noteで有料コンテンツを販売する使い方とは?売上手数料の仕組みと受け取り金額を最大化する方法

スポンサーリンク

給料が伸びなかったり、貯金が増えなかったりすることで、自分で何か新しいことを始めようかと悩むのではないでしょうか。

副業というほどではないですが、noteというサービスがごく一部で流行の兆しがあります。

使い方を工夫すればいろいろと可能性のあるサービスです。

自分の写真・文章・音楽・映像などをnote上で販売することもできます。無料で発信もできて、いろいろと使い道がありますよ。

私自身も、実際に有料で文章を配信してみました。
その時の経験も踏まえつつ、noteの使い方などや手数料などを紹介していきます。

note

noteでコンテンツを作る方法

noteでは、「メニュー」→「マガジン」からコンテンツ発信できます。

今回私が発信してみたのは、テキストコンテンツです。

その場合は、5つあるメニューから「テキスト」を選びましょう。

noteのコンテンツ作成

テキストの画面を開くと、真っ白の画面が表示されますので、そこでブログを書くようにタイトルと本文を入力していきましょう。

画像を入れたり、リンクを入れたりはブログと同じようにできますよ。

noteのテキスト入力画面

公開するときは、右上の緑色のボタンから設定できます。

有料と無料の境目も自分で設定できるのが面白いと思いました。

今回、初めて使ってみましたが、直感的な操作で使えるので、使い方に不便を感じることはなかったですね。

有料コンテンツの値付けは範囲内であれば自由に設定できる

noteでは、自分の作ったコンテンツを自分で値付けして販売できます。
100〜10,000円までの範囲で自由に値付けできますよ。

値付けが自由にできる分、いくらにすればいいのか迷ってしまいますが、自分が適正と思える価格で販売すればいいと思います。

こちらが提供している価値よりも、買う側にとってお得と思えるのであれば、少しは売れやすくなるでしょう。

売上が1,000円を超えると、翌月以降に振込手続きができる

自分のコンテンツが売れたらうれしいですよね。
誰かが自分のコンテンツに興味を持ってくださったわけですから。

もし、月末時点での売上が1,000円を超えると、翌月以降に自分の銀行へ振り込んでもらうことができます。

ただ、売上はそのまま自分のものになるわけではなく、noteに手数料を引かれます。

noteという場所を使って販売している以上、手数料がかかるのはしかたのないことです。自分でイチから販売することを思うと、かなり大変ですからね。

noteに支払う手数料は以下の通りです。

  • 決済手数料:クレジットカード決済 → 5%、携帯キャリア決済 → 15%
  • プラットフォーム利用料:(売上 – 決済手数料) × 10%

計算式がちょっとややこしいですね・・・。
ちょっと計算してみましょう。

仮に売上が10,000円あって、全部クレジットカード決済で買っていただいたとします。

  • 決済手数料:10,000 × 5% = 500円
  • プラットフォーム利用料:(10,000 – 500) × 10% = 950円
  • 合計手数料:500円 + 950円 = 1,450円

一番手数料が安くなる方法で計算しましたが、この場合は売上に対して14.5%の手数料がかかりますね。

仮に、すべての売上が携帯キャリア決済だった場合は、売上に対して23.5%の手数料になります。

振込先は個人・法人の両方に対応

また、振込先の口座は個人名義・ 法人名義のどちらにも対応しています。

私は一応会社を経営していますので、法人名義の口座を登録しておきました。

口座の登録は、「アカウント設定」→「お支払先」から設定できます。

振込手数料が260円もかかる

noteの売上からいろいろと手数料が引かれますが、そこから銀行に振り込んでもらうときにはさらに手数料がかかります。

noteから自分の銀行への振込手数料は260円です。

1,000円ちょうどを換金しようとすると、手数料だけで26%も引かれてしまうので厳しいですね。

自分のお金にする場合は、できるだけ大きな金額になってから換金するようにしないと、振込手数料でのマイナスが大きく感じてしまいます。

仮に、10,000円を換金しようとした場合は、振込手数料の割合が2.6%まで減らせますね。それでも2.6%はかなり高いですが・・・。

ちなみに、銀行によって振込手数料が無料にできる、という特典はありません。

どうせ振り込んでもらうのであれば、振り込んでもらうことによる特典がある銀行を選んだ方がいいですね。

楽天スーパーポイントがもらえる楽天銀行や、nanacoポイントがもらえるセブン銀行などがあります。

自分のコンテンツを買っていただくにはどうすればいい?

せっかくコンテンツを作ったからには、1つでも多く売れて欲しいですよね。

ただ、いきなりnoteでコンテンツを販売したからといって、すぐに売れるとは思えません。

売れるためには、いくつかの要素が必要だと思います。

  • noteでのフォロワーが多い
  • 自分のサイト・ブログ・SNSでのフォロワーが多い
  • 他の人から一目置かれている存在であるか

noteは、その人自身の信頼がないと、簡単には売れないと思いました。

純粋にコンテンツが良かったら・面白かったら売れるものではないでしょうね。

今までの自分の行動で、信頼を積み重ねていれば、何もない状態よりは売れる確率が高くなると思います。

幸い、私自身が販売した時も、このノマド的節約術というサイトを2011年5月から運営し続けているということが影響したおかげで、売上がゼロではありませんでした。

普段、無料で情報を発信しているのに、有料でも買っていただける方がいるのは、こんなにもうれしいことだとは思わなかったです。

ありがたい気持ちしか出てこないですね。

さいごに

noteを使うことで、劇的に何かが変わることはないと思いますが、何か新しいことを始めてみようと思っているならば、気軽に始めることができますよ。

登録するだけなら無料ですからね。

自分自身はnoteで有料コンテンツを積極的に販売しようとは思わないですが、純粋に自分の作品を発表する場所として使うのはいい使い方だと思います。

私が販売したのは、過去に書いたブログ記事の裏話です。

こういうのもnoteの使い方の1つかもしれませんね。
道徳に反しない使い方でnoteを活用するのはいいと思います。

換金申請のやり方は以下のページで。

おまけ:他に自分で始めることができる方法

今は、あらゆる場所があり、自分で何か新しい仕事を始めることが簡単になりました。

他にもいろいろ方法がありますので、比較しつつ試すかどうか検討してみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る