Amazon mastercardゴールドの年会費を割引する方法・メリットデメリット・お得な使い方やキャンペーンについて徹底解説

スポンサーリンク

Amazonで買い物をするときにAmazonポイントを貯めたいのであれば、Amazonカードを持っていると便利です。

そんなAmazonカードですが、よりAmazonポイントの還元率を高めたいときはAmazon mastercardゴールドがおすすめ!

ただ、ゴールドカードなのでどうしても年会費がかかってしまうもの。
総合的に見たときに年会費で損をしないのか、ちゃんと元はとれるのかも気になるところですよね。

このページでは、Amazon mastercardゴールドの特徴やメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

Amazon Mastercardゴールドの年会費を割引する方法

Amazon mastercardゴールドとは?

Amazon mastercardゴールド

Amazon mastercardゴールドは、三井住友カードとAmazon.co.jpが提携して発行しているカードです。

無料の即時審査サービスがあるので、申し込んですぐにAmazon.co.jpの買い物に使えます。

通常のポイント還元率は1%ですが、Amazonで買い物をするとAmazonポイントが2.5%還元されますよ。
2.5倍ポイントが貯まる計算になるので、Amazonポイントを効率よく貯めたいときに便利です。

しかも、入会特典としてAmazonプライム特典が使い放題になります!

すでにAmazonプライム会員になっている場合でも、支払い済みのAmazonプライム会費の未使用期間分がちゃんと返金されるので安心ですね。

Amazon mastercardゴールドは、20歳以上から申し込めるプレミアムカードです。
未成年者は申し込めないので注意してください。

Amazon mastercardゴールドの年会費について

Amazon mastercardゴールドを使ってみたいなと思ったときに、一番気になるのが年会費についてではないでしょうか。

ゴールドカードなので、年会費も高いイメージがありますよね。

Amazon mastercardゴールドの年会費は、10,800円(税込)です。

ただ、利用状況によっては2年目以降から年会費が最大6,480円割引されますよ!

割引される条件は以下の通り。

それぞれの割引内訳は以下のようになっています。

  • マイ・ペイすリボ登録・利用:5,400円(税込)
  • WEB明細書サービス利用:1,080円(税込)

この時点で4,320円になりますが、さらにAmazonプライム会員の年会費3,900円を引くと実質420円という値段になります。

条件つきではありますが、420円でAmazon mastercardゴールドが持てるのはおどろきですね。
ステータスとしてゴールドカードを持ちたいというときにおすすめのカードです。

マイ・ペイすリボを使うときは、毎月の支払額をAmazon mastercardゴールドの限度額と同じに設定しておきましょう!

そうすれば、リボ払いの手数料も0円になるため、年会費だけ節約できますよ。

Amazon mastercardゴールドを保有・使うことのメリット

Amazon mastercardゴールドについてわかったところで、ここからはカードの特徴やメリットについて紹介していきます。

主に、Amazon mastercardゴールドには以下のようなメリットがありますよ。

ここからは、それぞれのポイントについて詳しく説明していきますね。

Amazonプライム特典が使い放題になる

Amazon mastercardゴールドを使うメリットは、なんといってもAmazonプライム特典が使い放題になること!

年会費にAmazonプライム会員の料金3,900円(税込)が含まれているため、ゴールドカードの年会費としてはそこまで高くありません。

ちなみに、Amazonプライム会員になると以下のような特典がありますよ。

▼一覧にするとこんなにも特典があることがわかります。

Amazon mastercardゴールド プライム特典

Amazonプライム特典だけでもメリットが大きいですね。

Amazonのサービスをより生かしたいのであれば、プライム会員になったほうがいいですよ。

即時審査サービスがある

Amazonカードには、即時審査サービスがあります。
クラシックだけでなく、Amazon mastercardゴールドも対象になりますよ。

カード申し込みの際、必要事項を入力して3分ほどでAmazonテンポラリーカードという仮カードが発行されます。

▼Amazonカードの申し込みページで、「即時審査サービスで今すぐ申し込む」を押しましょう。

Amazon mastercardゴールド 即時審査サービス

Amazonテンポラリーカードの利用可能枠は30,000円ですが、発行してすぐに使えるのが魅力的です。
Amazon mastercardゴールドが届くまで仮カードとして使えますよ。

ちなみに、即時審査サービスの利用条件は以下の通り。

  • 申込者が20歳以上
  • 支払い口座をインターネットで手続きできる

また、受付時間は以下のようになっています。

9:00~19:00

Amazonテンポラリーカードの有効期限は、カード発効日の翌々月末日まで。
支払い回数は1回のみです。

空港ラウンジサービスが使える

福岡の空港ラウンジ

Amazon mastercardゴールドを持っていると、全国の空港ラウンジが無料で使えます。

空港ラウンジには以下のサービス・設備が揃っていますよ。

  • フリードリンク
  • フライトインフォメーション
  • 新聞・雑誌読み放題
  • テレビ

フライト前にゆっくり過ごしたいときにぴったりですね。

飛行機を使うことがあるなら空港ラウンジを利用してみるのもおすすめです。

旅行傷害保険にも対応している

Amazon mastercardゴールドは、旅行傷害保険にも対応しています。

クラシックにはついていないので、Amazon mastercardゴールドならではの特典ですね。

海外旅行傷害保険・国内旅行保険の両方に対応していますよ。

補償限度額は以下の通り。

海外旅行傷害保険の限度額について
保険の種類限度額
死亡・後遺障害5,000万円
治療費用300万円(1事故につき)
携行品損害50万円(自己負担:1事故につき3,000円)
賠償責任5,000万円(1事故につき)
救援者費用500万円(1事故につき)
国内旅行保険の限度額について
保険の種類限度額
死亡・後遺障害5,000万円
治療費用入院保険日額:5,000円
通院保険日額:2,000円
手術保険金:最高20万円

傷害死亡・後遺障害補償は、Amazon mastercardゴールドで旅費などを支払いしているかによって最高補償額が変わりますよ。

自動付帯は1,000万円までで、4,000万円は利用付帯です。

自動付帯の金額が心もとない感じなので、他にも年会費無料で自動付帯になるクレジットカードを持っておくとより安心だと思います。

エポスカードレックスカードがおすすめですよ。

Amazonポイントの還元率が高くなる

Amazon mastercardゴールドを使うと、Amazonポイントの還元率も高くなります。
Amazonでカードを使うときは、基本的に2.5%という還元率の高さですよ!

Amazon mastercardクラシックの場合は、会員によって還元率が変わりますが、ゴールドでは自動的にプライム会員になるので還元率は2.5%のまま。

たとえば、Amazonで10,000円買い物をした場合、250ポイントもらえる計算になりますね。
Amazon以外でも還元率は1%なので、普段使いもしやすいですよ。

普段からよくAmazonで買い物をしたり、プライム特典に興味があるのならAmazon mastercardゴールドを使ってみるのがおすすめです。

Apple Payにも対応している(iDで使える)

Amazon mastercardゴールドは、Apple Payにも対応しています。

Apple Payに設定しておけば、iDマークのあるお店でiPhoneやApple Watchを使って支払いができます。
カードを持ち歩かなくても支払いできるのがうれしいですね。

Amazon mastercardゴールドは普段使いでも1%ポイントが貯まるので、効率よくポイントを貯めたいならApple Payに登録しておくといいですよ。

ETCカードも追加できる

Amazon mastercardゴールドは、ETCカードを追加で申し込めます。
このあたりはクラシックと同じですね。

Amazon mastercardゴールドを発行するときに、ETCカードも一緒に申し込めます。

ETCカードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は540円です。
ただし、前年度に1回以上ETC利用分の請求があれば無料になりますよ。

よく高速道路を利用するのであれば、ETCカードをつけてもいいですね。
ETCカード単体では持てないので注意しましょう。

Amazon mastercardゴールドのデメリットについて

メリットも多いAmazon mastercardゴールドですが、人によってはデメリットに感じる部分もありますよね。

主に、デメリットになりそうな部分をまとめてみました。

  • Prime Studentの特典が使えなくなる
  • マイ・ペイすリボは手数料がかかる
  • 家族カードはない

ここからは、それぞれデメリットになりそうなところについて詳しく見ていきましょう。

Prime Studentの特典が使えなくなる

Amazon mastercardゴールドを発行すると、自動的にPrime Studentは退会になります。
これによりPrime Studentの特典は使えなくなるので注意しましょう。

たとえば、以下のような特典が利用できなくなります。

書籍の購入でAmazonポイント10%還元(コミック・雑誌以外)

ほかにも、Prime Student会員限定の特典やキャンペーンも対象外になりますよ。

Amazon mastercardゴールドを持ちたい場合は、Prime Studentの特典が使えなくなっても困らないか確認してからのほうがいいですね。

マイ・ペイすリボは手数料がかかる

Amazon mastercardゴールドでは、マイ・ペイすリボ設定をすることで2年目以降の年会費を5,400円(税込)割引にできます。

マイ・ペイすリボは、1回の支払いが自動的にリボ払いになるシステムのこと。
毎月の支払い額を自分で決めることができるので、無理なく支払える仕組みになっています。

ただ、マイ・ペイすリボはあくまでもリボ払い。
リボ払いの手数料として実質年率15.0%がかかってしまいます。

長い目で見たときに損をしてしまうので、あまりおすすめはできません。

ちなみに何も気にせずマイ・ペイすリボを使うようにした場合は損になりますが、仕組みを知っていると年会費だけ安くすることもできます。

マイ・ペイすリボを使うときは、毎月の支払額をAmazon mastercardゴールドの限度額と同じに設定しておきましょう!

そうすれば、リボ払いの手数料も0円になるため、年会費だけ節約できますよ。

家族カードはない

Amazon mastercardゴールドは、クラシックと同じく家族カードは作れません。

クレジットカードというと家族カードを作れるイメージがありますが、Amazonカードでは対応していないので気をつけましょう。

ただ、家族カードを持つメリットがあまりないので、別に作れなくてもそこまでデメリットには感じないと思いますよ。

スポンサーリンク

Amazon mastercardゴールドの締め日・引き落とし日はいつ?

Amazon mastercardゴールドを使ってみようかなと思ったとき、いつカードの引き落としがあるのかも気になるところですね。

また、いつからいつまでの利用分が支払い対象になるのかも知っておきたいところ。

Amazon mastercardゴールドの締め日と引き落とし日は以下の通り。

締め日と引き落とし日について
締め日引き落とし日
当月末日翌月26日

支払い日は翌月26日ですが、金融機関が休みの場合は翌営業日に引き落とされます。
たとえば、26日が日曜日だった場合、27日の月曜日に引き落としになりますよ。

締め日は月末と決まっているので、日曜日や祝日でも変更はありません。

支払い日当日に引き落とされなかった!ということがないように、事前に口座の残高を確認しておくと安心です。

Amazon mastercardゴールドの限度額について

ゴールドカードというと上限なく使えるイメージがあるかもしれませんが、Amazon mastercardゴールドにも限度額はあります。

それぞれの限度額は以下の通り。

利用枠ごとの限度額について
利用枠限度額
総利用枠50万円~200万円
カードショッピング利用枠50万円~200万円
リボ払い・分割払い利用枠50万円~200万円
キャッシング利用枠0円~50万円

総利用枠はカード利用者によって違いますが、最高200万円までです。

たとえば、カードショッピングで100万円使った場合、総利用枠が200万円ならリボ払い・分割払いできるのは残りの100万円になります。

20歳以上の学生の場合、カードショッピング利用枠は親権者の同意があると30万円、同意がない場合は10万円です。

また、マイ・ペイすリボの支払い額はリボ払い利用枠内であれば自由に設定できますよ。
限度額を超えての利用はできません。

Amazonカードの入会キャンペーンについて

Amazonカードでは、お得な入会キャンペーンも随時行われています。

たとえば、今は以下のようなキャンペーンがありますよ。

新規入会時に「マイ・ペイすリボ」同時申し込み+利用で2,000円分のAmazonポイントプレゼント

入会後2ヶ月末までに買い物で30,000円以上Amazonカードを使うと、2,000円分のAmazonポイントがもらえます。

ただ、マイ・ペイすリボに登録してしまうと、自動的に毎月の支払いがリボ払いになってしまうのであまりおすすめできません。

過去のキャンペーンを見ると、Amazonカードの新規発行でAmazonポイントが5,000ポイントもらえるキャンペーンもありました。

入会キャンペーンを使いたい場合は、キャンペーン内容をよく確認してから申し込むことをおすすめしますよ。

また、マイ・ペイすリボを使う場合は、毎月の支払額をカードの限度額と同じにしてくださいね。

Amazon mastercardゴールドの審査から到着までの流れ

Amazon mastercardゴールドを申し込もうと思ったとき、審査からカード到着するまでどれぐらいかかるのかも気になるところ。

▼大体、流れとしては以下のような感じになりますよ。

Amazon mastercardゴールド 審査から発行まで

  1. Amazon mastercardゴールドに申し込む
  2. 審査結果がメールで届く
  3. Amazonテンポラリーカードが発行される
  4. 簡易書留でAmazon mastercardゴールドが届く

Amazon mastercardゴールドはオンライン申込できるので便利ですね。
最短3営業日で発行されるので、約1週間で手元に届くイメージです。

主婦でもAmazon mastercardゴールドに申し込むことはできますが、安定した継続収入があることが条件になります。

年収というよりも、収入が安定しているかどうかを審査される感じですね。

Amazon mastercardゴールドとクラシックの違い

Amazon mastercardゴールドとクラシックは、結局どんな違いがあるのか気になりますよね。

それぞれのカードを比較してまとめてみました。

Amazon mastercardゴールドとクラシックの違いについて
Amazon mastercardゴールドAmazon mastercardクラシック
年会費10,800円(税込)初年度無料/2年目以降は1,350円(税込)
Amazon以外での還元率1.0%1.0%
Amazonでの最大還元率2.5%2.0%
入会資格満20歳以上満18歳以上(高校生を除く)
即時審査サービスありあり
旅行傷害保険ありなし

Amazon mastercardクラシックは、前年度に1回でもカードを使っていれば翌年の年会費が無料になります。

年会費の心配をしないで使いたいならAmazon mastercardクラシック、Amazonポイントの還元率をより高めたいならAmazon mastercardゴールドと使い分けできるのが魅力的ですね。

Amazon mastercardゴールドからクラシックに変更したいとき

Amazon mastercardゴールドを使っていたけど、クラシックに変更したくなることもあると思います。
カード切り替えをする際、どんな風に手続きすればいいのか気になりますよね。

Amazon mastercardゴールドからクラシックへ変更する場合は、書面で手続きします。

カード切り替えするときの流れは以下の通り。

  1. 三井住友カード会員サイトVpassへログインする
  2. 専用の切替え申込書を請求する
  3. 必要事項を記入して提出

インターネット上では、カード切り替えの手続きはできません。

大体、2~3週間ほどで手続きが完了します。
ただ、以前Amazonカードを持っていて再申し込みする場合は、新たに審査が必要です。

再申し込みしたいときは、Amazonカード入会案内デスクに連絡しましょう。

Amazonカード入会案内デスク 0120-714-505

受付時間は以下の通りです。(12/30~1/3はお休み)

  • 月曜日~金曜日 9:00~19:00
  • 土日祝 9:00~17:00

さいごに

Amazon mastercardゴールドについてまとめてみました。

  • 割引後の年会費は4,320円
  • プライム特典が使い放題になる
  • Amazonで使うとポイント還元率が最大2.5%
  • 旅行傷害保険にも対応している
  • 空港ラウンジサービスが無料になる

Amazon mastercardゴールドの通常年会費は10,800円かかりますが、割引条件を満たすと4,320円で使えるようになります。

プライム会員の年会費3,900円も含まれていると思えば、そこまで高くないゴールドカードですね。

Amazonを利用することが多い・Amazonポイントを効率よく貯めたい・旅行によく行くのであれば、Amazon mastercardゴールドを持っていると心強い存在になりますよ。

おまけ:クレジットカード選びに迷っている場合

クレジットカードを決めきれずに悩んでいる場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る