松井証券は株主優待目当てなら必須の証券口座!1日10万円までの取引は手数料無料、一般信用ありがメリット

スポンサーリンク

証券会社に口座を開く目的はいろいろあると思います。純粋に株取引がしたい場合、株主優待を取得したい、NISAで取引したい・・・。

いろいろある中で、株主優待を目当てにしたいと思っているのであれば、このページで紹介する松井証券のことは知っておいた方がいいです。

松井証券は株主優待を取得するのに使いやすい証券口座で、必須といってもいいぐらい重要ですよ!

松井証券について

松井証券とは

松井証券は大正時代に創業され、90年以上続いてるという老舗の証券会社です。

長く続いているということはそれだけ信頼があるということなのでしょう。

扱っている金融商品は株、FX、上場投資信託、先物取引などがあります。
私は株の取引にしか使ったことがありません。

株の売買手数料について

松井証券の大きなメリットの1つが株式手数料です。

なんと1日の株式約定代金合計10万円以内であれば、無料になります。しかもこれ、現物取引・信用取引の両方の合算です。

これから株の取引を始めようと思っている方であれば、最初から思い切った金額を投資するのは怖いと思います。高額の取引になると、手数料もそれに比例して高くなるので、まずは10万円以内の少額取引から始めるのがいいと思います。

株式約定代金の合計が1日10万円以内なら、松井証券を使うと手数料が一切掛からないです。純粋に相場の上げ下げによって損益が決まります。

1日10万円以上の取引をする場合の手数料は、最安ではありません。このあと説明する株主優待取得のテクニックと比較しながら使うかどうかを決めていただければと思います。

NISAの手数料が恒久無料

2014年から始まったNISAで、まだ口座開設していないのであれば、松井証券は有力な候補になります。

NISAで取引した場合、現行制度が続く限りは買う時、売る時の両方の手数料が無料になります。金額に関わらずです。手数料でマイナスになることがないので、安心して取引できるのが大きなメリットです。

正直、これからNISA口座を作るなら松井証券一択でいいのでは?と思うほどです。

松井証券のNISA口座

一般信用取引ができるので、株主優待をローリスクで取れる

松井証券では一般信用での信用取引ができる銘柄が多く、株主優待を取るためには欠かせない証券会社です。

一般信用は逆日歩(ぎゃくひぶ)という、思わぬ高額になってしまう利息のようなものがありません。株式手数料と僅かな利息だけでカラ売りができます。

これを利用して株主優待を額面よりローコスト・ローリスクで取得できます。これのために口座開設するだけでも価値があります。

もう一つ一般信用での取引ができる、カブドットコム証券と合わせて口座開設しておくといいですよ。

私も松井証券の一般信用取引を使って、何度も株主優待を取得しました。これからも松井証券を使って株主優待を取得し続けるでしょう。お得すぎるので、やらない手がないんですよね。

ちなみに、一般信用取引や逆日歩が何かよく分からない方は、以下のページを合わせて読んでおきましょう。

貸株料などの利息分が高くなってしまうのが残念ですが、計算してやれば、株主優待の金額より手数料が高くなってしまうことはまずありません。

株主優待を取得するための手順を、株の買い方から順番に説明していますので、合わせて参考にしてください。

さいごに:口座開設のネットから

口座開設・維持にかかる手数料はゼロです。一切費用はかかりません。

株主優待を額面より安く・確実に取得したい方は絶対に口座開設しておくべきです。一般信用の対象銘柄は金利などが高くなるものの、計算さえ間違わなければほぼ100%額面より安い金額で株主優待が取得できます。

今思えば、私が株主優待の取得を始めたのも松井証券からでした。

管理画面がわかりやすいのもいい感じです!
決してキレイな画面ではないですが、操作はしやすいと思います。

▼松井証券の口座開設へ進む▼

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る