KyashのVISAカードのチャージで還元率を3%以上にするお得な使い方とメリット・デメリットまとめ

スポンサーリンク

ウォレットアプリのKyash(キャッシュ)では、Kyash Visaカードを登録することによってスムーズに支払いができるようになります。

Kyash Visaカードはチャージして使えるプリペイドカードなので、使い過ぎてしまう心配もありません。

そんなKyashですが、初めて使う場合はどうやって登録すればいいのか迷うところ。
また、どうチャージすれば使えるようになるのかも気になる部分ですよね。

事前にチャージ方法や使い方を知っておくと、いざ利用するときに便利ですよ。

このページでは、Kyashの登録方法やチャージ方法、お得な使い方について詳しく説明していきますね。

Kyashのお得な使い方やメリット・デメリットを徹底解説

Kyashとは?

Kyash(キャッシュ)は、ウォレットアプリのひとつ。
Kyash Visaカードを登録することで、支払いをスムーズにすることができますよ。

ちなみに、Kyash Visaカードはチャージして使えるプリペイド式Visaカードのこと。
年齢制限なし、本人確認手続きも不要なので、気軽に持ちやすいプリペイドカードです。

発行手数料や年会費も無料のため、初めてプリペイドカードを作る場合も安心ですね。

Kyashはなんといっても還元率2%なのが大きなメリットです!
これについてはあとで詳しく紹介しますね。

ちなみにKyashのカードは、以下の2種類から選べますよ。

Kyash Visaバーチャルカードの場合は、カード自体を持ち運ばなくても使えるのでスマートに会計ができますよ。

Kyashは還元率が常に2%が魅力!

Kyash Visaカードの最大のメリットは、使った金額の2%がKyash残高としてキャッシュバックされること。

100円使えば2円分戻ってくるって、一般的なクレジットカードにはないのでお得でしかありませんよ!

仮に10,000円使えば200円戻ってきます。
戻ってきたKyash残高は、またKyashを使ったときの支払いに充てることができるため、ムダがありません。

ちなみに、Kyashのキャッシュバック対象となる決済は、以下の通りです。
普通にVISAが使えるお店で使えば大丈夫ですよ。

  • Kyash Visaバーチャルカードによる決済
  • Kyash Visaリアルカードによる決済

また、キャッシュバックの締め日と付与日は以下の通りとなっています。

  • 締め日…当月1日から末日までの利用分
  • 付与日…翌月25日から末日までに付与

Kyashに登録できるクレジットカード次第では還元率を3%以上にできる

Kyashには、合計5枚までのクレジットカード・デビットカードを登録できます。

主に登録できるクレジットカードは、以下の通り。

VISAカードやMasterCardでチャージした場合、クレジットチャージ分のポイントも貯まるのでお得ですよ。

例えば還元率1%のクレジットカードを登録しておけば、Kyashの2%とあわせて3%の還元率になります。

これによって、VISA加盟店だと何を買っても3%割引になるようなものです!

既にVISAかMasterCardブランドのクレジットカードを持っているのであれば、それをKyashに紐づけるといいですよ。

もしなかった場合は、楽天カードYahoo! JAPANカードリクルートカードなどのポイントが使いやすいクレジットカードを作っておき、Kyashに紐づけておきましょう!

参考:楽天カードを使って還元率を上げるにはこちらから
参考:Yahoo! JAPANカードを使って還元率を上げるにはこちらから
参考:リクルートカードを使って還元率を上げるにはこちらから

ちなみにKyashでは、残高があればそこからの支払いになりますが、残高が足りなかった場合は、登録しているクレジットカードからの支払いになりますよ。

そのため、Kyashにクレジットカードさえ紐づけしておけば、先にKyashチャージする必要もなく使えます。

ただ、先にチャージしておくほうが、100円未満の端数が出ることはなく、ポイントの取りこぼしがなくなりますよ。

Kyashは1,000円単位でのチャージになるため、100円未満の端数が出ることはありません。

また、Kyashに登録するカードは、Kyashを使う本人名義のものを使います。
ブランドプリペイドカードは登録できないので、注意してくださいね。

また、Apple Payへの登録もできません。

Kyashにクレジットカードを紐付ける手順は、以下のページが詳しいですよ。

楽天ペイ・Origami Payなどに紐付けもできる

Kyashは、決済サービスの楽天ペイOrigami Payといったサービスの支払い方法に設定できます。

Kyashは2%の還元率があるため、それだけで2%プラスで戻ってきますよ。

例えば楽天ペイだと、Kyashを組み合わせることで合計で3.5%の還元率を実現できて、めちゃくちゃお得です!

利用限度額が低いのがデメリット

Kyashの還元率が2%ということで、高い買い物をするときに使おうと思ったかもしれませんね。

でも、Kyashにもデメリットがあって、利用限度額が決まっています。

バーチャルカードの限度額は以下の通り。

  • 24時間あたりの利用限度額は3万円以下 
  • 1回あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

リアルカード有効化済みになっている場合の限度額も設定されています。

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下 
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

また、有効期限内に100万円以上使う場合は、更新することになります。

3Dセキュアに未対応なので紛失などに注意

一般的なクレジットカードだと、ネットショッピングなどのときに本人認証サービス(3Dセキュア)を使って認証することになります。

Kyashでは、3Dセキュアに未対応になっているため、カード番号を知られてしまわないように気をつけましょう。

また、Kyashリアルカードを持っている場合はカードの紛失に気をつけないといけません。

自己管理をしっかりしていれば基本的には大丈夫だと思いますが、万一のときが大変なので気をつけるように意識しておくのが大切です。

Kyashの登録方法について

これからKyashを使ってみたいなと思ったとき、どうやって申し込めばいいのかが気になりますよね。

ここからは、Kyashに登録するまでの手順について説明していきます。

▼まず、パソコンやスマホからKyashに申し込みましょう。

kyash 登録

▼名前・メールアドレス・住所・電話番号を入力。

kyash 登録手順

▼生年月日を入力します。

kyash 登録手順 生年月日

▼今回はバーチャルカードを選びました。

kyash 登録手順 バーチャルカード

▼「カード発行」を押しましょう。

kyash 登録手順 バーチャルカード

▼これで無事にカードが発行されました。

kyash 登録手順 カード発行完了

申し込み自体は1分ほどで完了しますよ!

Kyash Visaリアルカードの場合は、申し込みから数日後に、郵送でカードが届きます。

Kyashアプリをダウンロードしてカード情報を入力すれば、スマホからKyash Visaカードを使えるようになりますよ。

Kyashのチャージ方法

Kyash Visaカードを使うためには、まずチャージ(入金)する必要があります。

主に、以下のようなチャージ方法がありますよ。

  • コンビニチャージ
  • 自動チャージ
  • ペイジー(銀行)チャージ
  • 他のポイントから交換

ここからは、それぞれのチャージ方法について詳しく見ていきましょう。

コンビニチャージする方法

Kyashは、コンビニからチャージすることができます。
アプリでチャージ申請を行ってから、コンビニで入金する形になりますよ。

コンビニチャージする方法は、以下の通り。

  1. Kyashアプリの「チャージする」から「コンビニ」を選ぶ
  2. チャージ金額を入力(3,000円~30,000円まで選択可能)
  3. 初回チャージの場合は、名前も入力
  4. 「チャージ申請」を押す

あとはコンビニで入金すればOK。
チャージ申請は、申請した翌日23:59まで有効です。

ちなみに、チャージできるコンビニは以下の通り。

チャージ最低金額は3,000円から申請総額は30,000円までとなっています。

残高が30,000円以上の場合は、コンビニチャージができないので注意してくださいね。

自動チャージする方法

Kyashに登録したカードから自動チャージすることもできますよ。

事前にチャージする必要がないので、残高を気にすることなく使えて便利です。

▼自動チャージしたいときは、カードチャージを選びましょう。

kyash 自動チャージ

▼カードの登録に進みます。

kyash 自動チャージ カードの登録をする

▼VISAカードかMasterCardを登録すると、自動チャージができるようになりますよ。

kyash 自動チャージ カード登録

ペイジーチャージする方法

Kyashは、ペイジーを使って銀行ATMからチャージすることもできます。

まず、アプリでチャージ申請を行ってから、銀行ATMで入金する形になりますよ。

ペイジーチャージする方法は、以下の通り。

  1. Kyashアプリのチャージするから「ペイジー(銀行)」を選ぶ
  2. チャージ金額を入力(3,000円から30,000円の範囲で選択可能)
  3. 初回時のみ名前を入力する
  4. 「チャージ申請」を押す

これでペイジーチャージ申請が完了しますよ。
コンビニチャージと同じく、申請した翌日の23:59までチャージ申請は有効です。

チャージ申請をキャンセルしたい場合は、72時間経つと自動的にキャンセル扱いになるので、入金せずにそのままにしておきましょう。

ポイント交換でチャージする

Kyashのチャージは、他のポイントから交換でもできますよ。

対応しているポイントは以下の通り。

Kyashが使えるお店について

Kyashのチャージ方法がわかったところで、次にどんなお店で使えるのかが気になるところですよね。

主に、Kyashは以下のようなところで使えますよ。

  • コンビニ
  • 飲食店
  • オンラインショッピング

基本的に、VISA加盟店であればどこのお店でも使えると思って大丈夫です。

ちなみに、海外のVISA加盟店では使えません。
あくまでも使えるのは、日本国内のVISA加盟店のみとなっています。

また、以下の支払いにはKyash Visaカードは使えませんよ。

  • 月額・継続契約の利用料金
  • ガソリンスタンドの料金
  • 高速道路通行料金
  • 航空会社の機内販売
  • プリペイドカード・電子マネーの購入やチャージ
  • 税金支払い
  • ふるさと納税支払い
  • 公共料金の支払い
  • 寄付の支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券・商品券など

nanaco楽天EdySuicaVプリカなどのチャージにも使えないので注意してくださいね。

Kyashの使い方について

Kyash Visaカードを発行したら、スマホアプリをダウンロードしておきましょう。

ちなみに、Kyashのスマホアプリでは以下のことができます。

  • 買い物の決済通知が届く
  • Kyash Visaカードの残高確認
  • 月間の利用額を確認
  • Kyash Visaカードのロック(利用停止)

スマホだけですべてを完結させることができるので、便利ですよ!

ここからは、Kyash Visaカードを発行した後の流れについて説明していきますね。

まずは、Kyashのアプリをダウンロードします。

Kyashのアプリを開いて、会員登録をしましょう。
「本名」はカード裏面の「ご署名欄」に記入した名前を入力します。

▼カード選択画面で、「リアルカード有効化」を選びます。

kyash リアルカード有効化

▼カード番号・有効期限・セキュリティコードなど、カード情報を入力しましょう。

kyash リアルカード有効化 カード情報入力

これで、リアルカードの有効化が完了します。
アプリ内のガイドにしたがってチャージすると、Kyash Visaカードが使えるようになりますよ。

あとはお店やオンラインショッピングなど、好きな時に使えるようになります。

オンラインショッピングで使いたい場合は、Kyash Visaカードの券面にある16桁のカード番号有効期限を入力しましょう。
支払い回数は、クレジットカードの1回払いを選択します。

また、セキュリティコードが必要な場合は、3桁のセキュリティコード番号を入力しましょう。

Kyashは割り勘や立替えにも便利!

Kyashでは、SNSや電話番号を通じて送金や請求もできます。

つまり、Kyashユーザー以外の人にも送金や集金ができるということ。
飲み会での割り勘や、旅行の立替えなどのシーンで使えますよ。

送金・集金が簡単にできるので、幹事やまとめ役をすることが多いのであれば便利ですね!

ただし、コンビニや飲食店など実店舗で使いたい場合は、Kyash Visaリアルカードの申し込みが必要になります。
Kyash Visaバーチャルカードでは、実店舗での利用ができないので注意してくださいね。

Kyashで送金したい場合

ここからは、Kyashで送金する方法について説明していきますね。

▼まず、Kyashアプリを開いて右の「送金」を押します。

kyash 送金

▼「相手を選ぶ」から送金する相手を選びます。

kyash 送金 相手を選ぶ

▼Kyashアプリ上から直接送るか、送金リンクを送るかが選べますよ。

kyash 送金 方法を選ぶ

▼送金相手を選んだら、金額を入力して「確認画面へ」を押します。

kyash 送金 送金する金額を選ぶ

「スライドで送金」を下から上にスワイプすると、送金が完了しますよ。

送金したKyash残高は、登録カードに払い戻しができないので注意してくださいね。

また、送金した金額はSNS経由で送金した場合のみ、キャンセルができます。
基本的にはキャンセルができないので気をつけましょう。

Kyashで請求したい場合

ここからは、Kyashで請求する方法について説明していきますね。

▼まず、Kyashアプリで「請求」を押しましょう。

kyash 請求

▼請求リンクを作成するか、Facebookやアドレス帳の友達から相手が選べますよ。請求を送りたい相手は、最大10名まで選べます。

kyash 請求 相手を選ぶ

▼請求したい金額を入力し、「確認画面へ」を押します。

kyash 請求リンクを作成

内容を確認し、大丈夫であれば「請求」を押しましょう。
これで請求が完了します!

ちなみに、請求を取り消したいときも簡単にできますよ。
Kyashウォレット画面の「相手への請求」から、キャンセルを押せば請求を取り消せます。

Kyash残高は出金できる?

チャージしすぎてしまったり、キャッシュバック分が貯まったりした場合、Kyash残高を出金したくなることがあるかもしれません。

ただ、残念ながらKyash残高は出金することができません。

そのかわり、Kyash残高は以下のような使い道がありますよ。

  • オンラインショップでの買い物に使う
  • 電子マネーにチャージする
  • PayPalアカウントの登録カードにする

特に、電子マネーにチャージして使う方法はおすすめです。

Kyashの退会方法について

Kyashは、退会方法も簡単ですよ。

退会する前に、以下の事項を確認しておきましょう。

  • Kyash残高が0円かどうか
  • 請求・送金のリクエストが残ってないか
  • Facebook連携が解除されているか
  • 登録カードが削除されているか

すべて問題なければ、退会手続きをして大丈夫です。

ちなみに、Kyashを退会する手順は以下の通り。

  1. Kyashアプリを開く
  2. アカウントのその他を選ぶ
  3. お問い合わせから退会理由を添えて連絡する

Kyashを退会すると、Kyash Visaカードも使えなくなるので注意してくださいね。

さいごに

Kyashについて、簡単にまとめてみました。

  • Kyash Visaカードは年会費・発行費無料
  • 未成年でも申し込める
  • 日本国内のVISA加盟店で使える
  • Kyashアプリを使えばスマホで手続きが完結する
  • 送金・請求も簡単にできる

申し込みもチャージも、すべてスマホで完結するというのがうれしいですね!
また、送金・請求も簡単なので、飲み会などの幹事をするときにも心強いサービスです。

Kyashの使い方を覚えて、日々の会計や集金をよりスマートにしてみてくださいね。

また、KyashにチャージするためのVISAカードやMasterCardも選んでおきましょう。
楽天カードYahoo! JAPANカードならVISA・MasterCardどちらも対応していますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る