岡三オンライン証券は株式手数料の安さが魅力の証券会社

スポンサーリンク

株の売買をする場合に大事にしたいのは、手数料の安さ。
この1点に尽きます。

手数料が安くなることで、利益がその分多くなったり、損失が出た場合も手数料が安い分だけ少し抑えれますよね。

株をする時って、増やすことばかり考えて他のことに目が行かなくなりがちですが、手数料の安さにはとことんこだわりましょう。

手数料を安くしたい方向けに、岡三オンライン証券は1つ有力な選択肢になります。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券の取扱商品一覧

岡三オンライン証券では、株の売買だけではなく、投資信託やFXにまで対応しています。

  • 株式
  • 投資信託
  • 先物・オプション
  • 取引所FX(くりっく365)
  • 店頭FX
  • 取引所CFD(株365)
  • NISA

2014年から始まったNISAでの取引にも対応していますよ。

株式手数料が安い

岡三オンライン証券を使うメリットとして、株式手数料の安さがあります。

株を買う時は、10万円以内の取引であれば、106円の手数料で済むので、他の証券会社と比べてもかなり安い部類に入りますよ。

信用取引する時でも同様の手数料体系です。

少額から株の売買を始めたいと思っている場合には、手数料が安いのは大きなメリットになります。

1ヶ月20億円以上の取引で信用手数料無料の「プレミアゼロ」

専業のトレーダー向けになると思いますが、1ヶ月の合計取引金額が20億円以上になると、翌月の信用手数料が無料になります。

取引金額が大きくなればなるほど、手数料もバカにならない金額になるので、無料になるのは助かりますよ。

ただ、これが使える人はホンの一握りでしょうね。

私も無理です。

ただ、20億円というのは、注文も決済も含んでの金額なので、それなりに資金があってよく取引されるなら、達成できる金額でもあります。

1日5,000万円を注文して決済すれば、20日で20億円に到達する計算です。

やっぱり普通には難しい金額ですね・・・。

一般信用取引はできない

岡三オンライン証券では、信用取引はできますが、信用売り(空売り)した時に逆日歩が発生しない、一般信用取引には残念ながら対応していません。

岡三オンライン証券で信用売りする場合は、逆日歩に注意してくださいね。

株主優待を手数料だけで取得する時の流れと注意点はこちらで。

投資信託は他の証券会社がおすすめかも

岡三オンライン証券では投資信託の取扱もあります。

数はそれほど多くないですが、岡三オンライン証券にしかない投資信託「スモール・モンスターズ・ジャパン」もありますよ。

岡三オンライン証券 スモールモンスターズジャパン

ただ、購入時に3%の手数料が掛かるので、おすすめはしません。

購入すると、マイナス3%からのスタートになるので、この投資信託でプラスの利益を目指すなら最低でも3%以上プラスにならないといけませんからね。

投資信託の積立などを考えている方であれば、他のネット証券会社がいいですよ。

投資信託の積立ならSBI証券が一番おすすめです。

もし、岡三オンライン証券で投資信託を買う場合は、ノーロード(手数料無料)のものを選ぶようにしてください。

eMAXISやMHAMシリーズの投資信託の取扱があります。

岡三オンライン証券のNISAは?

岡三オンライン証券でもNISA口座を作ることができます。

ただ、岡三オンライン証券でNISA口座を作った場合のキャンペーンはありません。

NISA共通の恩恵以外のメリットはありませんので、あえて岡三オンライン証券でNISA口座を作る理由が正直見つからないですね。

株の売買する方で、メイン口座にしようと思っているのであれば、NISA口座も合わせて作るといいと思います。

要点のまとめ

ここまで岡三オンライン証券について説明してきましたが、特徴をまとめると以下の通りです。

  • 株式手数料が安い
  • 信用取引もできる(一般信用取引はできない)
  • NISAも使える

岡三オンライン証券の良さは10万円以内の株式手数料の安さです。

手数料が少しでも安くなれば、その分だけ利益が増えたり・損失を抑えたりできるので、こだわるようにしましょう!

▼岡三オンライン証券の詳細・申込はこちら▼

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る