イオンカード(ミニオンズ)のお得な使い方・メリット・デメリットまとめ

柚木ゆうらの画像

イオンカードは年会費無料で持てるため、使い勝手のいいクレジットカードです。

そんなイオンカードですが、いろいろと種類があるのでどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

これから申し込むのであれば、デザインもかわいいイオンカード(ミニオンズ)も選択肢に入れたいカードですよ!

ただ、使ったことがない状態で申し込むのは少し勇気がいるものです。

イオンカード(ミニオンズ)の特徴を知っておけば、作ったほうがいいのかどうか判断しやすいですよね。

このページでは、イオンカード(ミニオンズ)のメリットやデメリット、映画料金をお得にする使い方について詳しく紹介していきます。

イオンカードミニオンズのメリット・デメリット・お得な使い方まとめ

イオンカード(ミニオンズ)について

まず、イオンカード(ミニオンズ)の特徴について紹介しますね。

イオンカード(ミニオンズ)は、イオンカードのひとつ。

Web限定で申し込みができるクレジットカードです。
イオンの店頭では申し込めないので注意してくださいね。

名前の通り、券面にはミニオンズのキャラクターが描かれていてかわいいデザインになっています。

わが家の子どもたちもミニオンズが大好きなので、「これ欲しい!」と目を輝かせていました。
親子で楽しめるかわいいクレジットカードですよ。

ミニオンズ

また、既にイオンカードセレクトを持っていたとしても、新たにイオンカード(ミニオンズ)を作ることができます。

もう1枚イオンカードが欲しい場合にもおすすめです。

イオンカード(ミニオンズ)を保有するメリット

イオンカード(ミニオンズ)、見た目がかわいいのはすぐにイメージできますが、実際にどんなメリットがあるのか気になりまるのではないでしょうか。

イオンカード(ミニオンズ)の主なメリットは以下の通りです。

  • イオンシネマが常に1,000円で利用できる
  • 年会費・入会費無料で作れる
  • 毎月20日・30日「お客さま感謝デー」は支払いが5%オフ
  • カード利用でWAON POINTが貯まる
  • ユニバーサルスタジオジャパンで使うとポイント10倍
  • WAON POINTをミニオンズオリジナル商品と交換できる
  • 特別優待が使える
  • ETCカードも申し込める
  • カード盗難保障が無料付帯
  • ショッピングセーフティ保険が無料付帯
  • 家族カードも申し込める
  • イオンiDがついている
  • Apple Payに登録できる

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく紹介していきますね。

イオンシネマの映画料金が常に1,000円!

イオンカード(ミニオンズ)を持っていると、イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円で利用できます。

常に優待価格で映画が観れるので、映画が好きならこの特典だけで作る価値がありますね!

イオンカード(ミニオンズ)を使い、映画料金を1,000円にする方法は以下の通り。

  1. イオンスクエアメンバーIDで暮らしのマネーサイトMyPageへログインする
  2. 「イオンシネマ特設バナー」を押す
  3. 購入専用ページで「購入はこちら」ボタンを押す
  4. 希望するチケットを選んで購入手続きをする

初めて利用する場合は、初回のみ会員登録が必要です。

また、チケット購入の支払いはクレジットカード払いのみ対応していますよ。

1人あたりの購入可能枚数は年間30枚までです。
ほかの値引きサービスとは併用できません。

イオンカード(ミニオンズ)を使って映画料金を安くしたいのであれば、まずはイオンスクエアメンバーIDを登録しておきましょう。

参考:イオンカード(ミニオンズ)でイオンシネマの料金を1,000円にするにはこちらから

年会費・入会費無料で作れる

イオンカード(ミニオンズ)は、年会費・入会費が無料で作れるカードです。

初年度以降も無料で使えるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめですよ。

しかも、オンライン上ですべて手続きを完了できます。

書類の郵送やお届け印なしで申し込めるので、手続き自体も簡単なのがうれしいですね。

毎月20日・30日「お客さま感謝デー」は支払いが5%オフ

イオンカード(ミニオンズ)を使ってイオングループで買い物をすると、毎月20日・30日「お客さま感謝デー」は支払いが5%オフになります。

ただカード払いにするだけで、5%割引になるのでお得ですよね。

イオンネットスーパーでの利用は対象外になるので注意しましょう。
あくまでも、イオングループの店舗でカード払いした場合に限ります。

カード利用でWAON POINTが貯まる

イオンカード(ミニオンズ)を使っていると、WAON POINTが貯まります。

通常は税込200円ごとに1ポイントですが、イオングループで使うと、WAON POINTは常に2倍もらえますよ!

普段からイオンで買い物することが多いのであれば、どんどんポイントは貯まっていきますね。

ちなみに、ポイントが2倍もらえるお店は以下の通り。

税込200円ごとに2ポイントがもらえますよ。

貯めたポイントは買い物に使えるだけでなく、お得な商品券やポイントと交換することが可能です。

ユニバーサルスタジオジャパンで使うとポイント10倍

イオンカード(ミニオンズ)ならではの特典として、ユニバーサルスタジオジャパンでカードを使うと、WAON POINTが10倍もらえます!

税込200円ごとに10ポイントがもらえますよ。

たとえば、ユニバーサルスタジオジャパン内で20,000円の買い物をした場合、1,000ポイントがもらえる計算になりますね。

ただ、イオンiDやApple Payでの利用は対象外になります。

ユニバーサルスタジオジャパンで買い物するときは、イオンカード(ミニオンズ)のカードを使って支払うとポイントがたくさんもらえてお得ですよ。

WAON POINTをミニオンズオリジナル商品と交換できる

イオンカード(ミニオンズ)で貯めたWAON POINTは、ミニオンズオリジナル商品と交換可能です。

WAON POINTは1,000ポイント以上500ポイント単位から、オリジナル商品と交換できるようになりますよ。

たとえば、以下のようなオリジナル商品と交換できます。(2022年10月現在)

ポイント数もらえるオリジナル商品
2,000ポイントミニオンズオリジナルマフラータオル
2,500ポイントミニオンズオリジナルランチBOX
4,000ポイントミニオンズオリジナルスリムサーモボトル500ml

ミニオンズ好きにとってはうれしい特典ですね!

オリジナル商品と交換するときは、イオンスクエアメンバーIDが必要になります。

特別優待が使える

イオンカード(ミニオンズ)では、ほかにも特別優待が用意されています。

対象の施設やお店、サービスを特別価格や割引価格で利用できますよ。

主に、イオンカード(ミニオンズ)の特別優待が使えるところは以下の通り。

レジャー施設や飲食店など、いろいろな場所で特別優待が使えます。

ETCカードも申し込める

イオンETCカード

イオンカード(ミニオンズ)では、ETCカードも同時申し込みできます。

ETCカードの年会費・発行費も無料ですよ!
よく高速道路などを使うのであれば、一緒に申し込んでおいて損はありません。

ETCゲート車両損傷お見舞金制度も付帯しているので、ETCゲートで車両を損傷してしまった場合は、年に1回、一律5万円分のお見舞金がもらえます。

カード盗難保障が無料付帯

イオンカード(ミニオンズ)には、カード盗難保障が無料でついています。

もし紛失・盗難によってイオンカード(ミニオンズ)が不正利用されても、損害額が保障されますよ。

保障される期間は以下の通りです。

カード紛失の届出を受理した日を含めて61日前まで

発生した損害額は全額保障されるので安心して使えますね。

ショッピングセーフティ保険が無料付帯

イオンカード(ミニオンズ)は、ショッピングセーフティ保険も無料でついています。

もしイオンカード(ミニオンズ)で購入した商品が事故や過失で壊れてしまっても、税込5,000円以上の商品であれば補償してくれますよ。

補償期間は以下の通りです。

購入日から180日間

電子マネーWAONなど、クレジットカード払い以外での支払い分は対象外になります。

家族カードも申し込める

イオンカード(ミニオンズ)は、家族カードも年会費無料で申し込めます。

家族カードを作っておけば、イオンカード(ミニオンズ)と同じサービスを利用できますよ。

イオンカード(ミニオンズ)1枚につき3枚まで家族カードを発行できます。
ただ、新規入会キャンペーンの特典はつきません。

お金の管理をするという意味では、家族カードではなく個々にイオンカード(ミニオンズ)を作ったほうがいいですね。

Apple Payに登録できる

Apple Pay

イオンカード(ミニオンズ)は、Apple Payに登録できます。

Apple Payに登録しておけば、カードを持ち歩くことなく支払いができて便利ですよ。

イオンカード(ミニオンズ)でApple Payを紐づけると、電子マネーiDが使えるお店で使えます。

もちろん、Apple Payに紐付けたイオンカード(ミニオンズ)を使って支払いをしても、WAON POINTが貯まりますよ。

Apple Payの登録方法については、こちらも参考にしてみてくださいね。

イオンカード(ミニオンズ)のデメリットについて

メリットも多いイオンカード(ミニオンズ)ですが、場合によってはデメリットに感じる部分もあります。

デメリットになりそうな部分は以下の通り。

  • イオンの店頭では申し込めない
  • 国際ブランドはVISA・Mastercardのみ
  • 電子マネーWAONは付帯できない

あくまでもイオンカード(ミニオンズ)は、Web限定のクレジットカードです。
イオンの店頭では申し込めないので注意しましょう。

また、国際ブランドはVISAとMastercardのみ対応しています。
JCBなどほかのブランドは選べません。

国際ブランドが選べない点は不便に思うかもしれませんが、その分、ブランド選びで悩まなくていいというメリットもありますよ。

VISAやMastercardだと対応しているお店が多いので、そこまでデメリットではありません。

どうしてもJCBブランドのカードを持ちたい場合は、イオンカードセレクトを申し込みましょう。

ちなみに、イオンカードというと電子マネーWAONがついているものも多いですが、イオンカード(ミニオンズ)にはWAONを付帯できません。

電子マネーWAONも使いたい場合は、モバイルWAONやWAONカードプラスで紐付ける必要があります。

デザインもミニオンズを選びたいのであれば、イオンカードセレクトミニオンズがおすすめです。

クレジットカード・イオン銀行キャッシュカード・電子マネーWAONが使える、1枚3役のカードになっていますよ。

カードの切り替え方法について

すでに持っているイオンカードから、イオンカード(ミニオンズ)に切り替えたいという場合もあるかもしれませんね。

ただ、手元にあるイオンカードからイオンカード(ミニオンズ)に切り替えることはできません。

どうしても切り替えたい場合は、一旦持っているイオンカードを解約してから新しくイオンカード(ミニオンズ)に申し込む必要がありますよ。

ちなみに、イオンカード(ミニオンズ)にゴールドカードはありません。

イオンカードの解約やカード切り替えについては、こちらで詳しく紹介しています。

イオンカード(ミニオンズ)の締め日・引き落とし日について

これからイオンカード(ミニオンズ)を使ってみようと思ったとき、いつからいつまでの利用分が何日に引き落とされるのかも気になるところです。

あらかじめ締め日や引き落とし日を知っておけば、計画的に買い物しやすいですよ。

イオンカード(ミニオンズ)の締め日と引き落とし日は以下の通り。

  • 締め日:毎月10日
  • 引き落とし日:翌月2日

支払日が土・日・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。
この辺りはほかのイオンカードと同じですね。

さいごに

イオンカード(ミニオンズ)についてまとめてみました。

なんといっても、ユニバーサルスタジオジャパンで使うとポイント10倍になるのが魅力的ですね!

よくユニバーサルスタジオジャパンに行くのであれば、持っておいて損はないカードです。

デザインもかわいいイオンカード(ミニオンズ)を使って、お得にポイントを貯めてみてくださいね。

参考:イオンカード(ミニオンズ)を試してみるにはこちらから

ちなみに、似たカードでイオンカードセレクトミニオンズというカードもありますよ。

イオン銀行もあわせて使いたいのであれば、こちらも検討してみましょう。

おまけ:イオンカードについて詳しく知りたい場合

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。昔は貯金ができないタイプでしたが、子どもが生まれてからは時間の使い方・お金の考え方を改めるようになりました。時間の錬金術師になって、心にゆとりのある生活をするのが目標。クレジットカード・スマホ決済・メディア代節約についての発信が多めです。

柚木ゆうらのプロフィール