天王寺動物園へのアクセスと入園料金を割引クーポンなどで安くする方法・駐車場情報のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
旅行やおでかけ好きな関西在住のライターNANA(@nn_4510)です。

子連れでバスや電車に乗ってでかけるのは大変ですが、最近は子どもが大きくなってきたので、少し遠出して大阪にでかけることも多くなってきました。

今回、私が足を運んだのは天王寺動物園

周辺には大阪市立美術館や芝生広場「てんしば」、産直市場、レストラン、遊び場「ボーネルランドプレイヴィル」などもあり、子どもを連れて遊びにいくのに絶好のスポットです。

天王寺動物園へのアクセスと入場料金を割引クーポンなどで安くする方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

天王寺動物公園へのアクセス 入場料金を安くする方法・駐車場情報のまとめ

天王寺動物園とは

天王寺動物園チケット売り場

天王寺動物園は、大阪市天王寺区の天王寺公園内にある動物園。
1915年(大正4年)に開業し、2015年には開園100周年を迎えました。

園内には200種1,000点の動物が飼育されていて、ライオンやキリンなどのメジャーな動物をはじめ、オオカミ、コアラのような珍しい動物も見られます。

天王寺動物園カバ

食事中のカバ。人気の動物の前には人だかりができていて、写真撮影をする人で混雑していました。

天王寺動物園キリン

アフリカサバンナゾーンでは、大きなキリンを間近で見ることもできましたよ。

天王寺動物園ベンチ

天王寺動物園には売店やレストランもありますが、ベンチや芝生広場で、持参したお弁当を食べるのもおすすめです。

天王寺動物園へのアクセス・行き方

天王寺動物園の入り口は「てんしばゲート」と「新世界ゲート」の2つです。

てんしばゲートから入場する場合は、地下鉄「天王寺駅」5番出口・JR「天王寺駅」中央出口より徒歩5分〜10分ほど。

近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」7番出口からは徒歩約10分です。

また、新世界ゲートから入場する場合は、地下鉄「動物園前駅」1号出口・地下鉄「恵美須町駅」3号出口より徒歩5分〜10分。

南海・JR「新今宮駅」通天閣口(東口)より徒歩約10分で着きます。

天王寺公園には駐車場もあるので、車で行くことも可能。
参考までに公式サイトで紹介されている駐車場の料金を紹介しますね。

天王寺公園地下駐車場(500台)

  • 【月~金】8:00〜22:00 30分/200円、22:00〜8:00 60分/100円
  • 【土日祝】8:00〜22:00 30分/300円、22:00〜8:00 60分/100円
  • 当日24時まで最大料金1,600円

天王寺公園茶臼山エントランス駐車場(70台)

  • 【月~金】8:00〜22:00 30分/200円、22:00〜8:00 90分/100円
  • 【土日祝】8:00〜22:00 20分/200円、22:00〜8:00 90分/100円
  • 当日24時まで最大料金2,000円

どちらも市営の駐車場なので、料金が少し高い印象。

「駐車場代を少しでも浮かせたい」という人は、ネットで「天王寺動物園 駐車場 最安値」と検索すれば、周辺の有料駐車場情報が出てきますよ。

ちなみに私が探してみたところ、タイムズ恵美寿西第6駐車場は月〜金の24時間最大料金が500円(土日祝日は1,000円)でした。

ただし、収容台数は16台と少なめなので、競争率は高そうですね。

スポンサーリンク

天王寺動物園の通常の入場料はいくら?

天王寺動物園の通常の入場料は以下の通り。

  • 大人:500円
  • 小・中学生:200円
  • 未就学児:無料

市が運営している施設ということもあって、料金はリーズナブルです。
また、以下の対象者の方は身分証明証を提示すれば入場料が無料になります。

  • 大阪市内在住・在学及び大阪市立(市外含む)の学校に在学の小中学生
  • 大阪市内在住の65歳以上
  • 身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳、戦傷病者手帳、療育手帳をお持ちの方

今回、天王寺動物園の入場料を安くする方法を調べてみたんですが、残念ながら小・中学生の料金が割引になる方法は見つかりませんでした。

大人の割引方法は2つあったので、さっそく紹介しますね。

天王寺動物園の入場料を安くする方法

OSAKA PiTaPaを提示する

まず一つ目は、大阪市営地下鉄で利用できる「OSAKA PiTaPa」を提示する方法。

OSAKA PiTaPaは、PiTaPa交通ご利用エリアやJR西日本のICOCAエリアの他、Kitacaエリア、PASMOエリア、Suicaエリア、manacaエリア、TOICAエリア、はやかけんエリア、nimocaエリア、SUGOCAエリアで利用できるカードです。

OSAKA PiTaPaを提示すれば、天王寺動物園の入場料が50円引きの450円に。

OSAKA PiTaPaをもっていれば、そのほかの観光スポットやショップでも優待が受けらるので、持っている方は活用したいところ。

参考:OSAKA PiTaPa カード提示優待店・施設の検索

また、ノマド的節約術では、OSAKA PiTaPaの1種「京都ぷらすOSAKA PiTaPaカード」について紹介しているので、興味がある人はそちらも合わせてチェックしてみてください。

エンジョイエコカードを提示する

エンジョイエコカード

2つ目の方法は、大阪市営地下鉄の1日乗車券「エンジョイエコカード」を提示する方法です。

エンジョイエコカードがあれば、大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線が1日乗り放題。
大人800円(土日祝600円)、小児はいつでも300円で利用できます。

エンジョイエコカードを提示すれば、天王寺動物園の入園料が150円引きの350円に。

そのほかにも大阪市内の約30ヶ所の観光スポットで割引特典を受けらるので、「1日で数ヶ所観光する予定」という人はエンジョイエコカードを買っておくといいですね。

発売場所は地下鉄駅構内の券売機、定期券発売所、売店、あるいはバスの車内、営業所で購入できますよ。

さいごに

天王寺動物園園内

天王寺公園には初めて遊びにいきましたが、動物園やきれいに整備された芝生広場、新鮮な食材が販売されている市場、おしゃれなカフェなどもあり、周辺を歩きまわるだけでも十分楽しめました。

天王寺動物園にはえさやり体験ができるふれあい広場もあったので、小さなお子さんがいるファミリーはぜひ遊びにいってみてください。

また、天王寺動物園は弁当の持ち込みもOK。
レジャー費を節約したいという場合は、弁当と飲み物をもってでかけるといいでしょう。

入園料もリーズナブルですし、1日いても飽きないくらい見てまわるところがたくさんあるので、休日にお子さんを連れていくおでかけスポット候補にいかがでしょうか。

おまけ:周辺施設の割引方法

大阪などの関西には、天王寺動物園以外にもたくさんレジャー施設があります。
他の場所で安く入場する方法も詳しく説明していますので、合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。旅行が趣味で、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しむのが大好き。毎月家族旅行へ行くのが夢なので、旅費捻出のためにできる節約術を実践しています!

執筆メンバの一覧を見る