リクルートカードのETCカードは年会費無料!発行手数料をタダにする方法・ポイントが貯まるかどうかを徹底解説

スポンサーリンク

リクルートカードでは、ETCカードが申し込めます。
高速道路を使う機会があるなら、ETCカードを1枚持っておくと便利ですよ。

とはいえ、初めてETCカードを持つ場合、どうやって申し込めばいいのか気になるところですよね。

また、リクルートカードを申し込んだあとでETCカードだけ作れるのかも気になる部分です。

リクルートカードのETCカード(以下、リクルートETCカード)の特徴や申し込み時の注意点を知っておくと、いざ作りたいときにスムーズに手続きできます。

このページでは、リクルートETCカードのメリットやデメリットについて詳しく紹介していきますね。

リクルートカードのETCカードが持つ特徴は?手数料やポイントを解説

リクルートETCカードを持つメリットについて

では早速、リクルートETCカードを持つメリットについて紹介していきますね。

主なメリットは以下の通り。

  • 年会費が永年無料で使える
  • 有料道路の通行料でポイントが貯まる
  • ETCマイレージサービスが受けられる
  • 時間帯によっては通行料金が割引になる

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく説明していきます。

年会費が永年無料で使える

リクルートETCカードは、なんと年会費が永年無料です!

ETCカードの中には年会費がかかるものもありますが、リクルートETCカードは無料で使えるのでうれしいですね。

ちなみに、カードを新規発行するときの手数料は、リクルートカードの国際ブランドによって違いますよ。

国際ブランドごとの手数料は以下の通り。

国際ブランドごとの新規発行手数料について
国際ブランド新規発行手数料(税別)
MasterCard1,000円
Visa1,000円
JCB無料

年会費はどのブランドを選んでも無料です。

ムダな出費をせずにETCカードを発行したいときは、JCBブランドを選ぶといいですね。

有料道路の通行料でポイントが貯まる

リクルートETCカードを高速道路などの有料道路で使うと、リクルートポイントが貯まります。

通行料金100円につき、1.2ポイントが貯まりますよ。

ただ、ポイント数の小数点第一位以下は切り捨てになるので注意してくださいね。

貯めたポイントは1ポイント=1円相当として、じゃらんなどで使えます。
リクルートの各サービスで利用できるのがうれしいですね。

高速道路でリクルートポイントを貯めつつ、貯めたポイントを旅行や宿泊費にあてれば節約にもつながります。

ETCマイレージサービスが受けられる

リクルートETCカードを使うと、ETCマイレージサービスが受けられます。
ETC通行料金の支払い額に応じて、マイレージポイントが貯まりますよ。

たとえば、NEXCO東日本を利用した場合、10円につき1ポイントが貯まります。

マイレージポイントの付与率は、利用する有料道路によって違うので気をつけましょう。

貯めたマイレージは、還元額として無料通行分と交換可能です。

ETCマイレージサービスを利用するには、事前に登録が必要なので注意してくださいね。

登録方法は以下の通り。

  • インターネットから登録
  • 郵送で登録

インターネットで手続きすると、申し込み日の走行からポイントがつくので便利です。

時間帯によっては通行料金が割引になる

リクルートETCカードを使ってETCを利用すると、走行する時間帯によっては割引が受けられます。

たとえば、NEXCO東日本の高速道路を利用した場合、受けられる割引は以下の通り。

  • 休日割引:土日祝日の利用で最大30%オフ
  • 平日朝夕割引:6時~9時、17時~20時の利用は最大30%~50%還元
  • 深夜割引:0時~4時の間に利用すると最大30%オフ

割引内容は、走行する高速道路・有料道路によって違います。
通行料金を少しでも安くしたいときにおすすめですね。

リクルートETCカードを持つデメリットについて

メリットも多いリクルートETCカードですが、場合によってはデメリットに感じるところもあります。

デメリットになりそうなものは、以下の通り。

  • カードブランドによっては発行手数料がかかる
  • MasterCardやVISAブランドは解約方法が電話のみ

MasterCardやVISAブランドのETCカードを申し込んだ場合、発行手数料として1,000円(税別)がかかります。

どうせなら、年会費も発行手数料も無料になるJCBブランドを選ぶのがおすすめですね。

JCBブランドを選んでおくと、ETCカードの解約もオンライン上で手続きできるので便利ですよ。

デメリットになりそうな部分に気をつけて、リクルートETCカードを作ってみましょう。

リクルートETCカードの申し込み方法

リクルートETCカードを作りたいなと思ったとき、どうやって申し込めばいいのかも気になる部分です。

申し込み方法は、以下の2通り。

  • リクルートETCカードを追加申し込みする
  • リクルートカードとETCカードを同時に申し込む

ここからは、それぞれの方法ごとに、リクルートETCカードを申し込むときの流れについて説明していきますね。

リクルートETCカードを追加申し込みする場合

すでにリクルートカードを持っている場合は、リクルートETCカードを追加で申し込めます。

インターネットもしくは電話で申し込みが可能です。
簡単に手続きできるインターネット申し込みがおすすめですね。

インターネットで追加申し込みするときの流れは以下の通り。

  1. My JCBもしくはMUFG CARD WEBサービスにログインする
  2. 「カードに関するお申し込み」もしくは「追加カードのお申し込み」を選ぶ
  3. 「ETCスルーカード」を押す
  4. カード規約に同意する
  5. 「申し込み画面へ」を押す
  6. 氏名・カード番号などを確認して「申し込む」を押す
  7. 申し込み完了

電話で申し込む場合は、ETCスルーカード入会ご案内専用ダイヤルへ連絡してみましょう。

▼ETCスルーカード入会ご案内専用ダイヤルはこちら。(月~土曜日 9:00~17:00)

固定電話:0120-1104-55
携帯電話:0570-0010-55

リクルートカードとETCカードを同時に申し込む場合

リクルートカードVISA

リクルートETCカードは追加申し込みもできますが、リクルートカードを作るときに一緒に申し込んでおくと手間がないので便利です。

同時に申し込みたい場合は、オンラインで申し込むのがおすすめ。

リクルートカードを申し込むときに、「ETCカードを申し込む」にチェックを入れるだけでOKですよ。

リクルートETCカードはいつ届く?

リクルートETCカードを申し込んでから、どれぐらいで手元に届くのかも気になりますよね。

大体、約1~2週間ほどで届くことが多いです。

ただ、申し込みに土・日・祝日をはさむ場合や、審査に時間がかかる場合はもう少し日数がかかりますよ。
余裕を持って申し込んでおくと安心ですね。

1ヶ月以上経ってもカードが届かない場合は、ETCスルーカード入会ご案内専用ダイヤルに連絡してみましょう。

利用明細を確認する方法について

リクルートETCカードをどれぐらい使ったのか、利用履歴や料金明細を確認したいこともあると思います。

利用明細の確認は、リクルートカードの国際ブランドによって少し違ってきます。

国際ブランド別の確認方法は以下の通り。

国際ブランド別の確認方法について
国際ブランド確認方法
MasterCard三菱UFJニコスのアプリまたは三菱UFJニコスWEBサイトで確認
VISA三菱UFJニコスのアプリまたは三菱UFJニコスWEBサイトで確認
JCBMy JCBの「明細を見る」「カードご利用状況」で確認

オンライン上でいつでも手軽に確認できるので安心ですね。

MasterCardもしくはVISAブランドのリクルートカードを使っている場合は、三菱UFJニコスのアプリをダウンロードしておくと便利です。

参考:iOS専用の三菱UFJニコスのアプリはこちら
参考:Android専用の三菱UFJニコスのアプリはこちら

リクルートETCカードの口座を変更したい場合

使っているうちに、リクルートETCカードの口座を変更したくなることもあるかもしれませんね。

ただ、リクルートETCカードとクレジットカード利用分の引き落とし口座を別々にすることはできません。

どうしてもリクルートETCカードの口座を変えたい場合は、クレジットカードの引き落とし口座そのものを変更する必要があります。

クレジットカードの引き落とし口座を変更すると、リクルートETCカードも同じ口座から引き落としになりますよ。

口座を変更したい場合は、まずリクルートカードの引き落とし口座の変更手続きをしましょう。

リクルートETCカードの氏名や住所を変更したい場合

何らかの理由で、リクルートETCカードの氏名や住所を変更したい場合もあるかもしれませんね。

氏名や住所を変えたい場合も、リクルートETCカードが紐づいているクレジットカードのほうで変更手続きをします。

クレジットカードで氏名や住所変更を行うと、リクルートETCカードの情報も自動的に変更されますよ。

変更手続きをするときの流れは、以下の通り。

  1. My JCBもしくはMUFG CARD WEBサービスにログインする
  2. お客様情報の変更を選ぶ
  3. 氏名や住所を変更する

氏名変更の場合は、カード再発行という形になります。
手続きが完了でき次第、新しい氏名が記載されたカードが送られてきますよ。

紛失・盗難時の対処方法について

もしも、リクルートETCカードをなくしてしまった場合、どうすればいいのか心配になりますよね。

万が一、紛失・盗難にあった場合は、カード会社へ直接連絡しましょう。

カード別の問い合わせ先は以下の通り。

▼リクルートカード(JCB)またはリクルートカードプラスを利用している場合はこちら。

JCB紛失盗難受付デスク:0120-794-082
受付時間:24時間・年中無休

▼リクルートカード(Mastercard/Visa)を利用している場合はこちら。

MUFGカード 盗難紛失受付センター:0120-107542
受付時間:24時間・年中無休

使っているカードによって、問い合わせ先が違うので注意しましょう。

カード会社に連絡して紛失・盗難にあったカードを利用停止し、新しいカードを再発行する流れになります。

ちなみに、再発行前にETCカードが見つかったとしても、手続きをした時点で利用停止になっています。
再発行前のリクルートETCカードは使えないので注意してください。

リクルートETCカードの解約方法は?

リクルートETCカードを使う機会があまりない場合、解約したいと思うこともあるかもしれませんね。

ETCカードのみ解約することも可能です。
リクルートETCカードの解約は、My JCBまたは電話で行います。

たとえば、My JCBから解約するときの流れは以下の通り。

  1. My JCBにログイン
  2. 「お客様情報の照会・変更」を選ぶ
  3. 「お客様情報の変更」を押す
  4. 「JCBカードの退会に関するご案内」から手続き

MasterCardやVISAブランドのカードを使っている場合は、電話から手続きします。

JCBブランドでもオンライン上で手続きできない場合は、リクルートETCカードの裏面に記載されているカード会社へ連絡しましょう。

さいごに

リクルートETCカードを作っておけば、高速道路を利用するたびにリクルートポイントが貯まるのでお得ですね。

還元率も1.2%あるので、よくETCカードを使うのであればどんどんポイントが貯まっていきますよ。

リクルートカードを作るついでに持てるETCカードなので、申し込みも簡単です。
通行料金の割引といったサービスも受けられるのでうれしい限り!

高速道路をよりお得に使いたいのであれば、リクルートETCカードを1枚持っておくと便利ですよ。

おまけ:リクルートカードについて詳しく知りたい場合

このページでは、リクルートカードのETCカードに特化して紹介してきました。

リクルートカードについてもっと詳しく知りたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る