家にある大量の小銭を銀行で両替する方法とお札から小銭への両替方法を徹底解説

スポンサーリンク

いつの間にか、お家に大量の小銭が貯まっていることはないでしょうか。

日々のちょっとした買い物を1,000円札で支払い、おつりをもらった。
よし、小銭貯金をしよう!
100円玉と500円玉だけ貯金してみよう!!

いろいろな理由があり、いつの間にか貯まっているかもしれないですね。

そんな大量の小銭は使うときにかさばってしまうので、再びお札に両替したいと思いませんか。
銀行で大量の小銭を両替する機会があり、どうやってやるんだろうと思って方法を調べましたので紹介しますね。

その反対で、お札から小銭に両替する方法も一緒に調べましたよ。
こちらも合わせて紹介します。

大量の小銭を銀行で両替する方法とお札から小銭への両替方法

このページの目次

銀行で大量の小銭をお札に両替する方法

小銭をお札に両替するには、窓口で手続きを行います。

両替をするには専用の用紙に記入する必要がありますよ。
ただし小銭が大量の場合は何円硬貨が何枚あるかわかりません…。いちいち数えていかないですよね。

そのため、窓口で行員さんに大量の小銭を渡し、機械で数えてもらいますよ。

簡単に手順を説明すると以下のとおりです。

  1. 整理番号の自動発券機で受付番号カードを発行する
  2. 受付番号を呼ばれたら窓口へ行き、小銭をお札に両替したいことを伝える
  3. お金を専用の箱に移し替える
  4. 両替専用用紙に名前など必要事項を記入する
  5. 窓口奥にある機械で数えてもらう間、待つ
  6. 再度呼ばれ、両替されたお札を受け取る

手順自体はとても単純。

両替手数料が必要

手数料がかかるとすると気になりますよね。

▼僕は2つの銀行を利用してみました。

  • 三菱UFJ銀行(都市銀行)
  • 中国銀行(地方銀行)

都市銀行と地方銀行で手数料は違うものなのでしょうか。
実際にみてみましょう。

三菱UFJ銀行の場合

▼三菱UFJ銀行で小銭を両替する場合の手数料は以下の通りです。

枚数手数料
1~10枚口座を持っている場合:無料
口座をもっていない場合:540円
11~500枚540円
501枚以上500枚ごとに
540円を加算

引用元:三菱UFJ銀行:円貨両替手数料(窓口)

中国銀行の場合

▼中国銀行で小銭を両替する場合の手数料は以下の通りです。

枚数手数料
50枚以下無料
51枚~200枚108円
201~1,000枚100枚ごとに
108円加算
1,001枚~2,000枚1,080円
2,001枚以上1,000枚ごとに
216円加算

引用元:中国銀行:両替手数料

銀行により、さまざまな手数料の設定がされていることがわかりますね。
50枚の両替をする場合、中国銀行のほうが無料です。

小銭からお札へ両替の専用用紙(在高両替申込書)

大量の小銭からお札へ両替には、中国銀行を利用しました。
窓口の行員さんから『記入してください』と見せてもらったのは、在高両替申込書という用紙です。

▼どんな用紙だったかお見せしますね。

【両替】中国銀行 在高両替申込書

▼そして、実際に集計が終わったあと見せてもらった在高両替申込書はこちらです。

【両替】中国銀行 在高両替申込書 結果

枚数計算は機械で行いますが、結果は手書きというなんとも銀行らしい書類ですね。

持って行った小銭はいくらになった?

100枚程度では、まだまだ大量とはいえないかもしれないので、それよりは多いだろう!という量を銀行へ持っていきましたよ。

▼こちらが持って行った小銭です。

【両替】持って行った小銭

窓口で集計し両替してもらったところ、55,267円ありました
硬貨の枚数は933枚だったため、手数料として972円もかかってしまう結果に…。

▼差引54,295円の両替結果となりましたよ。

【両替】持って行った小銭を両替した結果

▼詳しい両替結果は、在高両替申込書を見るとわかります。

【両替】小銭を両替した結果

なお、この在高両替申込書は銀行用の記録なのでもらうことはできません
今回は「結果を知りたいので」と伝え、写真を撮らせてもらいましたよ。

口座入金を薦められる

小銭をお札に両替しようとすると、行員さんから以下のように言われました。

枚数によって手数料がかかってしまうので、口座をお持ちでしたらそちらに入金したほうがいいですよ。

確かにそうですね。
余分な手数料を支払うより、口座へ入金したほうがよいです
行員さんにとっても、この方法が楽チンなのでしょう。

『いいえ、お札でください!』と僕が伝えたところ、少し嫌な顔をされました…。

口座入金も手数料がかかることがある

大量の小銭は両替をするよりは、口座に入金したほうがいい!と紹介したばかりですが、銀行(金融機関)によっては、手数料がかかることがありますよ。

▼例えば、京都中央信用金庫では以下のような硬貨入金手数料となっています。

合計枚数手数料
1~500枚無料
501~1,000枚648円
1,001枚以上
(以降1,000枚ごと)
1,080円
(432円を加算)

引用元:京都中央信用金庫:硬貨入金手数料

何事にも手数料がかかってしまうのですね…。
大量の小銭を口座へ入金するときは、事前に手数料がかからないかどうかのチェックが必要です。
そして、できれば手数料のかからない口座を持っているほうがいいですね。

手数料の領収書がもらえる

意識をしていなかったのですが、行員さんのほうから「発行しましょうか」と案内されたので、作ってもらいました。

▼こちらが領収書です。

【両替】中国銀行 両替手数料の領収書

両替の所要時間

所要時間は15分ほどでした。
具体的には以下のような流れです。

  • 11:18 予約番号を発券
  • 11:20 呼ばれる
  • 11:33 両替完了

両替機で大量の小銭をお札にできないのか

両替は窓口だけではなく、両替機という機械でもできます。
ただ、小銭からお札に両替するときは窓口が便利です。

でもなんとか、両替機でもやってみたい。
そう思い今度は、三菱UFJ銀行の両替機で両替をチャレンジしてみることにしました。

しかし、いざ作業をし始めると硬貨を入れる部分が開きません…。
店員さんに問い合わせたところ、次のようなことを言われました。

当行の両替機は硬貨から紙幣への両替はできないんです。
50枚まででしたら窓口手続きが無料ですが、それ以上~100枚以下になるのであれば口座へ入金し、紙幣として引出をするほうが手数料もかからなくて速いですよ。

やはり大量の小銭がある場合は、窓口の手続きがいいですね。
両替機は小銭からお札に両替するには向いていません。

スポンサーリンク

ちまちまと小銭をATMに預ける方法もあります

今回は、一気に小銭をお札に両替する方法を紹介しましたが、別の方法でも同じようなことができますよ。

ゆうちょ銀行三菱UFJ銀行みずほ銀行の口座を持っていれば、ATMで小銭入金ができます。

それを繰り返していけば、1,000円以上になると思いますので、そうなればあとは普通にATM出金すればお札が出てきますよね。

ちょっと面倒な方法ではありますが、確実に手数料無料にできますし、細かいことが好きならおすすめです。

銀行でお札を小銭に両替する方法

今度は、お札を小銭に両替する方法です。

もしかすると日常生活では、どちらかといえば小銭からお札への両替する機会が多いかもしれないですね。
でも例えば、以下のようなことがあった場合小銭が大量に必要ではないでしょうか。

  • バザーに参加するので釣銭を用意しなくてはいけない
  • 小さな子へ大量の100円玉でお年玉をあげたい
  • お店でのバイト始めたらお札の両替を頼まれた

▼両替する方法としては、以下の2つがあります。

  • 両替機(見た目はATM)
  • 窓口

まずは、両替機からの方法を紹介しますね。

両替機はどこに設置されている?

【両替】ATMの並びにある両替機
ATMの並びにある両替機

両替機は、銀行によって設置されている場所が違います。
僕が手続きをしてきたなかでは、以下の2通りでしたよ。

  • ATMと同じ並びに設置されている
  • 窓口があるフロアに設置されている

どちらにあっても、基本的に使い方は同じです。
もし画面操作がわからない場合は、行員のひとが近くにいれば丁寧に教えてくれますよ。

両替機を利用するために必要な条件

両替機の場所はわかったとしても、両替する場合にどうしても必要な条件があります。
それは以下の2つ。

  • 両替機が設置されている銀行の口座を持っていること
  • もしくは両替機専用カードを持っていること

なぜ口座を持っているかが条件かというと、そのキャッシュカードを使って両替を行うからです。
キャッシュカードを使うからといって、自分の口座のお金から直接両替するわけではないので、安心してくださいね。

細かい条件は銀行により違うかもしれないのですが、例えば中国銀行(地方銀行)の場合、以下のような条件もあります。

  • キャッシュカードは全ての両替機が利用できる
  • 両替機専用カードは申込み店の両替機のみで利用できる

とても複雑ですね。

お札から小銭への両替手数料

手数料がかかるとすると気になりますよね。

▼僕は2つの銀行を利用してみました。

  • 三菱UFJ銀行(都市銀行)
  • 中国銀行(地方銀行)

都市銀行と地方銀行で手数料は違うものなのでしょうか。
実際にみてみましょう。

三菱UFJ銀行の場合

▼手数料は以下のとおりで、10枚以下は1日1回の料金です。

両替専用カードの場合
枚数手数料
1~10枚1回目無料、2回目以降200円
11~500枚300円
501~1,000枚600円

引用元:三菱UFJ銀行:円貨両替手数料(両替機)

キャッシュカードの場合
枚数手数料
1~10枚無料
11~500枚取扱いなし
501~1,000枚取扱いなし

引用元:三菱UFJ銀行:円貨両替手数料(両替機)

両替専用カードを個人で持つことは、あまりありませんよね。11枚以上両替する場合は、窓口へ行かなくてはいけません。

中国銀行の場合

▼手数料は以下のとおりです。

両替機専用カードの場合
枚数手数料
50枚以下1回目無料
同日2回目以降100円
51枚~500枚100円
501~1,000枚200円
1,001枚~1,500枚300円

引用元:中国銀行:両替手数料

キャッシュカードの場合
枚数手数料
50枚以下無料
※1日1回のみ使用可能
51枚以上利用できない

引用元:中国銀行:両替手数料

キャッシュカードでの両替を比べると、中国銀行では50枚まで両替可能ですが、三菱UFJ銀行の場合では10枚までと少なくなっていますね。

お札から小銭に両替する場合の両替機操作手順

簡単に手順を説明すると以下のとおりです。

  1. 両替機にキャッシュカードをさしこむ
  2. 両替したいお札を入れる
  3. 両替する小銭をタッチパネルの画面で選択する
  4. 小銭・キャッシュカード・明細(レシート)を受け取る

たったこれだけで完了なんですよ。
まるでATMで自分の口座に貯金(預入)をするような感覚でした。

両替機の機種により操作画面が違ったりしますが、だいだいの流れは同じなので写真付きで紹介しますね。

▼キャッシュカードを入れるところが光っているので、ここに入れますよ。

【両替】両替機にキャッシュカードを入れる

▼両替したいお札を入れると、何円硬貨に両替するかの画面が出てきます。
今回は25,000円を入れ、500円硬貨50枚に両替しますよ。

【両替】25,000円を500円玉50枚に両替

▼確認の画面です。

【両替】25,000円を500円玉50枚に両替 確認

▼レシートの発行をするか、しないかを聞かれますよ。

【両替】25,000円を500円玉50枚に両替 レシート

▼両替したお金が出てくるまえに、レシートとキャッシュカードが出てくるので受け取ります。

【両替】25,000円を500円玉50枚に両替 レシートとキャッシュカード

▼500円玉が50枚がセロファンでまとめられたものが出てきました!両替完了ですね。

【両替】25,000円を500円玉50枚に両替完了

最初は画面操作が難しい

少し悩んでしまうのは先ほどの3番目の手順、両替する小銭をタッチパネルで選択するときです。

例えば、10,000円を小銭に両替したいと思います。
▼その場合、単純な枚数として以下のようなパターンが考えられますよね。

両替する小銭の種類枚数
500円玉20枚
100円玉100枚
50円玉200枚
10円玉1,000枚

▼実際、両替機に1万円札を入れるとこんな画面表示になりますよ。

【両替】両替機の画面

500円玉が20枚欲しい場合は、『500円玉列の10枚』のボタンを2回押すことになります。
▼まずは1回押してみましょう。

【両替】500円玉列10枚ボタンを1回

画像左上の残り金額が5,000円に変化し、500円玉列の一番左側にも5,000円の表示が出たところにも注目です。

▼そして2回目。

【両替】500円玉列10枚ボタンを2回

画像左上の残り金額が0円に変化し、500円玉列の一番左側が10,000円の表示に変化しました。

▼これであとは両替の手続きを進めていけば、手元に500円玉が20枚手に入り両替が完了ですよ。

【両替】1万円札から500円玉20枚

1万円札から100玉100枚に両替する場合

1万円分を全部100円玉に両替する場合、その枚数は全部で100枚です。
先ほどの500円玉のように、バラバラで出てくるわけではありませんよ。

50枚がセロファンで一束になった、棒状の100円玉が出てきます。
では実際の操作を見てみましょう。

▼『100円玉列の1本』のボタンを2回押すことになりますよ。

【両替】100円玉列1本ボタンを2回

画像左上の残り金額が0円に変化し、100円玉列の一番左側が10,000円の表示に変化しました。

▼これであとは両替の手続きを進めていけば、手元に100円玉が棒状になったものが2本(100枚)手に入り両替が完了です。

【両替】1万円札から100円玉100枚

1万円札から何円硬貨が何枚必要なのか考えてから両替に行く

ただやみくもに両替のことを考え両替機の前に行ってしまうと、何をどうしていいのかわからなくなってしまいます。
事前に、何円硬貨が何枚必要なのか考えてから行くようにしましょう。

▼例えば1万円札から、以下の硬貨がほしいとします。

  • 500円玉:5枚
  • 100円玉:50枚
  • 50円玉:50枚

▼両替機の操作は以下の通りです。

【両替】500円5枚 100円50枚 50円50枚

▼無事に両替完了ですよ。

【両替】500円5枚 100円50枚 50円50枚 官僚

操作は両替したい組み合わせ次第になるので、事前準備がいかに大切であるかがわかります。

またお札を小銭に両替するとき、なにも大量の枚数にすることはありません。
例えば、1,000円札を500円玉2枚に両替しても大丈夫ですよ。

利用明細が出てくる

両替機の処理に間違いはないかと思いますが、利用明細が出てくるので問題がないかどうか、念のためチェックしましょう。

▼25,000円分を500円玉50枚に両替した、中国銀行の明細です。

【両替】25,000円を500円玉50枚に両替 明細

  • 投入金額
  • 両替
  • おつり
  • 合計

わかりやすい表記になっていますね。

▼同じ銀行でも、両替機の機種が違うと明細にも違いがありますよ。

【両替】30,000円を500円玉50枚に両替 おつり5,00円 明細

こちらはすごく見づらいですね…。
ちなみにこの明細の場合は、30,000円を両替機に入れて500円玉50枚に両替、そしておつりを5,000円受け取っていますよ。

▼三菱東京UFJ銀行の場合だと、大量に両替したからなのか枚数しか出てきませんでした。

【両替】三菱東京UFJ銀行 両替明細

▼お札から大量の小銭へ両替することもできます。

【両替】大量の小銭

窓口でお札から小銭に両替する

窓口でお札から小銭に両替をする場合は、専用の用紙に記入する必要がありますよ。
簡単に手順を説明すると以下のとおり。

  1. 整理番号の自動発券機で受付番号カードを発行する
  2. 待つ間に両替申込書(両替依頼書)を記入する
  3. 受付番号を呼ばれたら窓口に両替申込書とお金を出す
  4. 再び呼ばれるまで待つ
  5. 再度呼ばれ、両替された小銭を受け取る

手順の2番で『両替申込書を記入する』とありましたが、事前に銀行から両替申込書を何枚かもらい、銀行へ行く前に記入していると楽です。
また、よくわからない場合は窓口で問い合わせをしながら記入することもできますよ。

窓口でお札から小銭に両替する場合の両替手数料

手数料がかかるとすると気になりますよね。

▼僕は2つの銀行を利用してみました。

  • 三菱UFJ銀行(都市銀行)
  • 中国銀行(地方銀行)

都市銀行と地方銀行で手数料は違うものなのでしょうか。
実際にみてみましょう。

三菱UFJ銀行の場合

▼手数料は以下のとおりです。

枚数手数料
1~10枚口座を持っている場合:無料
口座をもっていない場合:540円
11~500枚540円
501枚以上500枚ごとに
540円を加算

引用元:三菱UFJ銀行:円貨両替手数料(窓口)

両替機と違い、手数料が高めの設定になっていますね。

中国銀行の場合

▼手数料は以下のとおりです。

枚数手数料
50枚以下無料
51枚~200枚108円
201~1,000枚100枚ごとに
108円追加
1,001枚~2,000枚1,080円
2,001枚以上1,000枚ごとに
216円加算

引用元:中国銀行:両替手数料

銀行により、さまざまな手数料の設定がされていることがわかりますね。

両替申込書(両替依頼書)の記入方法

銀行により両替をするために記入する用紙の名前が違います。
例えば、以下のような名前です。

  • 三菱UFJ銀行:両替依頼書
  • 中国銀行:両替申込書

では、この2銀行の用紙を見ていきましょう。
1万円札を500円玉20枚に両替してみますよ。

三菱UFJ銀行:両替依頼書の書き方

▼特別難しいものでもないので、指定されたところに記入すればOKです。

【両替】三菱東京UFJ銀行 両替依頼書

中国銀行:両替申込書の書き方

▼三菱東京UFJ銀行と比べると、少しわかりづらいですね。

【両替】中国銀行 両替申込書

専用用紙を見ていると、両替機で両替するほうが楽だと感じました。
窓口では大量の枚数が必要なときが向いていますね。

窓口でお札から小銭への両替にかかった所要時間

実際の所要時間は10分ほどでした。
具体的には以下のような流れです。

  • 13:10 予約番号を発券
  • 13:15 呼ばれる
  • 13:20 両替完了

さいごに

こんにちは😊まどかです❗️ いつもいいね👍ありがとうございます😊 . 家の貯金箱に小銭を貯める「小銭貯金」って楽しいですよね😊✌️✨ . 少しずつ貯めて、「さあ中身を確認するぞ!」というときはとってもワクワクします✨o(^-^)o . でも思ったよりも大量になってしまい、数えるのも、細かいお金を使うのも大変💦ということも。 . そんな大量の小銭貯金をしていた、ライターのパパンダさんが銀行に両替に行ってきましたよ❗️💴 . これから小銭を両替しようかな、と考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね😉✨ . 詳しくはプロフィール( @nomadsaving_manga )から「ノマド的節約術」の記事に行けます😉 ——————— . フォローとか、いいね!してもらえるとうれしいです! . 応援が次の漫画描くエネルギーになります😊✨🙌 . #ノマド的節約術 #漫画#お金の話#お金#節約#やりくり#やりくり上手になりたい#お得#お得活動#お得生活#ちりつも#小銭#小銭貯金#小銭貯金はじめました#ミニマリスト#手数料#両替#銀行#現金#atm#大量#ちりつも貯金#500円貯金#貯金箱#ミニマリストに憧れて#ミニマムな暮らし#断捨離#持たない暮らし#小銭両替

まどかマンガ@ノマド的節約術さん(@nomadsaving_manga)がシェアした投稿 –

大量の小銭を両替する、その反対でお札から大量の小銭に両替する機会はそんなにないかもしれません。

ただ、方法を知っていればいざというときに役立ちます。
小銭貯金でコツコツ貯めるのも大切ですが、ふと時間があったときに口座へ入金(預入)をすると貯金も増えますし、両替をする手間も省けますよ。

また、ノマド的節約術では小銭の両替だけでなく、新札への両替方法も紹介しています。

おまけ:貯金する方法や考え方

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。 自己紹介記事はこちら

執筆メンバの一覧を見る