Amazon宅配買取サービスの買取価格は口コミ・評判通り?申込からギフト券受取までの流れと使った感想まとめ

スポンサーリンク

便利に使えるAmazonは商品を買うだけではなく、宅配買取のサービスも行っています。

たくさん買い物をしてきたなかで、「もう使わないかな」と思う商品もあるのではないでしょうか。

そんなときはAmazon(Recommerce:リコマース)宅配買取サービスを利用することで、部屋もスッキリするし、少々のお金も手元に入ってきます。

ただ、初めてAmazonの宅配買取サービスを利用する場合、どうやっていいのかわからなことも多いですよね。

このページでは、実際にAmazon宅配買取サービスを使って買い取りをお願いしてみたときの手順などを画像付きで紹介します。

Amazon宅配買取サービスの買取価格は口コミ・評判通り?

Amazon宅配買取サービスはどんなサービス?

Amazon宅配買取サービスは、Recommerce(リコマース)がAmazonで提供している宅配買取サービスです。

なお、18歳未満の場合は利用できません。

▼買取アイテムのカテゴリーは以下のとおり。

  • 据え置きゲーム機
  • 携帯ゲーム機
  • ゲームソフト
  • DVD・Blu-ray
  • ミュージック
  • 本(単品)
  • 本(セット)
  • 携帯電話・スマートフォン
  • 家電
  • PC本体
  • PC用品
  • 楽器・音響機器
  • カメラ
  • ホビー
  • ブランド
  • 腕時計
  • スポーツ&アウトドア
  • カー&バイク用品
  • DIY・工具
  • キッチン
  • ホーム

たくさんのカテゴリーがありますね!

買取アイテムカテゴリーの中から、1回の買取時に複数でも単品でも買取希望商品を送料無料で送ることができます。

「本」と「腕時計」とジャンルが違うものでも、1箱のなかに入れてもOK。

また買取金額に納得がいかなかった場合の返送も無料です。

ただし、送ったすべての商品の返却となり、一部商品のみの返却はできません。

Amazon宅配買取サービスのメリット

実際にAmazon宅配買取サービスを使ってみたい場合、どんなメリットがあるのかも気になりますよね。

▼メリットは以下のとおりです。

  • 送料無料で利用できる
  • 佐川急便が自宅まで集荷に来てくれる
  • 買取希望商品は1点でも複数でもOK
  • 無料宅配キットがある(5箱まで)
  • Amazonギフト券でスピード入金
  • 多彩なジャンルを取扱い

買取希望商品を詰めるダンボールが手元にない場合、無料宅配キットがある点がとてもありがたいですね。

Amazon宅配買取サービスで買取するときの簡単な流れ

Amazon宅配買取サービスの使い方はとても簡単で、以下のような流れで進んでいきます。

  1. Amazonアカウントで申込み
  2. 売りたいものを箱に詰める
  3. 佐川急便が集荷にくる
  4. 査定が行われる
  5. Amazonギフト券を受け取る

買取が終わったあとは、現金ではなくAmazonギフト券がもらえることが特徴的ですね。

そのため、銀行振込は対応していません。

Amazon宅配買取サービスで買取申込する手順

では実際に、Amazon宅配買取サービスで買取を申し込んでみますね。

▼まずはAmazon宅配買取サービスのページを開きましょう。

そして、ログインして申込むの下にある『Amazonアカウントでログイン』を押します。

【Amazon宅配買取】Amazonアカウントでログイン

▼初めて利用するときは、『リコマース宅配買取サービスに以下の情報が提供されます』が表示されるので、『OK』を押しましょう。

【Amazon宅配買取】リコマース宅配買取サービスに以下の情報が提供されます

▼『買取申込フォーム:商品・宅配キット情報の入力』のページに移動しました。

【Amazon宅配買取】買取申込フォーム

▼少し画面を下に移動すると、『お売りいただける商品情報を入力してください』と出てきます。
買取希望商品の種類を選びましょう。

僕は『本』を選びました。本のアイコンを押すと、薄い緑色に変わります。

【Amazon宅配買取】お売りいただける商品情報を入力してください

▼また少し画面を下に移動させていきましょう。
今度は『宅配キット(ダンボール/無料)についての情報を入力してください』と出てきました。

宅配キットを利用する場合は、『不要』と書かれているボタンを押して変更します。
5箱まで利用できますよ。

【Amazon宅配買取】宅配キット(ダンボール/無料)についての情報をにゅうりょくしてください

ちなみに箱は、4タイプあります。

  • 本・DVD用
  • 一般商品用
  • ゴルフクラブ用
  • エレキギター用

▼宅配キットを利用しない場合は、『ダンボールを自分で用意する』を選びます。
『しない』と書かれているボタンを押して、変更しましょう。

【Amazon宅配買取】ダンボールを自分で用意する

▼宅配キットを選んだときは、『宅配キット到着希望日』と『宅配キット到着希望時間帯』を選びます。

【Amazon宅配買取】宅配キット到着希望日

▼また少し画面を下に移動させていきましょう。
『商品のお引取り(集荷依頼/無料)についての情報を入力してください』についてです。

『お引取り希望日』と『お引取り希望時間帯』のボタンを押して、希望の日時を選びましょう。

入力を終えたら、『次は、お客様情報を確認する』を押します。

【Amazon宅配買取】商品のお引取り(集荷依頼/無料)についての情報を入力してください

▼『買取申込フォーム:お客様情報の確認』のページに移動しました。

【Amazon宅配買取】お客様情報の確認

▼少し画面を下に移動すると、『身分証の記載の名前と住所』があります。
ここには『Amazonアカウントのアドレス帳から、身分証明書に記載の氏名と住所を選択ください』と書いていますね。

『アドレス帳』と書かれている下側に、Amazonに登録している住所が記載されているので確認してください。

【Amazon宅配買取】身分証に記載の名前と住所

▼また少し画面を下に移動させていきましょう。
『ご職業』の欄があるので、ボタンを押して職業を選びます。

選び終わったら、『次は、査定承諾方法を選択する』のボタンを押しましょう。

【Amazon宅配買取】ご職業・次は、審査承諾方法を選択する

▼『買取フォーム:査定承諾方法の選択』のページに移動しました。

【Amazon宅配買取】審査承諾方法の選択

▼少し下に画面を移動させます。
『買取金額のご承諾について』以下の2つから、どちらかを選びます。

  • 査定終了後、買取金額を選択して承諾・否認を選択する
  • 買取金額を自動的に承諾する(自動承認)

【Amazon宅配買取】買取金額のご承諾について

▼スピード感がある『買取金額を自動的に承諾する(自動承認)』を選んだところ、以下のメッセージが出てきました。

「買取金額を自動的に承諾する」(自動承認)が選択されました。買取商品発送後のキャンセルはできませんがよろしいですか?

問題がない場合は『OK』を押しましょう。

【Amazon宅配買取】買取金額のご承諾について

▼また少し下に画面を移動させます。
『以下の内容をご確認ください』にある文章を読みましょう。

【Amazon宅配買取】苦手な商品・お取扱いできない商品

▼また少し下に画面を移動させます。
『クーポンコードをお持ちの方はこちらに入力してください』の項目があります。

クーポンコードを持っている場合は、入力しましょう。
ない場合は、空欄でOKです。

【Amazon宅配買取】クーポンコードをお持ちの方はこちらに入力してください

なお、キャンペーン(画像はプライム会員限定)をやっていることもあるので、しっかり活用しましょう。

【Amazon宅配買取】プライム会員限定キャンペーン

▼次のページに移動しました。
これまでの申込についての確認はなく、ここで買取申込完了となります。

【Amazon宅配買取】買取申込完了

▼少し画面を下に移動すると、申込んだ内容が出てきました。

【Amazon宅配買取】お申込情報

【Amazon宅配買取】お申込情報

▼買取申込をしたことのメールも届きますよ。

【Amazon宅配買取】買取申込完了メール

集荷日までに準備すること

Amazon宅配買取サービスに集荷申込をして終わりではなく、この後にもいろいろな準備があります。

▼準備することは以下の通りです。

  • 本人確認(初めて利用する場合)
  • 買い取りに出す商品の梱包

本人確認はなぜ必要?

ところで、本人確認がなぜ必要なのか気になりませんか?

理由は、『古物営業法にもとづき本人確認が必要』だからです。
法律で決まっているんですね。

本人確認は初回のみ必要な手続きで、2回目以降は必要ありません。

買取前の本人確認の方法

Amazon宅配買取サービスでは、法令に基づく本人確認を郵送で行っています。

そのため買取希望商品を入れた段ボール箱の中に、身分証などのコピーの同封は必要ありません

郵送で行う本人確認って、どんな手順で進むのか気になりますよね。

▼手順は以下のとおりです。

  1. 買取申し込み後リコマースより、本人限定受取郵便(特定事項伝達型)が発送される
  2. 自宅の郵便ポストに郵便局から、「本人限定受取郵便の到着を案内する封書」が届く
  3. 郵便局へ「本人限定受取郵便」の受取り方法について連絡する
  4. 郵便局スタッフへ身分証明書の提示をする
  5. 日本郵便からリコマースへ本人確認完了のご連絡が入る

本人限定受取郵便は、申込み翌営業日に発送されます。

ポストへ投函後、10日以内に受取り手続きをする必要がありますよ。

▼12月15日(土)に買取申込をしたので、翌営業日の12月17日(月)に「本人限定受取郵便を発送したよ」というメールが届きました。

【Amazon買取】本人確認書類発送のメール

▼こちらは、本人限定受取郵便のお知らせです。12月20日に届きました。

【Amazon買取】本人限定受取についてのお知らせ封筒

▼中身の用紙には、以下のようなことが書いてあります。

特定事項伝達型本人限定受取郵便物が到着しているので、郵便局に取りにくるか、自宅へ配達するので日時を教えてね

【Amazon買取】本人限定受取についてのお知らせ封筒の中身

▼郵便局に電話をし、自宅に届けてもらうことにしましたよ。
配達員さんに、本人確認書類の運転免許証を確認してもらっている場面です。

【Amazon買取】本人確認

▼こちらが、特定事項伝達型本人限定受取郵便物の現物です。

【Amazon買取】本人限定受取

これで本人確認は完了ですね!

▼しばらくして、本人確認が完了したことのメールも届きます。

【Amazon買取】本人確認完了のメール

本人確認書類について

本人確認に使う書類には、どんなものがあるのか気になりますよね。

▼書類の種類は、以下のとおりです。

  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(個人番号カードとみなされる写真付き住民基本台帳カードも含む)
  • 官公庁が発行した身分証明書で写真付のもの
  • 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 国民年金手帳
  • 年金手帳
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)
  • 届出避難場所証明書(郵便物を受け取る日前6か月以内に作成されたものに限る)

氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ、郵便物・荷物を受け取る際に有効なものに限ります。

買取希望商品を梱包するときのポイント

Amazon宅配買取サービスでは、自分で買取希望承認の梱包をします。
できるだけ、ていねいに梱包したいものですよね。

▼梱包するときのポイントは以下のとおりです。

  • 壊れやすいものは、緩衝材(プチプチ)等を利用し保護する
  • 書籍・DVD・ゲームの場合は、箱との隙間をクッション等(新聞紙等)で保護する
  • 運搬時、先の尖ったものや金具は大変壊れやすいので重点的に保護する
  • 傷がつきやすい商品等は、表面を布等で包む
  • 大事な商品(家電・フィギュア・ゴルフクラブ・ギターなど)を安全に配送する為、ダンボールに「ワレモノシール」を貼り付る

キレイな状態で買い取ってもらうためには、必要なことですよね。
しっかりと準備をしましょう。

▼ちなみに、プチプチは100円ショップで売っていますよ。

【Amazon宅配買取】ぷちぷち

無料宅配キットがオススメ

Amazon宅配買取サービスには、無料宅配キットがあります。
梱包に使うダンボールを無料で、合計5箱まで届けてくれるんですよ。

箱は、4タイプあります。

  • 本・DVD用
  • 一般商品用
  • ゴルフクラブ用
  • エレキギター用
【Amazon買取】箱の種類
引用元:無料宅配キット

届けてくれるのはダンボールだけなので、封をするためのテープは自分で用意します。

万が一、箱が余ってしまった場合は次回の買取に使うか、地域の資源ゴミに出しましょう。
Amazon宅配買取サービスへの返却は不要です。

実際に梱包してみました

僕は自分でダンボールを用意してみましたよ。

気を付けたい点としては、梱包後のダンボール三辺の長さの合計が160cm以内、重量30kg以内にすることです。

▼本を買い取ってもらうので、背丈の低い箱を選びました。ビジネス書が10冊くらい入っています。

【Amazon買取】箱に買取希望商品を入れる

▼箱と本の隙間は、新聞紙等で埋めて大切な買取希望商品を保護しましょう。

【Amazon買取】箱と買取希望商品の間に新聞紙を詰める

▼ふたを閉めて、ガムテープを貼れば完成です。

【Amazon買取】箱にガムテープを貼って完成

集荷前日にお知らせメールも届く

集荷日を申込み日から遠い日に設定した場合、もしかすると忘れてしまうかもしれませんよね。

でも、Amazon宅配買取から『明日が荷物の引取り日です』というメールが届くので、とても便利です。

▼こちらがそのメール。

【Amazon買取】明日は引取り日です、のメール

集荷の伝票は佐川急便が持ってきてくれる。準備しなくてOK

佐川急便が集荷に来るということは、送る箱に伝票を貼る必要があります。
でも、これまでの作業で伝票を作る工程がありませんでした。

伝票の用意をどうすればいいのか、気になりますよね。

安心してください!
配送伝票は、佐川急便が持ってきてくれますよ。

▼こちらが、配送用の伝票です。

【Amazon買取】配送伝票

▼お客様控えをもらえるので、しっかり保管しておきましょう。

【Amazon買取】お客様控え

▼いつ届くのかな?と気になる場合は、佐川急便の追跡をするといいですよ。

Amazon宅配買取の査定結果はどう?

集荷されたあとは、査定結果が気になります。
集荷日から4日後に、査定結果のメールが届きました!

▼「査定完了」という文字はなく、「Amazonギフト券発行のご案内」となっています。

【Amazon買取】Amazonギフト券発行のメール

▼さて、査定結果はどうなのでしょうか!

【Amazon買取】Amazonギフト券発行のメール

15冊買取を入れて、1冊1円計算の15円ですね。

少額ですが、もう読まなくなった本を引き取ってもらい、なおかつお金に変わったことに感謝です。

万が一、Amazonギフト券の番号が書かれたメールを削除してしまった場合は、アカウントサービス内で過去に発行された番号を確認しましょう。

買取申込からAmazonギフト券付与までの経過記録

Amazon宅配買取で買取申込をしてからAmazonギフト券の付与が行われるまで、どんな感じで進んでいったのか振り返ってみます。

日付出来事
12月15日買取申込
12月17日本人限定受取郵便発送メール
12月18日「集荷日の前日です」のお知らせメール
12月19日集荷
12月20日本人限定受取郵便物のお知らせ到着
12月21日本人限定受取郵便物の配達依頼
本人限定受取郵便物の受取
12月24日本人確認完了メール
Amazonギフト券付与(査定結果連絡)

だいたい1週間から10日くらいかかるかな、と思っておくといいかもしれません。

Amazon宅配買取サービスで高く買い取ってもらうコツ

買取希望の商品は、どうせなら高く買い取ってほしいですよね。
たとえば、買取価格が100円のものが、100円以上になることはないと思います。

状態の良し悪しで、100円からどんどん下がっていく、また売れないと考えたほうがいいですよ。

つまりは、いかにキレイな状態で買取をお願いするかがポイントです。

▼以下は、Amazon宅配買取サービスで取扱いのできない商品や苦手な商品の一部。

  • 全巻揃っていないコミック・文庫
  • バーコードのないCD
  • 安価なブランドの衣類、定価1,000円以下の雑貨
  • 製造から5年以上経過した物
  • 状態が悪い物(汚れが多い/日焼けが強い/においが強い/カビがある等)
  • 壊れている物、正常に動作しない物

よく考えると、もし自分が買おうと思った場合に避けちゃいますよね。

梱包や配送時に傷がつかないようにするためにも、すべての工程において丁寧に扱うのがベストです。

参考:取扱い商品について

さいごに:Amazon宅配買取サービスを使ってみた感想

申込をして梱包、そして査定を待つまで流れは、他の買取サービスとほぼ同じです。
とくに苦労する点はなく、簡単にできました。

他と違うのは、査定後の支払がAmazonギフト券であること。
普段からAmazonでたくさん買い物をする場合は、よいですよね。

初回は本人確認の手間や時間がかかってしまいますが、2回目以降は不要なのでもっと楽になります。

不要なものを買いとってもらい、自宅や部屋のスペースを広くし、なおかつAmazonギフト券に気軽に変えてみましょう!

参考:Amazon宅配買取サービスを使うにはこちらから

おまけ:他の買取サービスを使った感想

過去に試した買取サービスの一覧と結果は以下のページから辿ることができますよ!

業者ごとに微妙にやり方が違うし、査定結果も異なりますので、比較するのにおすすめです。
体験したところしか紹介していません!

買取よりも、自分で販売して高い値段を目指す方は、こちらがおすすめです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県在住のWebライター。育児休業を1年間取得経験あり!給与事務や社会福祉事務分野が得意。妻が精神障害者&発達障害、息子も発達障害のため、社会福祉制度を利用中。給与関連でのお金のこと、福祉的なことをはじめ、わかりやすく丁寧お伝えします。パパンダの年子育児ライフを運営中です。

執筆メンバの一覧を見る