Suicaの利用履歴をiPhoneやパソコンで確認する方法・印字のやり方を徹底解説

松本 博樹の画像

こんにちは!
普段の生活からSuicaが欠かせない、ノマド的節約術の松本です。

ずっとSuicaを使っていると、過去にどんな支払いでSuicaを使ったのか確認したくなるときはないでしょうか。

そんなときは、履歴を確認するようにしましょう。

Suicaの利用履歴は、いろいろな方法で確認できますよ。
そこでこのページでは、Suicaの履歴を確認する方法を手順付きで詳しく紹介していきますね。

Suicaの利用履歴をiPhoneやパソコンで確認する方法

Suica利用履歴を確認する方法まとめ

まずは、どんな方法を使ってSuicaの利用履歴を確認できるのかを紹介します。
利用履歴を見ると、利用明細やチャージ残額の確認ができますよ。

Suicaの利用履歴を確認する方法は、以下の通り。

  • 自動券売機や多機能券売機で確認する
  • モバイルSuica・Suicaアプリで確認する
  • Suicaインターネットサービスで確認する

このあとで、それぞれの方法について詳しく見ていきますね。

駅の券売機でSuica利用履歴を確認する方法

JR東日本のSuicaに対応しているエリアでは、Suica利用履歴を駅の券売機で確認できますよ。

実際にやってみましたので、手順を紹介しますね。
今回はチャージ専用の端末を使いましたが、それでもできました。

▼まずは端末の前に立ちましょう。
ICカードを置いてくださいとあるので、Suicaカードを読み取り部に置きましょう。

Suicaの履歴を駅の券売機で確認する方法

▼券売機の下のほうに読み取り部がありますよ。
ここにSuicaを置きます。モバイルSuicaでも大丈夫でした!

Suicaの履歴を駅の券売機で確認する方法

▼チャージ金額のボタンが目立っていますが、下のほうに履歴表示や履歴印字のボタンがあります。

今回は履歴表示を押しました。

Suicaの履歴を駅の券売機で確認する方法

▼すると、過去にSuicaを使った履歴が券売機の画面で表示されましたね。

ここで終了してもいいですが、印字する場合は20件か100件かどちらかを選びましょう。

Suicaの履歴を駅の券売機で確認する方法

▼履歴印字ボタンを押すと、券売機から印字された紙が出てきます。
画面は「ありがとうございました」という終了画面に切り替わりますよ。

Suicaの履歴を駅の券売機で確認する方法

▼Suicaの履歴が印字された紙がこちらですね。

Suicaで履歴を印字した

ちなみに履歴表示は、直近の利用分最大20件までとなっています。

また、履歴印字は直近の利用分最大100件まで可能です。
1日の利用が21回以上の場合や、改札機にしっかりタッチできなかった場合などは、印字できないこともあります。

利用から26週間を超えた履歴は印字できないので、注意してくださいね。
履歴印字を使うと、駅名なども確認できるので便利ですよ。

モバイルSuicaのアプリで利用履歴を確認する方法

モバイルSuicaだと、アプリを使えば気軽に利用履歴を確認できますよ。

私はiPhoneでモバイルSuicaを使っていますが、iPhoneでも問題なく履歴を見れました。

手順はアプリを立ち上げて、メニューから「SF(電子マネー)利用履歴」を選ぶだけ。

▼すると以下のような感じで、一番上にもっとも新しい利用履歴が表示されます。

iPhoneのSuicaアプリで利用履歴を確認

ただし、前日分までしか表示されないため、当日分を見たい場合は券売機を使うのがいいですよ。

Suicaインターネットサービスで利用履歴を確認する方法

もう1つの履歴確認方法は、パソコンでSuicaインターネットサービスを使う方法です。

ですが、この方法はおすすめしません。

というのも、「Felicaポート/パソリ」の端末が別途必要になるからです。
この端末を用意するのにお金がかかるので不便ですよね。

もしSuicaインターネットサービスを使う場合は、以下の手順で履歴を確認できます。

  • ログインする
  • 「SF(電子マネー)の利用履歴」を選ぶ
  • Suicaを「Felicaポート/パソリ」に乗せる
  • 表示する利用履歴の期間を設定する
  • 履歴が表示される

また、パソコンのSuicaインターネットサービスを使うと、領収書の印刷もできます。

Suicaの履歴は削除できません

Suicaの利用履歴を確認する方法を最初に紹介しましたが、この履歴を削除したいと思うこともあるかもしれません。

でも残念ながらSuicaの履歴は削除できないです。

どうしてもSuicaの履歴を知られたくないという事情がある場合は、複数枚Suicaを作るといった対策をするのがいいと思いますよ。

券売機で気軽にSuicaは作れますし、クレジットカードと一体型のSuicaもありますからね。

さいごに

Suicaの履歴はいろいろな方法で確認できますが、手っ取り早いのはモバイルSuicaのアプリや駅の券売機を使うことです。

また、駅の券売機だと印字もできますので、紙に残しておきたいときにもおすすめですよ。

確定申告などで過去の履歴が欲しい場合は、先に印字しておいて、帳簿をつけるときに役立てましょう。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール