JMBローソンPontaカードVisaのメリット・デメリット・ポイントの使い方まとめ nanaco・楽天Edyにクレジットチャージできる

スポンサーリンク

以前、Pontaポイントが貯まるお店・使える店を紹介しました。

Pontaポイントはあらゆるところで共通利用できるのが最大の特徴で、大きなメリットですよね。

普段からPontaポイントに集約させている方にとっては、よりPontaポイントが貯めやすくなるクレジットカード「JMBローソンPontaカードVisa」があります。

JMBローソンPontaカードVisaの特徴と使い方

今は、プリペイドカードの「おさいふPonta」もありますね。
比較して検討されたい方は、以下のページも合わせてどうぞ。

ローソンで使うクレジットカードを検討されているのならこちらも要チェックです!

JMBローソンPontaカードVisaの特徴

JMBローソンPontaカードVisaは、名前の通りローソンで使うとよりお得になるクレジットカードです。

名前の通り、VISAブランドですね。
全国のVISA加盟店でクレジットカードを使った決済ができます。

貯めたポイントはすべてPontaポイントになりますので、ポイントをどう使うかを考える必要はありません。

VISA加盟店でJMBローソンPontaカードVisaを使った場合、1,000円ごとに5ポイント貯まります。基本ポイント還元率は0.5%ですね。

還元率はそれほど高くないので、ローソン専用のカードとして使うのがおすすめ!

メインカードはポイントが貯まりやすいのを使うのがいいですよ。

ローソンだと還元率2%にできる

ローソンでJMBローソンPontaカードVisaを使った場合は0.5%の還元率ではありません。

ローソンではJMBローソンPontaカードVisaを持っているだけで、どんどんPontaポイントが貯まります。

というのも、ローソンで現金払いする時にJMBローソンPontaカードVisaを提示するだけで税抜100円につき1ポイント貯まります。

これで、カードを使わずとも約1%の還元率ですね。

ローソンでJMBローソンPontaカードVisa決済した場合は、税抜100円につき2ポイント貯まります。これで約2%の還元率になります。

ローソンでの買い物に限ってですが、かなりお得になりますよ。

他にも、ローソンのお得な活用術を紹介していますので、よく使う方は以下のページも必見です!

ローソンでカードを使うとJALマイルも貯まる

ローソンでお得になるのは、ポイント還元率が約2%になることだけではありません。

Pontaポイントが税抜100円ごとに2ポイント貯まるだけでなく、税込200円ごとに1JALマイル貯まります。

JALマイルは、1ヶ月間のローソン・ローソンストア100での買い物額の合計に対してマイルが付与されるので、Pontaのように取りこぼしは少なくなります。

月に10,000円ローソンを使ったとしたら、50マイル貯まる計算ですね。

コンビニを使いすぎるのはそもそもお得とはいえないですが、どうせ使うのであれば、JALマイルも貯まるようにしておきましょう。

2016年2月29日以前にカードを持っている場合は、Netアンサーからエントリーする手続きが必要ですので気をつけてくださいね。

今から申込する分には、面倒な手続きは不要です。

JALマイルを貯める方法は、以下のページが詳しいですよ。

年会費永久無料

JMBローソンPontaカードVisaは年会費が無料です。年間100万円使おうが、1円も使わずに放置していようが年会費は無料です。

上で紹介したようにローソンではカードを提示するだけで100円ごとに1ポイント貯まります。

カード決済しなくてもPontaポイントが貯まるのはうれしいですね。

nanacoカードへのチャージでポイント貯まる

JMBローソンPontaカードVisaのいいところは、電子マネーのnanacoカードへのクレジットカードチャージでポイントがしっかり貯まることです。

nanacoカードに10,000円チャージしたら50Pontaポイントが貯まりますよ。

nanacoカードへのクレジットカードチャージでポイントが付くカードは少ないので、JMBローソンPontaカードVisaは、その点貴重なカードといえますね。

nanacoカード

nanacoカード1枚に対して1ヶ月で20万円までしかチャージできないので、それ以上使う方は、もう1枚nanacoカードを作ってサブカードとして使うのもアリです。

nanacoカードを作る時は8が付く日にすると、無料で作れます。
普段は300円かかるので注意!

nanacoカードにクレジットカードチャージする最大のメリットは、税金支払いに使えることです。

税金を0.5%浮かせたい方は、nanacoカードとJMBローソンPontaカードVisaを併用しましょう。

他にもnanacoカードにクレジットカードチャージできるカードもあります。以下のページでまとめていますので、合わせて参考に。

楽天Edyチャージでポイント貯まる

もう1つ、JMBローソンPontaカードVisaでは、楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まります。

楽天Edyは、使う時に200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まる仕組みです。

楽天Edyを使うだけで0.5%お得なのに、楽天Edyへのチャージでも0.5%のPontaポイントが付くので、合計で1%お得になりますよ。

  • 楽天Edyへのクレジットカードチャージ:Pontaポイント0.5%(1,000円ごとに5ポイント)
  • 楽天Edyをお店で利用:楽天スーパーポイント:0.5%(200円ごとに1ポイント)

楽天Edyを使う方は、クレジットカードチャージでポイントが貯まる、JMBローソンPontaカードVisaを持つ価値があります。

汎用性の高いPontaポイントに交換できる

JMBローソンPontaカードVisaを使って貯めたポイントはすべてPontaポイントになります。

Pontaポイントは使えるところが多く、汎用性があるのが最大のメリットです。

生活圏内にPontaポイントが使える場所が多い方は、カードで貯めたポイントを使って、生活費を安くすることができますよ。

貯めたPontaポイントは、ローソンでお試し引換券に交換がおすすめ

カードを使って貯めたPontaポイントは、ローソンで使うことをおすすめします。
その理由は、お試し引換券が使えるからです。

JMBローソンPontaカードVisaは、ポイント還元率が0.5%とそれほど高くなく、普通のカードです。

でも、お試し引換券を使うと、還元率を2倍3倍にすることも十分可能です。

例えば、ローソンで100円で売っている商品が、お試し引換券を使うことで、Pontaポイント50円分で手に入れることができます。

こんな感じで、普通ではあり得ない値段でローソンの商品を手に入ります。
節約への貢献度は絶大ですので、ぜひ試してみてください。

私がお試し引換券を使ってみた時の話は、以下のページでまとめています。

使ってみて、これはオイシイ仕組みだと思いましたよ!

リクルートポイントとPontaポイントを等価交換できる

JMBローソンPontaカードVisaで貯めたPontaポイントは、リクルートポイントに等価交換できます。じゃらんやポンパレなどで使えるポイントです。

リクルート系のサービスをよく使われる方は、Pontaポイントを貯めるとよりお得です。

JMBローソンPontaカードVisaと相性のいいカードにリクルートカードがあります。

合わせてリクルートカードを使っていくと、リクルートポイントがどんどん貯まります。

リクルートポイントをPontaポイントに交換して、上で紹介したお試し引換券に交換すると、食費やお酒代の節約になりますよ。

このテクニックを使うと、還元率3〜5%も夢ではありません!

JALマイルに交換できる

JMBローソンPontaカードVisaで貯めたPontaポイントは、JALマイルと交換できます。

交換レートは2Pontaポイント=1JALマイルです。
Pontaは使わないけど、JALマイルは使っているという方に便利になりますよ。

PontaをJALマイルに交換

リクルートカードでポイントを貯めて、JALマイルに交換する裏ワザも

PontaポイントがJALマイルに交換できるということで、少しひねって考えるとこんな裏技が使えます。

  1. リクルートポイント → Pontaポイント
  2. Pontaポイント → JALマイル

普段の生活ではリクルートカードを使ってリクルートポイントを貯めます。

そこで貯めたリクルートポイントをPontaポイントに交換して、さらにJMBローソンPontaカードVisaを経由して、PontaポイントをJALマイルに交換することができるんですよね。

リクルートカードはポイント還元率が高いので、普段はそちらを使って、JMBローソンPontaカードVisaはJALマイルに交換できる恩恵だけを利用するという考え方。

JALマイルを貯めてて、よく飛行機に乗る方はこの方法を使うことをおすすめします!

デメリット:ポイント還元率は低い

年会費が無料で、nanacoカード・楽天Edyへのチャージができるのは素晴らしいメリットです。

ただ1つだけデメリットがあります。
上でも説明しましたが、1,000円につき5ポイントしか貯まりません。
つまり、ポイント還元率が0.5%しかないんですね。

カードによっては2%のものもある中、還元率の低さが残念なところ。
これが1%になるだけでもかなり使えるカードなんですけどね。

Pontaポイントが無駄にならない点、年会費無料、電子マネーへのチャージが素晴らしすぎるだけにポイント還元率をせめて1%にして欲しかったところです。

ただ、このデメリットを解消する方法があります!

普段はリクルートカードを使い、ローソンでの買い物の時だけJMBローソンPontaカードVisaにすれば、Pontaポイントを高還元率で貯められますよ。

まとめ:サブカードに使うのがいい

最後に、JMBローソンPontaカードVisaを持った方がいい方をまとめてみました。

以下の条件に1つ以上当てはまっているなら検討する価値があります。

  • 楽天Edyを使っている方
  • 税金の支払いを安くしたい方
  • ローソンの利用が多い方
  • Pontaポイントをよく使う方

JMBローソンPontaカードVisaは、サブカードとして間接的に利用するのがいいと思います。

ローソンでの買い物とお試し引換券が便利です。

基本ポイント還元率は低くとも、他のカードにはない特徴があるので、サブカードとして使うとより節約できますよ。

楽天Edyへのクレジットカードチャージができるのは素晴らしいです!

年会費無料なのも素敵ですね。

▼JMBローソンPontaカードVisaの詳細ページはこちら▼

他にローソンでお得なカードを探しているのであれば、以下のページもおすすめです。

おまけ:決めきれず、カード探しをしている方へ

クレジットカードってとにかく多いし、どれがいいのか迷いますよね。
長く使うものになるので、できる限りいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る