松井証券で現渡する方法を徹底解説。株主優待クロス取引に必須!

スポンサーリンク

第1回:超初心者向け!松井証券で株を買う方法を画像つきで徹底解説
第2回:松井証券での信用売り注文方法を画像つきで徹底解説!株主優待タダ取りに使おう
第3回:このページ

松井証券を使って、株主優待を取得するために現物買いと信用売りをしたら、手数料と利息だけで株主優待が手に入ります。

そこまでできたらあとは、最後に現渡(げんわたし)という取引をして、現物買いと信用売りで持っている分を決済しないといけません。

現渡って一体なんだ・・・?という感じだと思いますので、このページでは、松井証券で現渡する方法を詳しく説明していきます。

松井証券で現渡する方法

松井証券で現渡する流れ

まずは、松井証券の口座にログインしましょう。
ログイン後、左上に横並びでメニューが表示されますので、「株式取引」を押してください。

開いた先の画面では、左側にメニューが表示され、そこにある「信用返済」を押します。

すると、現在持っている信用売りの銘柄一覧が表示されますよね。左側に「返済」の文字があるので、まずはそれを押しましょう。

松井証券で現渡する方法

次の画面では、銘柄ごとの注文画面に切り替わります。

現渡」というチェック項目がありますので、それだけチェックしてあとは下にある「注文確認」ボタンを押せばOKです。

松井証券で現渡する方法

確認画面が表示されますので、問題なければ、下にある「注文する」ボタンを押してください。

松井証券で現渡する方法

これで現渡の注文完了です。言葉のイメージで難しそうに思えますが、実際やってみるとそんなに難しいことをしなくてもできちゃいますよ〜!

松井証券で現渡する方法

スマホアプリ「株touch」を利用して松井証券で現渡する方法

自分はPCは使わず、スマホアプリしか使わないという方もいるでしょう。

そんな方は、株touchというアプリをインストールして松井証券の取引ができます。

アプリを起動したら、以下のメニューが表示されますので、左側にある「株式取引メニュー」を押してください。

スマホアプリ 松井証券で信用売りする方法

次の画面では、信用返済を押してください。

スマホアプリを利用して松井証券で現渡する方法

ボタンが2つだけの画面に変わりますので、上にある「全保有建玉表示」ボタンを押します。

スマホアプリを利用して松井証券で現渡する方法

一覧が出てきますので、現渡したい銘柄を選んでタップしてください。

スマホアプリを利用して松井証券で現渡する方法

TOKAIホールディングス(3167)を選んで 流れを説明していきましょう。

スマホアプリを利用して松井証券で現渡する方法

画面を下にスクロールすると、現渡のチェック欄がありますので、そこにチェックしていただければOKになります。

チェックできれば、下にある「注文確認」ボタンを押してください。

スマホアプリを利用して松井証券で現渡する方法

現渡注文の確認画面が表示されますので、良ければ「注文」ボタンを押してください。

スマホアプリを利用して松井証券で現渡する方法

これで現渡の注文が完了です。お疲れ様でした!
そんなに難しくない感じだと思いますが、いかがでしょうか?

スマホアプリを利用して松井証券で現渡する方法

さいごに:株主優待取得の流れはこれでおしまいです

松井証券での現渡の流れは以上の通りになります。

松井証券では、一般信用取引ができますので、株主優待を手数料だけで取得するのにとても便利な口座です。

一度やり方を覚えていただければ、一般信用取引の対象になっている銘柄だとほぼノーリスクで株主優待だけが手に入っちゃうので、ぜひこのページでやり方を覚えていただければと思います!

私自身も一般信用取引が使えるということで、松井証券は2011年から使い続けていますよ。株主優待が多くなる3月や9月にはよく利用しています。

ホントいつもありがたいな〜と思いながら・・・。松井証券を経由して取得した株主優待は数万円以上にもなるでしょうね。そう思うとホント助かってます。

株の買い方から現渡まで、株主優待を手数料だけで取得する方法を一連の流れを紹介してきましたが、これでひと通りおしまいです。あとは到着を首をなが〜くして待っておきましょう!

松井証券についての詳細は、以下のページでまとめていますので、合わせて読んでみてくださいね!

第1回:超初心者向け!松井証券で株を買う方法を画像つきで徹底解説
第2回:松井証券での信用売り注文方法を画像つきで徹底解説!株主優待タダ取りに使おう
第3回:このページ

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る