コストコの「国産さくらどりもも肉」の特徴と食べた感想。唐揚げ・鍋・ステーキなどに使える便利な鶏肉

小林 敏徳の画像

こんにちは!

トレーニング後のたんぱく質補給に鶏肉が欠かせない小林敏徳です。

コストコに「国産さくらどり」という定番商品があります。

これは国内産の美味しい鶏肉のこと。
「むね肉」と「もも肉」に分かれ、どちらも美味しいと評判です。

以前にむね肉を紹介しましたので、今回はもも肉を購入してみました。
鮮やかなピンク色のもも肉は、とてもジューシー。

歯ごたえもしっかりしているので、満足感がありますよ。
もちろんコスパも抜群です!

今回は、「国産さくらどりもも肉」の特徴と食べた感想を紹介しますね。

「国産さくらどりむね肉」に続き、もも肉も買ってみた

コストコの国産さくらどりもも肉(パッケージ)

国産さくらどりむね肉」に続き、もも肉を購入してみました。

むね肉のほうも美味しくて、コスト的にもお得だったので、もも肉がどんな感じなのか楽しみです。

脂の少ない「むね肉」も良いのですが、唐揚げはやっぱり「もも肉」のほうがジューシーに仕上がりますよね。

さて、今回はどうやって食べようかな?
その前に、まずは商品の特徴から見ていきましょう。

国産さくらどりもも肉の特徴

国産さくらどりもも肉は、個人的にかなりコスパが良いと思っています。

まず安いですし、品質も良い。
外国産の鶏肉の「安売り価格」くらいで買えてしまいます。

ジューシーで歯ごたえがある国産の鶏もも肉

コストコの国産さくらどりもも肉(パッケージのアップ)

国産さくらどりもも肉は、日本国内で生産されている鶏もも肉です。

発売元の日本ホワイトファームは、日本各地に拠点を持っており、コストコの店舗から最も近い工場でこの商品を生産しているとのこと。

ちなみにぼくが購入したものは、宮崎県産でした。
外国産の品質もどんどん向上してはいますが、やはり国産が安心ですよね。

唐揚げ・鍋・ステーキなど、いろんな料理に使えて便利

国産さくらどりもも肉は、いろんな料理に使えます。

唐揚げ、鍋、ステーキなど、その用途は多種多様。

▼1枚あたりのボリュームが300g〜350gくらいなので、非常に使いやすいです。

コストコの国産さくらどりもも肉(1枚あたりの大きさ)

▼鶏肉は、新鮮なピンク色。

コストコの国産さくらどりもも肉(お肉のアップ)

▼見た目からも品質の良さが伺えますね。

コストコの国産さくらどりもも肉(細かく切った状態)

食べた感想については、後ほど紹介します。

100gあたり参考価格93円

コストコの国産さくらどりもも肉(袋を切る)

国産さくらどりもも肉は、100gあたり参考価格93円です。

ちなみに今回購入したものは、正味量2.4kgで2,238円でした。

これはお得ですね。
一般のスーパーの「安売り価格」くらいでしょうか。(しかも海外産の。)

めちゃくちゃ美味しいので、お値段以上だと思います。

賞味期限は6日・袋のまま冷凍保存してもOK

コストコの国産さくらどりもも肉(冷凍保存)

国産さくらどりもも肉の賞味期限は、6日です。

賞味期限内は冷蔵保存で問題ありませんが、冷凍保存も可能ですよ。

袋のまま冷凍庫に入れてもOKですし、下処理してからラップで冷凍してもOK。

冷凍保存の際には、コストコのフードラップがあると便利ですよ。

3つの調理方法で食べてみた

国産さくらどりもも肉を、3つの調理方法で食べてみました。

何と言っても正味量が2.4kgもあるので、どんどん使わなきゃもったいないですからね。

どれも美味しかったです!

ちゃんこ鍋に入れたら超プリプリ

コストコの国産さくらどりもも肉(ちゃんこ鍋に使用)

国産さくらどりもも肉をちゃんこ鍋に入れたら、超プリプリでした。

旨みや脂もしっかり出るので、お鍋がより美味しくなりましたよ。

▼今回は皮付きで、そのままお鍋にイン。

コストコの国産さくらどりもも肉(ちゃんこ鍋にしたときの仕上がり)

しばらく煮込んだのに、柔らかいままでした。

塩コショウで炒めたら歯ごたえが際立つ

コストコの国産さくらどりもも肉(塩コショウで炒める)

国産さくらどりもも肉を塩コショウで炒めたら、歯ごたえが際立ちました。

お鍋のときよりも身が引き締まり、絶妙な食感が生まれます。

▼そこにコストコのヨシダソースをかけたら、さらに美味しくなりました。

コストコの国産さくらどりもも肉(ヨシダソースをかける)

調理方法がシンプルだと、お肉の良し悪しがよくわかりますね。

焼き鳥にしたらジューシー

コストコの国産さくらどりもも肉(焼き鳥にしたときの様子)

焼き鳥にしても美味しかったです。

国産さくらどりもも肉を適度な大きさに切り分け、味付けをしてから串に刺していく。

その作業をしていると、空腹がマックスになりました。
じっくり焼き上げた焼鳥は、脂がちゃんと残っていてジューシー。

調理方法によって味わいが異なるのは発見でした!

ご注意を!もしかすると少しだけ小骨があるかも?

国産さくらどりもも肉は、少しだけ小骨があると言われています。

今回は見つけられなかったのですが、中には口の中で「バリッ」というものもあるかもしれません。

お子さんに食べさせる場合は、くれぐれも注意してくださいね。

おまけ:おすすめの肉類を紹介

最後に、おすすめの肉類を紹介します。

コストコには、お得で美味しいお肉がまだまだありますよ。

▼国産さくらどりのシリーズでいうと、「むね肉」もおすすめ。

もも肉よりもあっさりしているので、蒸鶏にすると美味しですよ。

ヘルシーなので、カロリーや脂質を気にされる方にぴったりです。

▼もう1つ、バーベキューのときに欠かせない「USAビーフ タン厚切り焼肉用」もおすすめ。

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(焼き上がり)

焼肉屋さんでもなかなか見られないくらいぶ厚いのが特徴です。

食べやすい大きさにカットされているので、下処理をする必要もありません。
コスト的にもめちゃくちゃお得です。

さいごに

国産さくらどりもも肉は、いろいろと使い道がありそうですね。

むね肉とはまた違った味わいがありました。

コスパ的にも申し分ないので、またリピートするつもりです。

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール