまり買ったことがないコストコの「三元豚肩ロース」に挑戦しました。

肩ロースは固いイメージだったので、今まで敬遠していましたが、コスパに惹かれて購入することに。

結果的にとても美味しかったので、買って正解でした!

三元豚肩ロースかたまりの特徴

コストコの三元豚肩ロースは、でっかい肉の塊です。

1.5kg以上あるので、贅沢に使えますよ。

カナダ産!脂身の少ないヘルシー肩ロース

コストコの三元豚肩ロース(パッケージのアップ)

コストコの三元豚肩ロースは、カナダ産。
脂身の少ない肩ロース肉が、ドカーンとセットになっています。

▼見た感じは、ロースやバラに比べて「赤身」が多め。

コストコの三元豚肩ロース(お肉の表面)

一見は固そうですが、ものすごく柔らかいですよ。

100gあたり参考価格108円

コストコの三元豚肩ロースは、100gあたり参考価格108円で販売されています。

▼今回購入したものは、1.697kgで1,833円でした。

コストコの三元豚肩ロース(価格表示)

もともと豚肉は、鶏肉と牛肉のちょうど中間くらいのお値段ですが、コストコのはさらに安いですね。

いろんな料理に使える

コストコの三元豚肩ロース(開封した状態)

豚の肩ロース肉は、どちらかと言うと買う機会が少ないのではないでしょうか?

となると、気になるのはその使い道ですよね。

用途を以下にまとめてみました。

  • チャーシュー
  • 煮込み
  • カレー
  • シチュー
  • ステーキ
  • 炒飯等の具材

今回は、チャーシュー、カレー、炒飯に使いましたので、あっという間になくなりました。

賞味期限は4日(冷凍保存も可能)

三元豚肩ロースの賞味期限は、4日です。

この期間内に1.5kg以上のお肉を食べるのは厳しいかもしれませんが、冷凍保存もできるので安心してください。

ちなみにぼくもそうしましたよ。
▼コストコで買った「ジップロック サンドイッチ」を使って、塊のまま保存しました。

コストコの三元豚肩ロース(冷凍保存)

ジップロックについては、次の記事で紹介しています。

煮込みチャーシューを作ってみた!

この記事を書いているうちに、どんどんお腹が空いてきました・・・。

さてさて、それではコストコの三元豚肩ロースを調理してみましょう。

今回は「煮込みチャーシュー」を作ってみました。

▼まずは三元豚肩ロースを塊のままガシッと。

コストコの三元豚肩ロース(お肉の重量感)

▼お肉の中まで火が通るように、フォークで穴を開けていきます。

コストコの三元豚肩ロース(チャーシューの仕込み)

▼それをフライパンで、焦げ目がつく程度に焼きます。
今回は油をうす〜くひいていますが、無くても大丈夫ですよ。

コストコの三元豚肩ロース(フライパンで炒める)

▼次に、だし汁を入れたお鍋で30分ほど煮込みます。

コストコの三元豚肩ロース(お鍋で煮込む)

▼ついに完成!
めっちゃ美味しそう・・・。

コストコの三元豚肩ロース(チャーシューの出来あがり)

煮込んだのもありますが、めちゃくちゃ柔らかかったです。

ロースやモモで作ったチャーシューよりもヘルシーなので、これなら「こってり」が苦手な方でも食べられるでしょう。

時間をかけて作ったのに、あっという間に食べてしまいました。(ちょっと寂しい・・・。)

これはまた買おうっと!

おまけ:おすすめの肉・魚を紹介

最後にちょっとだけおまけを。
コストコには、お得なお肉と魚がたくさんありますよ。

個人的なお気に入りを紹介しますね。

▼まずは、かなりの頻度で購入する「塩サバフィレ」。
骨なしなのと、塩加減が絶妙なので、とても重宝しています。

コストコの塩サバフィレ(パッケージ)

▼新鮮な脂がのっているので、焼いたらこのとおり。
表面はパリパリなのに、中はジューシーですよ。

コストコの塩サバフィレ(調理後)

これがあるだけで、ご飯がモリモリいけちゃいます。

▼次のおすすめは、「USAビーフ タン厚切り焼肉用」。
世間的には値上がりしている牛タンが、格安で買えてしまいます。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(パッケージ)

▼厚めにカットされているので、贅沢ですよ。
まるでステーキのよう。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(焼き上がり)

バーベキューに欠かせない商品です。

さいごに

コストコの三元豚肩ロースは、肩ロースの概念を変えてくれました。

ヘルシーさを求めると味気ないお肉に行き着くものですが、これは食べごたえもちゃんとあります。

お肉大好きなわが家の食卓に、欠かせない存在になりそうです。