PayPayをクレジットカード支払して還元率を高める方法を徹底解説!Kyash併用するときの注意点も

スポンサーリンク

こんにちは!
PayPayの使いやすさに感動している、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

PayPay(ペイペイ)は、登録を済ませてスマホアプリ内のバーコードを読み取ってもらうか、お店のバーコードをアプリから読み取るだけで支払いが完了するとても便利な支払いのサービスですよ。

支払ったときは、かわいい効果音で「ぺいぺい♪」と鳴るのも微笑ましいです。

そんなPayPayの支払いはどうやるのが一番いいかというと、クレジットカードになります。

あらかじめチャージして使うなどの方法もありますが、このページではクレジットカードで支払うときに一番お得になる方法を紹介していきますね。

PayPayのクレジットカード払いで還元率を上げる方法

PayPayで支払う方法

▼一部、情報が古くなっていますが、こちらのマンガでPayPayの仕組みをイラストで理解できるようになっています。

まず、PayPayで支払う方法を改めて紹介しておきますね。
これから初めてPayPayを使うときにどうやって支払えばいいのかイメージしにくいかもしれません。

最初にやることは、PayPayのアプリを入れることです。

アプリを入れたら、まずは左上のメニューから「支払い方法の設定」→「クレジットカードを追加」で支払い用のクレジットカードを登録しましょう。

どのクレジットカードがいいかはあとで詳しく紹介しますね!

クレジットカードの登録ができたら、PayPayの残高がなくても支払いできます。

▼PayPayアプリを開くと、以下のような画面になっていますよね。
そこにあるバーコードをレジで店員さんに読み取ってもらえば支払い完了します!

PayPayアプリを開いたときの画面

▼逆に店員さんから、お店側のPayPayバーコードを出された場合はスキャンすれば支払い完了できますよ。

初めて使ったときの飲食店では、このタイプの支払い方でした。
アプリを開いたときの下にある「スキャン支払い」を選べば以下の画面になります。

PayPayアプリ スキャンでの支払い

▼アプリを開いたときの下にある「コード支払い」を選ぶと以下の画面になりますよ。
こちらでも支払いできます。

PayPayアプリ バーコード読み取りでの支払い

PayPay残高0円でも支払いできる

PayPayで最初に支払うときは、PayPayに残高がないと使えないのではないかと不安になるかと思います。

私もそうでした。
でも、残高がなくてもクレジットカードを登録しておけば問題なく支払いできますよ。

PayPayで支払うときの詳しい流れは以下の通り。

PayPay残高から支払い

Yahoo!マネーから支払い

メインのクレジットカードから支払い

まずは、PayPay残高から優先して支払われます。
もしPayPay残高がなければ、次はYahoo!マネーの残高があるか確認して、あれば支払いますよ。

Yahoo!マネーの残高もなければ、登録しているクレジットカードから支払われます。

つまり、PayPay残高もYahoo!マネー残高も両方なければクレジットカードから支払われるという流れです。

先にクレジットカードさえ登録しておけば、わざわざPayPayにチャージすることさえしなくて大丈夫ですよ!

PayPayのチャージや支払いに対応しているクレジットカード

ここからは、PayPayの支払いに使えるクレジットカードを紹介していきますね。

基本的にはVISAかMasterCardしか登録できませんが、Yahoo! JAPANカードであればJCBブランドでも登録できますよ。

これらの選択肢からどのクレジットカードを登録すればいいのかと迷うかもしれませんが、支払いで使うことを考えるのなら、還元率が高いカードを使うのが最もおすすめです!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

PayPayの支払いでは、基本的に0.5%が戻ってくるため、それに加えてクレジットカードの還元率分がお得になるイメージですよ。

では、おすすめのクレジットカードをいくつか紹介しましょう!

これらのカードはすべて還元率が1%以上のものです。
ポイントの使い勝手がそれぞれ違うので、普段使っているものにあわせるのがいいですよ。

既に持っているクレジットカードでVISAかMasterCardブランドがあるのなら、それを登録するのが一番いいです。

もしこれらのクレジットカードを持ってなくて、PayPay用に新たに作るのであれば、楽天カードOrico Card THE POINTYahoo! JAPANカードがおすすめ。

Orico Card THE POINTだと、入会から6ヶ月間はポイント2倍になるため、ポイント還元率が2%になります。

PayPayを使うと、最低でも2.5%になりますよ。

楽天カードやYahoo! JAPANカードは入会特典でたくさん楽天スーパーポイントTポイントがもらえる点でおすすめです。

例えば、条件を満たせば5,000円分のポイントがもらえるので、PayPayとは違うところでもお得ですよね!

参考:楽天カードを作るにはこちらから
参考:Yahoo! JAPANカードを作るにはこちらから

PayPay残高にチャージするならYahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)

クレジットカードからPayPay残高にチャージするのであれば、Yahoo! JAPANカード一択になります。

その理由は、クレジットカードからPayPay残高にチャージしたときにカードのポイントが貯まる唯一のクレジットカードだからです。

あらかじめPayPay残高にお金がある状態で使って、安心しておきたいという場合はこの方法を使うのがおすすめですよ!

参考:Yahoo! JAPANカードを作るにはこちらから

Kyashを使える場合は使ったほうが還元率が高くなる

Kyashリアルカード

ここまでは、PayPayにどのクレジットカードを登録するのがおすすめなのかを紹介してきましたが、実はもっとお得な方法があります。

PayPayでは、還元率2%で知られているプリペイドカードのKyash(キャッシュ)を登録することもできますよ。

私はKyashを登録しています。

Kyashもクレジットカードと紐付けて使うことができ、PayPayと同じようにVISAとMasterCardブランドのクレジットカードを登録できますよ。

先ほど紹介したクレジットカードをKyashに紐付けておけば、クレジットカードの還元率に加えてKyashの還元率がプラスされるので、少なくとも還元率3%になります。

これはめちゃくちゃお得ですよね!

Kyash自体もチャージ不要で使えて、残高がなければ紐付けているクレジットカードから支払う仕組みになっているため、PayPayとKyashどちらも残高0円でも使えます。

ただし、Kyashを使うときに気をつけたいのが、本人認証ができないところ。
PayPayは本人認証できていないカードの場合は、30日間で5,000円までしか使えないため、Kyashを使いまくるということはできません。

以前はもう少し使えましたが、上限が下がってしまいましたね。

さいごに

このように、PayPayを使って買い物することで支払い自体の手間も省ける上に結果的にクレジットカード払いになっていて、ポイントなどでの還元も大きくなります。

PayPayは100億円プレゼントキャンペーンが魅力的ですが、キャンペーン終了後も使い方次第では、最低でも3.5%の還元率で使うことができるのもうれしいですね!

まだ使える店は多くありませんが、これから少しずつ増えていくと思うので楽しみです。

PayPayを使うなら、まずはクレジットカードを作って登録しておきましょう!

参考:Yahoo! JAPANカードを作るにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る