また失敗した…。衝動買いの買い物でついついお金をムダ使いしてしまう方が使える対策方法

スポンサーリンク

買い物、好きですか?

ついつい、いろいろ買いすぎてしまって、お金がなくなってしまい、あとで後悔することもあるのでは?

節約家の私でさえ、つい買ってしまって要らなかったことがあります。

そんな中でどうすればいいのでしょうか・・・?

このページでは、買い物でお金を使い過ぎてしまっている方ができる改善策を紹介していきますので、少しでも支出を減らせるきっかけになれば幸いです。

買い物でムダ使いしないための対策方法

なぜ買いすぎてしまうのかを考える

そもそも、なぜ買い物しすぎてしまうのでしょうか?

その理由をしっかり考えてみることがムダ使い防止のための第一歩だと思います。

ついつい買ってしまうのって、計画性がないという理由が一番大きいように思うのですが、どうでしょう。

自分の考えをしっかりと持っていて、今日使えるお金は〜円までと決めておくことで、衝動的な買い物は防ぎやすくなりますよね。

お出かけする日であれば、1日20,000円以上は絶対に使わないようにする、という感じで決めておけば、衝動買いしたとしても自分で決めた限度額以上は払わずに済ませれそうです。

その買い物、本当に必要ですか?

私が最もおすすめする方法は、欲しいな、と思ったタイミングで以下のように考えることです。

この商品(サービス)、本当に自分にとって必要かな?

  • 生きていくために必要?
  • 将来への投資になって支出額以上の価値がある?
  • ストレス解消だけのためではない?

時間をとって考える必要はないと思いますが、いろいろと自分の中で判断基準を作っておくことで、ついつい衝動買いすることを防げるのではないでしょうか。

私の場合は、お金を使う時の基準は以下の2つしかありません。

  • 生きていくために必要かどうか
  • 将来への投資になるかどうか

自分自身が生活もままならないかもしれないという危機感があった時代を乗り越えているので、生きるために必要かどうか、という単純な判断ができます。

あとは、自分がフリーランス・経営者なので、使ったお金以上の価値があるかどうかを無意識で判断しますね〜。

自分の収入をざっくり把握しておこう

いくらお金を使う判断基準を身に付けたとしても、普段使えるお金を把握しておかないことには意味がありません。

自分の収入がいくらあるのかを把握しておかないと、そもそもお金を使えないですよね。

もし、自分の収入を把握せずにお金を使っているのなら、それはお金が足りなくなるもの当たり前の話です。

会社員の方であれば、給与明細がもらえますよね。
自分の手取り額がいくらなのかは給与明細を見れば分かりますので、ちゃんと把握しておきましょう。

そこから毎月出ていく固定費がいろいろあると思いますので、その金額もざっくりと知っておけば、自分が自由に使えるお金が分かりますよね。

そこまで認識できていれば、ムダ使いしてしまうことはありません。

「収入ー支出」がマイナスになると赤字になります

当たり前ですが、収入よりも支出が多くなってしまうと1ヶ月の収支がマイナスになってしまいます。

この大原則はイレギュラーなことがない限りは守るようにしましょう。

出ないと、毎月赤字になってしまうので、これこそは買い物したかったモノが買えなくなってしまう事態になりかねません・・・。

本当に欲しいものが何の迷いもなく買えるようにするためにも、必要かどうか迷うモノは買わないようにして、その分をつもり貯金するなどして、貯めておくのもいいと思います。

貯金のテクニックは以下のページで紹介していますので、合わせて参考にしてくださいね。

自分が浪費家と認識しているなら、あえてお金を使えないような環境を作っておくのも一つの手ですよ。

さいごに:結局は自分の気持ちをコントロールできるかどうか

ついつい買い物してしまうのを避けるためには、結局のところ、自分の買い物したい気持ちをどうコントロールするかに尽きます。

あ〜失敗したな、だけで終わらせてしまっていると、いつまでたっても改善するのは難しいでしょう。

後悔してるからこそ、次は失敗しない!

そう思うようにして、そのためにはどうすればいいのか、というのを考えるようにすれば、少しずつでも自分の気持ちをコントロールできるようになりますよ。

おまけ:要らないものがあるなら売ってしまおう

ここからはおまけになりますが、もし衝動買いでいらないモノを買ってしまった時は、リサイクルショップに持って行って買い取ってもらうとかすれば、少しは戻ってきます。

気持ち的にちょっとうれしいですよね。

また、ネットでは買取サイトなどありますので、家から一歩も出ずに引き取ってもらえますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る