WebMoney Card(ウェブマネーカード)のメリット・デメリット・還元率について

スポンサーリンク

電子マネーサービスのau WALLET(エーユーウォレット)が話題を集めていますが、auウォレットと同時期に同様の別の電子マネーサービスが登場しています。

auウォレットと同様にMasterCardとして利用できるプリペイドカードの「WebMoney Card(ウェブマネーカード)」です。

ウェブマネーカードは、auウォレットほどインパクトのあるカードではないですが、使い方次第ではお得にできるプリペイドカードとなります。

WebMoney Card

2種類のカードがある

ウェブマネーカードには、2種類のカードがあります。「WebMoney Card(ウェブマネーカード)」と「WebMoney Card Lite(ウェブマネーカードライト)」です。

WebMoneyCardの比較

ここからは、それぞれのカードの特徴について見ていきましょう。

WebMoney Card

ウェブマネーカードは見た感じゴールドカードと思ってしまうような金色のカードです。

このカードは、誰でも申込できて、年会費も一切かかりません。発送する時に手数料が650円かかるだけです。これも期間限定で無料になります。唯一かかる費用が無料のうちに申し込んでおくのがいいですね。

カードの有効期限は5年間で、5年経てば自動で更新されます。カードの残高上限は100,000POINT(100,000円)までです。

また、カードが家に届く時は「本人受取限定郵便」で届きます。本人確認書類の提示が必要です。免許証・パスポート・健康保険証などを用意しておきましょう。

WebMoney Card Lite

ウェブマネーカードライトは、ほとんどがウェブマネーカードと同じ機能ですが、少し違うところがいくつかあります。

発送手数料はわずか100円です。こちらは本人受取限定郵便という縛りがないので、郵送コストを安くできているからこのようになっているのだと思います。

ウェブマネーカードライトは有効期限5年ですが、カードの更新はありません。有効期限が切れても残高が残っていた場合、それが無駄になってしまいます。

1日3万円、月に5万円が利用の上限になります。あまりお金を使うことに慣れていない学生向けに良いカードだと思います。

ちなみに、カードの色は銀色です。

クレジットカードでのチャージができる

ウェブマネーカードを使えるようにするためには、あらゆる方法でチャージする必要があります。

チャージ方法は以下の4種類があります。

  • WebMoneyプリペイド番号
  • auショップ
  • クレジットカード
  • ネットバンク

ウェブマネーカードのチャージ比較

WebMoneyプリペイド番号、auショップは、2種類ともチャージ可能です。クレジットカードとネットバンクはウェブマネーカードしかチャージできません。

MasterCardブランドのクレジットカードからチャージすると、クレジットカードのポイントも付きます。ウェブマネーカードを使うことによるポイントと二重で獲得できるのがいい感じです。

このサイトで紹介しているカードだと、ドコモのdカード楽天カードがMasterCardに対応しています。

ウェブマネーカードが使えるところ

ウェブマネーカードが使えるお店は、現在WebMoneyが使えるお店と、ウェブマネーカードのブランドであるMasterCard加盟店です。

auウォレットはMasterCard加盟店だけですが、ウェブマネーカードはそれに加えてWebMoneyに対応しているお店でも使える特徴があります。

ポイントの仕組み

ウェブマネーカードを使うことによるメリットの1つに、ポイントを貯めることがあります。貯めたポイントは買い物の時に使えます。

ウェブマネーカードのポイントの仕組みは、普通のポイントカードやクレジットカードとは少し異なります。

ウェブマネーカードのポイント

(2016年1月追記)
以下、横線をひいているところは、現在は行われていないサービスとなります。

累計の支払額が11万円(11万POINT)を超えると、121ポイント還元されます。33万、55万、77万、99万と使えば使うほど、還元されるポイントが増えます。

一番お得になるのは、ちょうど99万POINT使った時ですね。この時は還元率が2.01%になります。2%を超えるカードはクレジットカードでも余程のことがない限りないので、使えば使うほどお得なカードといえます。

大きなお金を使うことが前提というのは、デメリットにもなり得るので、使うなら、徹底的に使い倒すぐらいの気持ちの方がいいと思います。

クレジットカードでチャージすることによるポイント還元を合わせると、もう少しお得にすることもできます。

ウェブマネーカードの申込はアプリから

ウェブマネーカード、ウェブマネーカードライトを申し込む場合はアプリからになります。iOS、Androidどちらの端末でも申込できます。

auウォレットとは違って、申し込みできる人に制限はありません。誰でも申込できます。

→ WebMoney Card(ウェブマネーカード)の詳細ページ

申し込み手順を以下のページにまとめています。

* * *

もう1つ同時期に出た、auウォレットについて詳しく知りたい方は、以下のページからauウォレットについての書かれた記事の一覧を探せます。

参考:auWALLET(エーユーウォレット)についての詳細記事まとめ

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る