PayPayで楽天カードを使う方法と楽天スーパーポイントを貯める方法・登録できないときの対処法まとめ

スポンサーリンク

PayPayを使うと、現金やクレジットカードを持っていなくてもスマートフォンだけで支払いができます。

アプリをダウンロードしてチャージすれば、すぐ支払いに使うことができますよ。
そんなPayPayでは、クレジットカードを登録することでも支払えます。

私は楽天カードをよく使うので、PayPayに楽天カードを登録したいなと思っていました。

せっかくなら、ちゃんとポイントも貯まって使いやすいクレジットカードをPayPayに登録したいですよね。

このページでは、PayPayで楽天カードを使う方法や、楽天スーパーポイントを貯める方法などについて詳しく紹介していきます。

PayPayで楽天カードを使う方法・ポイントの貯め方

楽天カードからPayPayにチャージはできません

PayPayで支払うためには、PayPayの残高にチャージする方法もあります。

しかし、楽天カードからPayPayの残高にチャージすることはできないんですよね…。

PayPayの残高にチャージできるクレジットカードはYahoo! JAPANカードだけとなっています。

だからといって、PayPayで楽天カードが使えないというわけではないので、それは心配しないでくださいね。

PayPayに楽天カードを登録しておくと、カード払いでPayPayが使えますよ。

PayPayに楽天カードを登録する手順

PayPayでは、支払うときのクレジットカードを登録できます。
もちろん楽天カードを登録することもできますよ。

ただし、登録できる楽天カードはVISAMasterCardブランドだけとなっています。

YOSHIKIデザインイニエスタデザインの楽天カードも登録できますよ!

JCBブランドの楽天カードは登録できないので注意してください。

前置きはこれぐらいにして、これからPayPayに楽天カードを登録する手順について説明していきますね。

▼まずは、PayPayのアプリを開いて「カード追加」をタップしてください。

PayPayにクレジットカードを登録する流れ

▼クレジットカードの追加画面になったら、カード番号・有効期限・セキュリティコードを入力しましょう。

PayPay クレジットカード情報を入力

▼カメラマークを押すと、カード情報を読み取ることも可能ですよ。
枠内にカードを入れると、自動でカード情報が読み取られるので便利です。

PayPay クレジットカード情報 カメラで読み取り

▼カード情報を入力したら、画面下にある「追加する」ボタンを押しましょう。

PayPay クレジットカード 追加する

▼クレジットカード会社の認証ページに移ります。
あらかじめ、本人認証サービスの利用設定とパスワードの登録をしておいてくださいね。

参考:楽天カードで3Dセキュア設定する方法

認証ページでパスワードを入力したら、「送信」を押してください。

PayPay クレジットカード認証

▼「クレジットカードを追加しました!」というメッセージが出たらOKです。

PayPay クレジットカード追加完了

これでPayPayに楽天カードが登録されましたね。

あとはPayPayで支払いをするたび、クレジットカードから利用分が引き落としになります。
楽天カードを登録しておけば、PayPayにチャージする手間がなくなるので便利ですね。

残高を確認しなくてよくなるので、変なエラーが出ることも防げますよ。

PayPay&楽天カードの還元率は1.5%。楽天スーパーポイントも貯まる

楽天カードを使って支払うと、楽天スーパーポイントが貯まります。

そこで気になるのが、「PayPayで楽天カードを使ってもポイントが貯まるのか?」という部分ですよね。

PayPayに残高チャージするときにポイントは貯まりませんが、楽天カードを登録したPayPayで決済すると楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントの還元率は1%なので、使い勝手はいいですね。
ポイントだけでなく、支払い額の0.5%分のPayPay残高も貯まりますよ。

詳しい還元率は以下の通り。

カード利用分の1%(楽天スーパーポイント) + PayPay支払い分0.5%(PayPay残高) = 1.5%

悪くない還元率ですが、PayPay残高で支払うと、PayPay支払い分の還元率が3%になるので、この時点で負けていますよね…。

PayPay自体の還元率を高めたいのであれば、普通にPayPayにチャージするほうがお得です。

とはいえ、PayPay自体にチャージするのが面倒という場合は、楽天カードを登録して使っていけば、PayPayを使うごとにしっかり楽天スーパーポイントは貯まっていきますよ!

利用できる上限金額について

PayPayで楽天カードを使う場合、いくらまで支払えるのか上限金額についても気になりますよね。

支払い時の上限金額は、本人認証してあるかどうかで変わってきます。

上限金額は以下の通り。

PayPayで利用できる上限金額について
本人認証の有無上限金額
本人認証済み5万円(過去30日間)
本人認証済み2万円(過去24時間)
本人認証していない5,000円(過去30日間)
本人認証していない5,000円(過去24時間)

本人認証をしているかどうかで、利用できる金額がだいぶ違ってきますね。

月5,000円以内しか使わないのであれば、プリペイドカードのKyashを使うのもおすすめです。
Kyashに楽天カードを紐づけておけば、合計の還元率を3.5%にできますよ。

ちなみに、PayPayでクレジットカードの本人認証サービス(3Dセキュア)に登録する手順は以下の通り。

  1. クレジットカード会社で本人認証サービスの利用設定・パスワードを事前登録する
  2. PayPayでクレジットカードの本人認証手続きをする

複数のクレジットカードを登録している場合は、各クレジットカードを合計した上での上限金額になります。

上限金額を超えての支払いはできません。

PayPayで楽天カードが使えないときの対処法

PayPayで楽天カードを使おうと思ったのに、なぜか使えないこともあるかもしれません。

原因になりそうなことを知っておけば、いざというときに対処しやすいですよ。

主に、原因となりそうな部分は以下の通り。

  • 国際ブランドがPayPayに対応していない
  • 楽天カードの限度額を超えている
  • PayPayで支払える上限金額を超えている

PayPayに登録できるのは、VISA・MasterCardブランドのみです。
JCBやAMEXブランドの楽天カードは登録できません。

また、楽天カードの限度額やPayPayの上限金額を超えての決済もできないので注意しましょう。

PayPayで上限金額を気にせず使いたい場合は、本人認証サービスの登録をしておいてくださいね。

さいごに

PayPayで楽天カードを使う方法についてまとめてみました。

  • PayPayに登録できるのはVISA・MasterCardブランドのみ
  • 本人認証サービスに登録して使うのがおすすめ
  • チャージではなくクレジットカードから引き落としになる
  • 楽天カードの登録で楽天スーパーポイントも貯まる

楽天カードを登録しておけば、いちいちチャージする手間なくPayPayが使えるので便利ですね。

カードの国際ブランドにだけ注意して、PayPayに登録してみてください。

普段から楽天カードを使っていれば、わざわざ別のクレジットカードを作ることなくPayPayを使えますよ!

PayPay利用時の還元率は1.5%となって、PayPay残高で支払うときと比べると低いですが、わざわざPayPayにチャージする手間がないメリットもあります。

また、これを機会に楽天カードを作ってみようと思ったのであれば、入会キャンペーンで最大で5,0008,000ポイントもらえますよ!

参考:楽天カードを作るにはこちらから

PayPayでクレジットカードを使うなら、PayPay残高にチャージするときにチャージ分の支払いに対してポイントが唯一貯まるYahoo! JAPANカードもおすすめです!

これからPayPayを使い始めるのであれば、まずはアプリをインストールしておきましょう!

参考:iOS専用のPayPayアプリはこちら
参考:Android専用のPayPayアプリはこちら

おまけ:PayPayに関連した記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る