楽天カードで3Dセキュア設定する方法・登録して使うときの流れ・認証できないときの対処法まとめ

スポンサーリンク

楽天カードでオンラインショッピングをする場合、3Dセキュア設定をしておかないと決済できないことがあります。

そんな3Dセキュアですが、慣れないうちはどうやって設定すればいいのかわかりづらい部分もありますよね。
3Dセキュア登録することによるメリットも気になるところです。

このページでは、楽天カードで3Dセキュア設定する方法や、登録して使うときの流れについて詳しく紹介していきますね。

楽天カードについては、以下のページで詳しく紹介しています。

楽天カードで3Dセキュア設定する方法・使うときの流れ・対処法まとめ

3Dセキュアとは?

そもそも3Dセキュアがなんなのかわからない場合もありますよね。

3Dセキュアは、簡単にいうと本人認証サービスのことです。

あらかじめ3Dセキュア登録しておけば、オンラインショッピングのカード決済時にパスワードを入力する形になります。

本人しか知らないはずのパスワードを入力して決済するので、防犯面でも安心ですね。
第三者によるカード不正利用やなりすましを防ぐことにつながりますよ。

安心してクレジットカードを使うためにも、楽天カードが手元に届いたら早めに3Dセキュア登録しておきましょう。

カードブランドによって名称が異なります

3Dセキュアは本人認証サービスのことですが、楽天カードの国際ブランドによっては違う名称でも呼ばれます。

国際ブランドごとの名称は以下の通り。

  • VISA:VISA認証サービス
  • JCB:J/Secure
  • MasterCard:Mastercard SecureCode
  • AMEX:American Express SafeKey

名前は異なりますが、どれも3Dセキュアのことなので安心してくださいね。

国際ブランドが違うからといって、本人認証サービスが使えないなんてことはありません。

楽天カードで3Dセキュア登録する方法

楽天カードで3Dセキュア登録したいなと思ったとき、どうやって設定すればいいのかわかりづらい部分もありますよね。
何からはじめればいいのか悩んでしまうと思います。

楽天カードで3Dセキュア登録するときの流れは以下の通り。

  1. 楽天e-NAVIにログインする
  2. 「お客様情報の照会・変更」から「安心サービス」を選ぶ
  3. 「本人認証サービスの登録・変更」を選ぶ
  4. 「パスワードを登録する」を押す

▼すでに3Dセキュア設定されている場合は、「現在、本人認証サービスにご登録いただいております。」と表示されます。

楽天e-NAVI 本人認証サービスに登録している場合

パスワードには、4桁から20桁までの半角英数記号が使えますよ。
生年月日などわかりやすいものは避けつつ、自分が覚えやすいパスワードを登録しましょう。

ただパスワードを登録するだけで、3Dセキュア設定は完了です。
もちろん、3Dセキュア設定しても登録料や利用手数料はかかりません。

楽天e-NAVIで登録してすぐに、本人認証サービスが使えるようになりますよ。

ちなみに3Dセキュアの設定は、通常の楽天カードだけでなく、楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード楽天PINKカードなどでも同じようなやり方で大丈夫です。

本人認証パスワードを使うときの流れ

楽天カードで3Dセキュア登録しておくと、オンラインショッピングや加盟店でカード決済するときに本人認証パスワードが求められます。

あらかじめ、どうやって決済するのか流れを知っておけばスムーズに利用できますよ。

本人認証パスワードを使って支払うときの流れは以下の通り。

  1. オンラインショッピングで買い物をする
  2. 支払い方法でクレジットカード(楽天カード)を選ぶ
  3. クレジットカード番号・有効期限などを入力
  4. 本人認証パスワードを入力
  5. 支払い完了

▼楽天カードで3Dセキュアしておくとこのような画面が表示されます。本人認証パスワードを入力して「送信」を押しましょう。

本人認証のパスワードを入力

ちなみに、3Dセキュアに対応していないお店では通常のカード決済になります。
通常のカード決済をする場合は、パスワードを入力しなくても大丈夫です。

家族カードも3Dセキュア登録できます

楽天カードの家族カードを持っている場合も、3Dセキュアに登録できますよ。
ただ、本カード会員が家族カードの分も3Dセキュア登録するということはできません。

3Dセキュア登録する場合は、家族カードを使う本人が楽天e-NAVIから設定しましょう。

家族カードで3Dセキュア登録する流れは以下の通り。

  1. 家族会員が楽天e-NAVIに登録する
  2. 楽天e-NAVIにログイン
  3. 「お客様情報の照会・変更」から「安心サービス」を選ぶ
  4. 「本人認証サービスの登録・変更」を選ぶ
  5. 「パスワードを登録する」を押す

流れとしては、本カード会員が登録するときと同じです。

3Dセキュアのパスワードを忘れてしまった場合は?

楽天カードで3Dセキュア設定したものの、登録したパスワードを忘れてしまうこともあるかもしれません。

もしパスワードを忘れてしまった場合、確認することはできるのか心配になりますよね。

実は、すでに設定済みの3Dセキュアのパスワードは確認することができません。
忘れてしまった場合は、新しいパスワードを登録しなおす必要がありますよ。

▼楽天e-NAVIの本人認証サービスの登録・変更画面で、「パスワードを変更する」を押します。

楽天e-NAVI 本人認証サービス パスワードを変更する

▼新しいパスワード・楽天カードのセキュリティコードを入力して、「確認画面へ」を押して新しいパスワードを登録しましょう。

楽天e-NAVI 本人認証サービス 新しいパスワードを入力

登録したパスワードはすぐに反映されますよ。

また、以下の場合もパスワードを設定しなおす必要があります。

  • 楽天カードを再発行した場合
  • カード切り替えをした場合

当てはまる場合は、新しいカードで再度パスワードを設定し、3Dセキュア登録しておきましょう。

楽天カードで本人認証できないときの対処法

楽天カードを利用して本人認証の画面でパスワードを入力したのに、エラーになってしまうこともあるかもしれません。

決済に失敗してしまったり、本人認証できないと焦ってしまいますよね。
あらかじめ原因になりそうなことを知っておけば、いざというときも対処しやすいですよ。

本人認証できないときの理由としては、パスワードの入力を間違えてしまった可能性が高いですね。
正しいパスワードを入力しないと本人認証できないので注意しましょう。

また、本人認証パスワードは以下のパスワードや暗証番号とは別物です。

  • 4桁の暗証番号
  • 楽天e-NAVIのログインパスワード
  • 楽天e-NAVIの第2パスワード
  • 楽天カードのセキュリティコード

間違えて入力してしまわないように気をつけてくださいね。

さいごに

楽天カードで3Dセキュア登録する方法についてまとめてみました。

  • 3Dセキュア登録は楽天e-NAVIからできる
  • 登録料・利用手数料は無料
  • 家族カードも3Dセキュア登録できる
  • パスワードを忘れた場合は再設定する

楽天e-NAVIから手続きできるので、3Dセキュア設定のやり方は簡単ですね。
一度設定しておけば、対応している加盟店で支払うときに本人認証が行われますよ。

楽天カードを安心して使うためにも、3Dセキュア設定しておくことをおすすめします。

おまけ:楽天カードに関連した記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る