宅急便コンパクトの箱はどこで買える?コンビニで購入する方法・値段を安くする方法まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
宅急便コンパクトをよく利用する小林敏徳です。

ヤマト運輸の宅急便コンパクトを利用するときに迷うのは「専用の箱はどこで買えるの?」ではないでしょうか。

宅急便コンパクトの箱は、コンビニやヤマト運輸の営業所などで購入できますよ。

メルカリを使っている方は、メルカリストアで通常より安く購入することもできるので、最も便利な方法で購入してくださいね。

このページでは、宅急便コンパクトの箱を購入する方法と、箱を安く買う方法を紹介します。

宅急便コンパクトで送った荷物を追跡する方法

宅急便コンパクトの箱の種類・サイズ・値段

メルカリで落札された商品を宅急便コンパクトで送る方法(専用BOX)

まずは宅急便コンパクトの箱について簡単に説明しますね。

箱の種類と値段は以下のとおりです。

  • 宅急便コンパクト専用BOX(20cm×25cm×5cm):65円
  • 宅急便コンパクト薄型専用BOX(24.8cm×34cm):65円

種類は2つあり、値段はいずれも65円です。
▼先日セブンイレブンで「専用BOX」を購入したときも、間違いなく65円でした。

メルカリで落札された商品を宅急便コンパクトで送る方法(専用BOXの値段)

宅急便コンパクトにかかるコストは、「送料+65円」だと覚えておいてくださいね。

宅急便コンパクトの箱を購入できる場所

さて、それでは本題に入っていきましょう。

宅急便コンパクトの箱が買える場所は、以下のとおりです。

  • ヤマト運輸の営業所(宅急便センター)
  • ヤマト運輸の集荷時
  • コンビニ
  • ネット通販
  • メルカリストア

上記のように購入場所はたくさんありますが、コンビニが最も手っ取り早いと思います。

コンビニは「セブンイレブン」などで買える

セブンイレブンの店舗

コンビニについてもう少し詳しく説明しますね。
宅急便コンパクトの箱が買えるコンビニは、以下のとおりです。

比較的店舗の多いセブンイレブンとファミマでも取扱があります。

最も便利なところで購入してくださいね!

宅急便コンパクトの箱を購入する方法

宅急便コンパクトの箱を購入する方法(ファミリーマートで購入)

ここからは、宅急便コンパクトの箱の買い方を詳しく紹介していきますね。

大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 宅急便コンパクト(ヤマト運輸)取扱店に行く
  2. 窓口(レジ)で宅急便コンパクトの箱がほしい旨を伝える
  3. 箱の種類を伝える
  4. 支払いをする(現金のみ)
  5. 購入完了

宅急便コンパクトの取扱店に行き、箱がほしいことを伝えるだけでOKです。

▼ファミリーマートでも、この方法で購入できましたよ。
箱の値段もやはり1枚65円でした。

宅急便コンパクトの箱を購入する方法(ファミリーマートで購入した際の値段)

とても簡単ですね!

スポンサーリンク

宅急便コンパクトの箱を安く買う方法

宅急便コンパクトの箱を購入する方法(ファミリーマートで購入した箱)

さて、宅急便を利用するときは、それにかかるコストが気になりますよね。

というわけで、宅急便コンパクトの箱のコスト(65円)についても気になるところだと思います。

コンビニ等で安く買う方法はありませんが、メルカリにはありますよ。

メルカリストアで購入する

宅急便コンパクトの箱を購入する方法(メルカリストアで売っている箱)

宅急便コンパクトの箱は、メルカリストアで5枚セット310円(1枚62円)で売っています。

つまり、1枚あたり3円安くなる計算ですね。

らくらくメルカリ便で宅急便コンパクトをよく利用する方は、メルカリストアで箱を買ったほうがお得ですよ。

ただし、メルカリストアは購入金額が2,000円未満だと送料が350円かかるので、その点だけ意識してくださいね!

宅急便コンパクトの箱に関する注意点。再利用もできない

最後に、宅急便コンパクトの箱に関する注意点を紹介します。

箱にかかるコストを削減しようとして、以下のようなことをしないように注意してください。

  • 自作の箱を使用する(禁止)
  • 専用箱を再利用する(禁止)

宅急便コンパクトに使える箱は、ヤマト運輸指定の専用箱のみです。

自作の箱や再利用分は使用不可なので、注意してくださいね!

さいごに

宅急便コンパクトの箱は、ヤマト運輸の営業所やコンビニ等で購入できます。

ぼくはいつもセブンイレブンかファミマで購入していますよ。

利用する機会が多いなら、箱をまとめ買いしておくのがいいと思います!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る