ライフカードのポイント交換は商品券がお得でおすすめな理由といつ届くかを紹介

松本 博樹の画像

ライフカードを使っていると、ライフサンクスポイントが貯まりますよね。

ライフカードで貯めたライフサンクスポイントは交換しないと意味がありません。

個人的にはライフサンクスポイントを商品券に交換するのがいいと思っています。

その理由は、高い還元率で貯めたポイントを実用的なものに交換できるからですね。

ライフサンクスポイントはいろいろな商品券に交換できますので、このページでそれぞれの商品券に交換するときのレートや、どれに交換するのがおすすめなのかについて紹介していきます。

ライフカードのポイントから交換できる商品券の一覧

まずは、ライフサンクスポイントから交換できる商品券の一覧を紹介しますね。

こうやって見るとたくさんの商品券に交換できますね!

ライフカードは、誕生月に使うとポイント3倍で還元率1.5%になりますので、そのときに一気にポイントを貯めることができます。

ポイント交換レートはAOYAMAギフトカードセットや三光マーケティングフーズお食事券がお得

ライフサンクスポイントは数多くの商品券に交換できますが、ほとんどが1ポイント5円のレートになります。

1,000ポイント貯めて5,000円分の商品券に交換する感じですね。

これでもレートがいいですが、より良くするのであれば、AOYAMAギフトカードセットや三光マーケティングフーズお食事券をおすすめします!

AOYAMAギフトカードセットだと1ポイント10円、三光マーケティングフーズお食事券だと1ポイント7円になりますよ。

それぞれ、誕生月だけでポイントを貯めたら還元率3%と還元率2.1%ですね。

AOYAMAギフトカードセット6,000円分に交換するときは、AOYAMAギフトカード3,000円+商品無料引換券3,000円の内訳になります。

洋服の青山で買い物するのならかなりお得ですよね!
使わなくてもヤフオクラクマで売ることもできます。

三光マーケティングフーズお食事券は、金の蔵や月の雫などで使えます。
もし利用機会が多いのなら価値がありますね。

JCBギフトカード・クオカード・Amazonギフト券が無難で便利

まずは、ポイント交換レートがいい商品券を紹介しましたが、使い道が難しく感じたかもしれません。

せっかくもらう商品券も使えなければ意味がありませんよね!

そう思うのであれば、やはり無難なところを選ぶのがいいです。
無難な商品券だと以下のものがありますね。

これらの商品券は、使えるお店がとても多いので、現金と同じような感覚で使えます。

そのため、現金を使わなくていい分だけ単純に節約になりますよ!

ライフカードを誕生月だけ使っていれば、これらの商品券も還元率1.5%で交換できるので悪くないレートです。

以前は最高で3.33%の還元率で交換できていたのですが、今でもお得はお得ですよ。

ちなみに交換するのに必要な1,000ポイントを誕生月だけで貯めるのであれば、334,000円以上使えばOKです。

ポイント有効期限は5年間あるため、1年あたり誕生月に66,800円以上使えば到達できます。

ライフカードのポイントをJCBギフトカードに交換してみた

というわけで、ライフカードで貯めたポイントを商品券に交換することにしました。

2014年にやったときの手順で、ポイント交換レートが今と違いますが、やり方はほとんど同じですよ。

▼ライフカードのポイント交換は、ネットショップのように欲しい特典をカゴに入れて決済する感じです。流れのまま進めていけば簡単に手続き完了できますよ。

ライフカードのポイント交換

▼確認画面で問題なければ、「確定する」ボタンを押しましょう。

ライフカード ポイント交換確認画面

▼完了画面はこちら。
JCBギフトカードは、届くまでに3〜4週間ほど時間が掛かるようです。

忘れた頃にうれしいプレゼントがあるような感じですね!

ライフカード ポイント交換完了

▼その後、無事にJCBギフトカードが届きましたよ。
2週間程度で届いたような感覚でした。

ライフカードでポイント交換してJCBギフトカードが届いた

さいごに

ライフカードでのポイント交換、以前よりはお得感は薄れてしまっているものの、ポイント交換方法によってはまだまだお得です。

基本的には誕生月にしか使わないカードだと思っていますので、そのときだけ使ってポイント還元率1.5%で使えるようにしていきましょう!

そうすれば、今回交換したようにJCBギフトカードなどをお得なレートで入手できてさらに節約につながりますよ。

参考:ライフカードを使ってポイントを貯めるにはこちらから

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール