超初心者向け!松井証券で株を買う方法を画像つきで徹底解説

スポンサーリンク

第1回:このページ
第2回:松井証券での信用売り注文方法を画像つきで徹底解説!株主優待タダ取りに使おう
第3回:松井証券で現渡する方法を徹底解説。株主優待クロス取引に必須!

松井証券の口座にお金を入金できれば、次はいよいよ株を買う取引です。

初めて株を買うとなると、どうやって買えばいいのかが分からず、混乱してしまうと思います。

このページでは、松井証券で株を買う方法をPC版とスマートフォン版でそれぞれ紹介していきます。このページでやり方を覚えていただければうれしいです。

松井証券で株を買う方法

松井証券で株を買う流れ

まずは、松井証券にログインしましょう。ログインしたら上に横並びのメニューが表示されます。そこにある「株式取引」を押してください。

その次の画面で、左側にメニューが出てきますので、そこにある「現物買」を押してください。

松井証券 株の買い方

銘柄検索の画面が出てきますので、買いたい株の名前や銘柄コードを入力します。

松井証券 株の買い方

TOKAIホールディングス(3167)を買うとして、話を進めていきますね。この銘柄を選んだのは、株主優待狙いです。

買いたい株数を「株数」欄に入力し、値段や執行条件も入力します。入力できれば、下にある「注文確認」ボタンを押してください。

松井証券 株の買い方

確認画面が表示されますので、間違いないかどうかチェックして、下の「注文する」ボタンを押してください。

松井証券 株の買い方

これで株を買う注文ができました。

私が注文した時間帯は遅い時間だったので、すぐに株を買うことにはならないですが、市場が開いている時間だとすぐに株が買えることもあります。

松井証券 株の買い方

スマホアプリ「株touch」で松井証券から株を買う方法

普段パソコンは使わないよ〜という方もいると思います。そんな方は、スマートフォン専用のアプリもありますので、ぜひ活用してください。

iPhoneでもAndroidでも「株touch」というアプリがあります。アプリの検索で「松井証券」と入力すればでてきますので、すぐ見つかりますよ。

パソコンでしか取引しない方であれば、下まで読み飛ばしていただいて大丈夫です。

* * *

アプリを開いたら、いろいろメニューが表示されていますので、真ん中左にある「株式取引メニュー」を押してください。

スマホアプリ 松井証券で株を買う方法

画面が切り替わって、以下の表示になります。今回は株を買うので、左上の「現物買」を押してください。

もし、持っている株を売る場合は「現物売」を押します。

スマホアプリ 松井証券で株を買う方法

次の画面は銘柄検索になります。自分が買いたい企業の名前や銘柄コードを入力してください。

スマホアプリ 松井証券で信用売りする方法

今回は、ミライト・ホールディングス(1417)を買うとして話を進めていきますね。

株数、値段を入力してください。

スマホアプリ 松井証券で株を買う方法

画面を下にスクロールして、執行条件・口座区分・有効期間を入力します。

全て入力が終われば下にある「注文確認」を押してください。

スマホアプリ 松井証券で株を買う方法

先ほどの入力内容が表示されますので、問題なければ「注文」ボタンを押してください。

スマホアプリ 松井証券で株を買う方法

これで松井証券のスマホアプリで株を買う注文ができました。そんなに難しくないですよね。

スマホアプリ 松井証券で株を買う方法

さいごに

私は2011年頃から松井証券を使っているので、株の買い方は慣れています。株が買えるという、ただそれだけのことに妙な優越感を覚えて、よく松井証券の画面を見ていたことを思い出しますね〜。

アプリもよく使って株を買ったり売ったりしていました。

使ってみるとなんとでもない取引ではありますが、初めてだとどうしても分かりにくいものです。

このページをきっかけに買い方を覚えていただければうれしいです。

松井証券についての詳細は、以下のページでまとめていますので、合わせて読んでみてくださいね!

第1回:このページ
第2回:松井証券での信用売り注文方法を画像つきで徹底解説!株主優待タダ取りに使おう
第3回:松井証券で現渡する方法を徹底解説。株主優待クロス取引に必須!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る