ファミリーマートでQUICPayをお得に使う方法・支払いの流れ・Tポイントをあわせて貯める方法まとめ

スポンサーリンク

ファミリーマートでは、電子マネーのQUICPayが使えます!

そんなQUICPayですが、慣れないうちはどうやって支払えばいいのかわかりづらい部分もありますよね。

QUICPayとほかの支払い方法が併用できるかや、Tポイントを貯めることができるのかも気になるところです。

今回、実際にファミリーマートでQUICPayを使って買い物をしてみました。

このページでは、QUICPayをファミリーマートで使う方法や支払いの流れ、Tポイントの貯め方について詳しく紹介していきますね。

QUICPayについて

そもそも、QUICPayがどういう仕組みなのかわかりづらい場合もありますよね。

QUICPayは、後払いで使うことができる電子マネーです。
クレジットカードと紐付けることで、QUICPay決済ができるようになりますよ。

以下のいずれかを持っていると、QUICPayが使えます。

  • クレジットカードとQUICPayが一体型になっているカード
  • QUICPay機能だけの専用カード
  • QUICPayモバイル(おサイフケータイ)

中でも、クレジットカード一体型のQUICPayがおすすめですね。

Apple PayやGoogle Payに対応しているので、スマートフォンをかざすだけで支払いができるようになりますよ。

▼私は、楽天カードをApple Payに紐付けてQUICPay決済することが多いです!

Apple Pay 楽天カード

ファミリーマートでQUICPayを使うときの流れ

ファミリーマート店舗外観

ファミリーマートでQUICPayを使おうと思ったとき、実際にどうやって支払うのか使い方が気になりますよね。

使い方の手順を知っておけば、いざ使いたいときもスムーズに支払えます。

QUICPayを使って支払いをするときの手順は以下の通り。

  1. 会計時に「QUICPayで」とレジの店員さんに伝える
  2. レジの専用端末にQUICPayカードまたはスマートフォンをかざす
  3. 決済完了

「クイックペーイ♪」という音が鳴ると、支払い完了の合図です。

▼実際にファミリーマートでQUICPay決済したときのレシートです。「QUICPay支払」として処理されていますね。

ファミリーマートでQUICPay決済したときのレシート

▼ファミマカフェのアイス抹茶ラテを買いました!おいしい~!

ファミリーマートで買ったアイス抹茶ラテ

片手で支払えるので、子どもを抱っこしたり、手をつないだりしている状態でも簡単に買い物できます。
おつりのやりとりをしなくていいのがうれしいですね。

Tポイントを貯める方法について

Tポイントカード

ファミリーマートといえば、Tポイントが使える・貯まるお店です。

QUICPay決済するときに、Tポイントを貯める方法はあるのか気になるところですよね。

Tポイントを貯めたい場合は、QUICPay決済の前にファミマTカードやTカードを提示しましょう!

ただし、支払いのあとにカードを提示しても、ポイントの後づけはできません
必ず、QUICPay決済の前に提示するようにしましょう。

QUICPayはほかの支払い方法と併用できる?

ファミリーマートでは、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などいろいろな支払い方法に対応しています。

QUICPayとほかの支払い方法が併用できるかも気になりますよね。

ただ、残念ですがQUICPayとほかの支払い方法は併用できません

QUICPayは、クレジットカードや電子マネーとの併用ができないので注意しましょう。
ファミマTカードのクレジット払いとも併用不可です。

ほかの支払い方法と併用はできませんが、Tポイントは貯まります。

Tポイントを貯めるためにも、QUICPay決済の前にファミマTカードやTカードを提示するくせをつけておくといいですね。

QUICPayが使えないときの対処法

ファミリーマートでQUICPayを使おうと思ったのに、なぜかエラーになってしまうこともあるかもしれません。

使いたいときに使えないと、焦ってしまいますよね。
あらかじめ原因になりそうなことを知っておけば、対処しやすくなりますよ。

主に、QUICPayが使えないときの理由として考えられるのは以下の通り。

  • QUICPayの上限金額を超えている
  • QUICPayと紐付けたクレジットカードの限度額を超えている
  • 電子マネーで支払えない商品をQUICPayで買おうとしている

QUICPayの上限金額や、紐付けているクレジットカードの限度額以上のものは購入できません。

また、ファミリーマートで提供しているものの中には、QUICPay払いの対象外になる商品やサービスもあります。

たとえば、以下のようなものは支払い対象外になる可能性が高いですよ。

  • 公共料金などの収納代行
  • Famiポート取り扱い商品・サービス
  • プリペイドカード
  • テレホンカード
  • 宅急便・宅急便コンパクト送料
  • 切手印紙・ハガキ・年賀状
  • クオカード
  • 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
  • 金券など
  • 電子マネーへのチャージ
  • コピー・FAX

公共料金や税金などはQUICPayで支払えません。

ファミリーマートで公共料金や税金を支払うときは、ファミペイが使えて便利ですよ。

ただ、一部の税金や保険料などは支払えないので注意しましょう。

さいごに

ファミリーマートでQUICPayを使う方法についてまとめてみました。

  • ファミマTカードかTカードの提示でTポイントが貯まる
  • クレジットカード・電子マネーなどほかの支払い方法とは併用できない
  • QUICPay対応のクレジットカードをApple PayやGoogle Payに登録しておくと便利

QUICPay決済したからといって、QUICPay独自のポイントは貯まりません。

なるべく還元率の高いクレジットカードを使って、QUICPay決済することをおすすめしますよ。

わざわざカードを作ったり、カードを持ち歩くのが面倒な場合は、Apple PayやGoogle PayにQUICPay対応のクレジットカードを登録しておくと便利です。

スマートフォンをかざすだけで支払えるので、支払い時間も短縮できますよ。

支払い前にはファミマTカードやTカードを提示して、しっかりTポイントも貯めていきましょう!

おまけ:電子マネーに関連した記事

QUICPayのほかにも、いろいろな電子マネーがあります。

電子マネーについて比較したい場合は、以下もチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る