マルエツカードの特典を徹底解説!メリット・デメリット・5%オフで買い物するお得な使い方まとめ

柚木ゆうらの画像

せっかくなら、普段よく行くお店で使えるクレジットカードを持ちたいものですよね。

マルエツに買い物へ行くことが多いなら、マルエツカードがおすすめです!
イオンカードのひとつなので、マルエツだけでなくイオングループのお店でもお得に使えますよ。

そんなマルエツカードですが、実際に持つことでどんなメリットがあるのか気になるところ。

カードの特徴を知っておけば、作るべきかどうか判断しやすくなりますよね。

このページでは、マルエツカードのメリットやデメリット、お得な使い方について詳しく紹介していきます。

参考:マルエツカードを確認する

マルエツカードの特典やメリット・デメリットを解説

【期間限定】最大7,000円相当分のときめきポイントがもらえる!

2020年の2月29日までになりますが、Web限定の新規入会・利用キャンペーンがお得です。

キャンペーン期間中に新規入会・カード利用で、最大7,000円分のときめきポイントがもらえますよ。

最大7,000円分のときめきポイントがもらえるキャンペーンの内訳は以下の通り。

  • 新規入会で1,000ポイント還元
  • 合計2万円以上のカード払いで3,000ポイント還元
  • 合計4万円以上のカード払いで6,000ポイント還元

もらったポイントはそのまま電子マネーWAONに交換して、買い物に利用できますよ。
7,000円分のポイントがあれば、買い物もかなり楽になりますよね。

マルエツカード限定のキャンペーンなので要チェックです!

イオンカードでは、ほかにもお得な新規入会・利用キャンペーンを行なっていますよ。

【要点のみ知りたい人へ】マルエツカードの特徴まとめ

今回はマルエツカードについて紹介していきますが、詳しく説明すると長くなってしまいます。

そこで、まずは要点だけを簡単にまとめてみました。

とりあえずカードの特徴だけ知りたいときの参考にしてみてくださいね。

  • 国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBから選べる
  • オンライン・店頭の入会申込用紙から申し込み可能
  • 年会費・入会費は無料
  • 毎週日曜日はマルエツでの買い物が5%オフ
  • マルエツ・イオングループ対象店舗ならときめきポイントが2倍貯まる
  • 初回カード送付時に合計500円分の特別優待券がもらえる
  • ときめきポイントをWAONポイントやマルエツ商品券に交換可能
  • マルエツでときめきポイントとTポイントを二重取りできる
  • 電子マネーWAONとしても使える
  • イオンシネマの映画料金が300円引きになる
  • イオンカードの優待割引が使える
  • Apple Payに登録できる
  • ETCカードや家族カードも作れる
  • イオンiDも追加できる
  • カード盗難保障・ショッピングセーフティ保険が無料でついている

マルエツカードを保有する14のメリット

マルエツカードについてわかったところで、実際にカードを持つことでどんなメリットがあるのか気になりますよね。

カードを保有するメリットをまとめてみました。

  • 年会費・入会費が無料なので使いやすい
  • 毎週日曜日はマルエツグループでの買い物が5%オフ
  • マルエツ・イオングループ対象店舗ならときめきポイントが2倍貯まる
  • 初回カード送付時に合計500円分の特別優待券がもらえる
  • ときめきポイントをWAONポイントやマルエツ商品券に交換できる
  • マルエツでときめきポイントとTポイントを二重取りできる
  • 電子マネーWAONとしても使える
  • イオンシネマの映画料金が300円引きになる
  • イオンカードの優待割引が使える
  • Apple Payに登録できる
  • ETCカードや家族カードも作れる
  • イオンiDも追加できる
  • カード盗難保障が無料でついている
  • ショッピングセーフティ保険が無料付帯になっている

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく紹介していきますね。

年会費・入会費が無料なので使いやすい

マルエツカードは、年会費・入会費が無料のカードです。
初年度以降もずっと無料で使えるのでうれしいですね。

余計な出費を気にしなくていいので、初めてクレジットカードを作る場合も安心して使えます。

店頭でもカード入会の申込用紙はもらえますが、オンラインからも申し込めますよ。

申込方法ごとの審査期間・カードが届くまでの期間は以下の通り。

  • Web申込:10日〜2週間
  • 店頭申込:2週間〜3週間

Web申込なら、書類の郵送やお届け印なども不要なのでカードを作りやすいです。

ちなみに、オンラインで手続きするとWEB明細、お店にある入会申込書で手続きすると郵送で請求明細が届きます。

毎週日曜日はマルエツグループでの買い物が5%オフ

マルエツカードを使うメリットは、なんといってもマルエツグループでの買い物がお得になるところ!

毎週日曜日にマルエツカードを使って買い物をすると、レジで5%オフになりますよ。

対象店舗は以下の通り。

  • マルエツ
  • マルエツプチ
  • リンコス
  • 魚悦(※魚悦糀谷店は対象外)

ただし、マルエツネットスーパーは対象外です。

マルエツ・イオングループ対象店舗ならときめきポイントが2倍貯まる

マルエツカードは、通常のポイント還元率が0.5%です。

ただし、マルエツ・イオングループ対象店舗でマルエツカードを使うと、ときめきポイント2倍貯まりますよ。

対象店舗の一例は、以下の通り。

効率よくポイントを貯めたい場合は、マルエツやイオングループのお店でカードを使うように意識してみましょう!

初回カード送付時に合計500円分の特別優待券がもらえる

マルエツカードでは、初回カード送付時に合計500円分の特別優待券がもらえます。

対象店舗でマルエツカードを使うと、カード払いした金額に応じて以下の特別優待券がもらえますよ。

  • 税込3,000円以上で300円優待券1枚
  • 税込2,000円以上で200円優待券1枚

特別優待券は、マルエツ各店舗で使えます。
最大500円引きになるので、食費の節約にもなりますね。

ときめきポイントをWAONポイントやマルエツ商品券に交換できる

マルエツカードで支払うと、ときめきポイントが貯まります。
貯めたポイントは、WAONポイントやマルエツ商品券に交換できますよ。

ときめきポイントとWAONポイントの交換はほかのイオンカードでもできますが、マルエツ商品券と交換できるのはマルエツカードだけです。

ただ、マルエツ商品券の交換は交換ポイント数に追加して、交換手数料250ポイントがかかってしまいます…。

手数料のことを考えると、WAONポイントに交換したほうがお得ですね。

マルエツでときめきポイントとTポイントを二重取りできる

マルエツは、Tポイントが貯まる・使えるお店です。
税抜き200円につき1ポイントが貯まりますよ。

しかも、Tポイントカードを提示してマルエツカードで支払うことで、Tポイント+ときめきポイントが二重取りできます!

合計で1.5%の還元率にできますね。

マルエツでお得に買い物したい場合は、Tポイントの貯め方や使い方もチェックしてみましょう。

電子マネーWAONとしても使える

マルエツカードは、電子マネーWAONとしても使えます。
WAONで支払うと、税込200円ごとに1ポイントのWAONポイントが貯まりますよ。

ただ、マルエツカードを使ってWAONにオートチャージすることはできません。

オートチャージして使いたい場合は、イオンカードセレクトを選ぶといいですね。

イオンシネマの映画料金が300円引きになる

イオンシネマ看板写真

イオンシネマでは、イオンマークのカードを提示すると映画の一般料金が300円引きになります。

実は、マルエツカードも割引対象になっていますよ。

マルエツカードを持っていると、通常1,800円の映画料金が1,500円ですみます。

しかも、毎月20日・30日は映画料金が1,100円になりますよ。
通常料金より、700円もお得です!

節約しつつ、映画を観たいときにぴったりの特典ですね。

よく映画館に行く場合は、常に1,000円で映画が観れるイオンカードセレクト(ミニオンズ)イオンカード(ミニオンズ)もおすすめです。

イオンカードの優待割引が使える

マルエツカードを持っていると、特別優待も使えますよ。
対象の施設・お店・サービスを特別価格や割引価格で利用できる特典です。

たとえば、以下のようなところで特別優待が使えます。

いろんなジャンルのお店で、お得な優待サービスが受けられます。

Apple Payに登録できる

アップルペイウォレット02

マルエツカードは、Apple Payに登録できます。

Apple Payにカードを登録しておくことで、iD決済ができるようになりますよ。

登録しておけば、スマホひとつで支払いができるようになるので便利ですね。
カードを持ち歩く手間も省けます。

ただ、肝心のマルエツではApple Payが使えません。
Apple Payで登録したマルエツカードを使いたいときは、マルエツ以外のお店で使いましょう。

イオングループのお店では問題なく使えますよ。

ETCカードや家族カードも作れる

イオンETCカード

マルエツカードは、ETCカード家族カードも同時に申し込めます。
どちらも年会費は無料です。

クレジットカードを持ちたいけど、専業主婦や無職でカード審査になかなか通らないときに家族カードを使うという手もありますね。

また、高速道路を使うならETCカードだけでも作っておくと便利です。

私もイオンカードを作るときにETCカードを作りましたが、高速道路を使って遠出するときに活用していますよ。

ETCカードには、ETCゲート車両損傷お見舞金制度もついています。
もしETCゲートで車両を損傷してしまった場合、年に1回、一律5万円分のお見舞金がもらえますよ。

ETCカードや家族カードを作ろうか悩んでいる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

イオンiDも追加できる

マルエツカードは、電子マネーのイオンiDも追加できますよ。

iDマークのついているお店で、イオンカードiDアプリをダンロードしたおサイフケータイをかざすと簡単に支払いができるサービスです。

ただ、iPhoneではイオンiDが使えません。
イオンiDが使えるのは、Android端末だけです。

とはいえ、iPhoneでもApple Payにカードを登録してiD決済できるので、そこまで不便はしません。

ただし、マルエツではイオンiDが使えないので注意してくださいね。

マルエツ以外のお店でイオンiDを使いたいというのであれば、申し込みとイオンカードiDアプリが必要なので準備しておきましょう。

参考:Android専用のイオンカードiDアプリはこちらから

カード盗難保障が無料でついている

マルエツカードには、カード盗難保障が無料でついています。
特別な手続きをしなくても、最初からついてますよ。

紛失・盗難などによってカードが不正利用された場合、損害額が保障されるサービスです。

保障される期間は以下の通り。

カード紛失の届出を受理した日を含めて61日前まで

発生した損害額は全額保障されます。

ショッピングセーフティ保険が無料付帯になっている

マルエツカードにはカード盗難保障だけでなく、ショッピングセーフティ保険も無料でついていますよ。

カードで購入した商品が事故や過失で壊れてしまっても、税込5,000円以上の商品であれば補償してくれるというサービスです。

こちらも別途、手続きをしなくても自動でついているサービスになっています。

補償期間は以下の通り。

購入日から180日間

購入日から180日間も補償があるので、いざというとき安心ですね。

ただし、電子マネーWAONなどのクレジットカード払い以外での支払い分は対象外です。

マルエツカードのデメリットについて

マルエツカードのメリットについて紹介してきましたが、場合によってはデメリットを感じることもあると思います。

デメリットになりそうなところをまとめてみました。

  • カードデザインは選べない
  • 即日発行はできない
  • 国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険はついていない

マルエツカードのデザインは一種類のみなので、ほかのデザインは選べません。

キャラクターのカードやオシャレなカードが好きな場合は、物足りなさを感じるかもしれませんね。

また、即日発行もできないので、すぐカードを使いたい人にはおすすめできないです。

デザインを選びたい・即日発行したい場合は、イオンカードイオンカードセレクトを選ぶといいですね。

国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険もついていませんが、旅行用に別のカードを用意しておけば、そのあたりをカバーできますよ。

海外で使うのであれば、エポスカードREX CARDなどがおすすめです。

カードを切り替えたい場合は? ゴールドカードはありません

すでにイオンカードを持っている場合、マルエツカードに切り替えたいこともあるかもしれませんね。

ただ、すでに持っているイオンカードからマルエツカードに切り替えることはできません。

一旦持っているイオンカードを解約してから、新しくマルエツカードに申し込む流れになりますよ。

ちなみに、マルエツカードにゴールドカードはありませんよ。

カードの解約や切り替えについては、以下を参考にしてみてくださいね。

マルエツカードの締め日と引き落とし日について

これからマルエツカードを使ってみようかなと思ったとき、カードの締め日や引き落とし日も気になりますよね。

いつからいつまでの利用分が何日に引き落とされるのか知っておくと、カードを計画的に使いやすくなります。

カードの締め日と引き落とし日は以下の通り。

  • 締め日:毎月10日
  • 引き落とし日:翌月2日

支払日が土・日・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。
この辺りはほかのイオンカードと同じですね。

カードによって締め日と引き落とし日が違うこともないので、覚えやすいですよ。

マルエツカードとイオンカードの違い

結局のところ、マルエツカードと通常のイオンカードにはどんな違いがあるのかわかりづらい部分もありますよね。

そこで、2つのカードの違いをまとめてみました。

マルエツカードとイオンカードの違いについて
特徴マルエツカードイオンカード
年会費無料無料
国際ブランドVISA・JCB・MasterCardVISA・JCB・MasterCard
ETCカード
家族カード
電子マネーWAON
キャッシュカード機能××
Apple Pay
ゴールドカード×

大きな違いは、マルエツで割引特典があるかどうかですね。
あとは、ゴールドカードが持てるかという点です。

イオングループだけでなく、マルエツで買い物することが多いのであればマルエツカードのほうがお得に使えますよ。

名前の通り、マルエツユーザーが得するカードという印象を受けました。

マルエツカードとOMCカードならどっちがいい?

マルエツでは、OMCカードというクレジットカードも使えます。
2つのカードの違いや、どちらを使ったほうがよりお得なのかも気になるところですね。

まずは、2つのカードの特徴を見てみましょう。

マルエツカードとOMCカードの違いについて
特徴マルエツカードOMCカード
年会費無料1,000円(年間60万円以上で次年度無料)
国際ブランドVISA・JCB・MasterCardVISA・JCB・MasterCard
ポイントの種類ときめきポイントわくわくポイント
ETCカード無料税抜1,000円
家族カード無料税抜300円
電子マネーWAON×
キャッシュカード機能××
Apple Pay○(iD)○(QUICPay)
国内旅行傷害保険×
海外旅行傷害保険×

OMCカードは年会費がかかりますが、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険もついていますよ。

ただ、ETCカードや家族カードの発行にもお金がかかりますね…。
手軽さでいえば、マルエツカードのほうが使いやすいかなと思いましたよ。

さいごに

マルエツカードについてまとめてみました。

  • 年会費・発行費無料で使える
  • ブランドはVISA・MasterCard・JCBから選べる
  • 毎週日曜日にマルエツで使うと5%オフになる
  • マルエツ・イオングループで使えばときめきポイントが2倍貯まる
  • イオンシネマの映画料金が300円引きになる

イオンカードとしての特典も使える上、マルエツでお得に使えるカードというのが最大のメリットですね。

マルエツを普段から使っているなら、節約のためにぜひとも使いたいカードです!

もちろん、マルエツだけでなく、イオングループのお店でも使いやすいカードですよ。

マルエツカードが気になるのであれば、以下のボタンからチェックしてみてくださいね!

おまけ:イオンカードについて詳しく知りたい場合

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。昔は貯金ができないタイプでしたが、子どもが生まれてからは時間の使い方・お金の考え方を改めるようになりました。時間の錬金術師になって、心にゆとりのある生活をするのが目標。クレジットカード・スマホ決済・メディア代節約についての発信が多めです。

柚木ゆうらのプロフィール