六甲山牧場のチケット料金を割引クーポンなどで安くお得にする方法・アクセス方法・行った感想まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
おでかけ好きライターNANAです。

私は神戸に住んでいるのですが、そんな神戸在住の私がおすすめしたい神戸のおでかけスポットのひとつが、六甲山。

六甲山には展望台や植物園、スノーパークなど、見どころがたくさんあり、1日中遊べるところなんです。

神戸市立六甲山牧場も、六甲山にあるレジャー施設のひとつ。

六甲山牧場は公式サイトで「ふれあい120%宣言」をしている通り、動物たちとのふれあい体験メニューが豊富な牧場です。

また、入園料もリーズナブルなので、お子さん連れのファミリーにもおすすめのスポットですよ。

今回は、六甲山牧場へのアクセスと入場料金を割引クーポンなどで安くする方法をまとめてみました。

もし行く予定があるのなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

六甲山牧場のチケットを安くお得にする方法・アクセス方法・感想まとめ

六甲山牧場とはどんなところ?

六甲山牧場入口写真

六甲山牧場は、神戸市灘区の六甲山にある高原牧場。
一般開放しているエリアは23.4haで、甲子園球場約6個分と同じ広さです。

場内では馬やヤギのほか、モルモットやうさぎなどの小動物とも触れあうことができますよ。

六甲山牧場放牧中の羊写真

牧場内では羊が放し飼いにされているので、とても近い距離で写真を撮ったり、触ったりすることもできます。

そのほか、ミニポニーショーや子牛のミルクやり体験、ウールクラフト教室など、さまざまなイベントも実施。

レストランやベーカリーカフェもあり、1日中遊ぶことができる施設ですよ。

六甲山牧場の基本情報

  • 住所:〒657-0101 神戸市灘区六甲山町中一里山1-1
  • 電話番号:078-891-0280 (六甲山牧場 管理事務所)
  • 定休日:4月~10月無休、11月~3月火曜日が休み、年末年始
  • 営業時間:9:00〜17:00(4月~10月の土日祝・GW・お盆期間は17:30まで営業)

なお、定休日に関しては、上記以外に施設点検休みがあります。

遊びに行くときには、念のため、公式サイトで営業スケジュールを確認しておくと安心です。

六甲山牧場への行き方・駐車場について

つづいて、次は六甲山牧場への行き方と駐車場について紹介していきますね。

六甲山牧場へ公共交通機関を利用して行く場合のアクセスは、次の通りです。

  • 六甲ケーブル山上駅よりバスで15分
  • 摩耶ロープウェー山上駅よりバスで15分

詳しい道順は公式サイトで紹介されているので、参考にしてみてください。

参考:六甲山牧場へ電車で行く場合のアクセス

六甲ケーブルの乗り方については以下で紹介していますよ。

また、車で行く場合は以下のアクセス方法を参考にしてくださいね。

  • 阪神高速3号神戸線「魚崎IC」
  • 阪神高速5号湾岸線「住吉浜IC」
  • 阪神高速7号北神戸線「からと東IC」「からと西IC」

こちらも同じく、公式サイトで詳しいルートが紹介されていますよ。

参考:六甲山牧場へ車で行く場合のアクセス

六甲山牧場の駐車場について

六甲山牧場には、「北駐車場」と「南駐車場」の2ヶ所の駐車場があります。
駐車場情報は次の通り。

  • 台数:【北駐車場】318台、【南駐車場】264台
  • 料金:【普通車】1日500円、【二輪】1日100円

どちらの駐車場からも入場できますが、正面入場口は北駐車場です。

迷ったときは公式サイトにある場内マップを参考にして、どこを見学するか決めたうえで駐車場を選ぶといいですよ。

参考:六甲山牧場の場内マップ

六甲山牧場の通常の入場料はいくら?

六甲山牧場案内板写真

六甲山牧場の割引方法を紹介する前に、まずは通常料金を紹介しますね。

通常の入場料は次の通りです。

  • 大人(高校生以上):500円
  • 小人(小・中学生):200円
  • 幼児:無料

神戸市が運営している牧場ということもあり、料金はかなりリーズナブルですね。

良心的な価格で、牧場にいる動物たちと触れあえることを思えば、とてもコスパのいいレジャー施設だと思いますよ!

六甲山牧場年間パス案内板写真

ちなみに、六甲山牧場には年間パスポートがあるので、期間中何度も利用するのであればそちらを購入するのがおすすめですよ。

1年パスポートの料金は次の通りです。

  • 大人(高校生以上):1,000円
  • 小人(小中学生):400円

年間で3回以上行く場合は、年間パスポートのほうがお得になりますね。

六甲山牧場の入場料を安くする方法

六甲山牧場割引案内板写真

六甲山牧場は、安く入場する方法がいくつかありますのでこれからで紹介しますね。

コープこうべの組合員証を提示する

コープこうべの組合員証を提示すると、以下の割引が受けられます。

  • 大人:500円→450円(50円割引)
  • 小人:200円→180円(20円割引)

コープこうべの組合員証は、そのほかのレジャー施設でも優待割引があります。
もし組合員証を持っている場合は、ぜひ活用してみてくださいね。

タイムズクラブ会員証を提示する

タイムズクラブの会員証を提示すると、コープこうべと同様に、以下の割引が受けられます。

  • 大人:500円→450円(50円割引)
  • 小人:200円→180円(20円割引)

タイムズクラブは入会金・年会費が無料なので、レジャー代を節約する目的で入会しておくのもおすすめですよ。

六甲・まやレジャーきっぷを提示する

「六甲・まやレジャーきっぷ」は、六甲山とまや山へのアクセスがセットになったお得な乗車券です。

六甲・まやレジャーきっぷを利用すれば、交通費が節約できるだけでなく、六甲山やまや山周辺のレジャー施設の割引優待も受けられますよ。

ちなみに、六甲山牧場では以下の割引が受けられます。

  • 大人:500円→400円(100円割引)
  • 小人:200円→160円(40円割引)

割引額はコープこうべや、タイムズクラブよりも大きいですね。

六甲山やまや山をいろいろ観光する予定なら、六甲・まやレジャーきっぷの優待を活用することをおすすめします!

参考:阪急電鉄「六甲・まやレジャーきっぷ」案内

デイリープラスでの割引はありません

さまざまな優待特典があってお得なデイリーPlusですが、残念ながら六甲山牧場の優待はありませんでした。

デイリーPlusはレジャー施設の割引以外にも、映画鑑賞券や商品券、クオカードなども割引価格で購入できるのがメリットです。

六甲山牧場以外のところへでかけるときに、優待特典を探してみてもいいですね。

最初の2ヶ月間は無料で使えるので、興味があれば試してみるのもおすすめですよ。

JAF会員証の割引もありません

デイリーPlusと同様に、JAFにもさまざまな特典があります。
ところが、残念ながらJAFにも六甲山牧場の優待はありませんでした。

ただ、六甲山にある「六甲山フィールド・アスレチック」では、JAFの優待がありましたよ。

JAF会員証を提示すれば入場料が割引になるので、六甲山フィールド・アスレチックに行く予定があるなら、会員証を忘れずに持っていってくださいね。

節約したいならお弁当を持参するのもおすすめ

六甲山牧場ベンチ写真

六甲山牧場の入園料を安くする方法は限られていますが、そのほかで節約したいのなら、お弁当を持参するのもおすすめです。

レストランやベーカリーカフェもありますが、お店のものを食べるとなると少し割高になってしまいますよね。

園内には屋根つきのベンチ&テーブル席もあるので、飲食代を節約するならお弁当や水筒を持っていくといいと思いますよ。

六甲山牧場へ実際に行ってみた感想

六甲山牧場園内写真

六甲山牧場は、スイス山岳牧場をイメージしてつくられた牧場です。
場内の建物も「アルプスの少女ハイジ」に出てきそうな、スイスっぽい雰囲気が感じられました。

六甲山牧場馬写真

場内では馬、羊、ヤギ、モルモットやうさぎなどの小動物など、さまざまな種類の動物たちを間近で見られますよ。

六甲山牧場ヤギ写真

こちらの2頭のヤギは、柵に身を乗り出して、じーっと通りすぎる観光客たちを見つめていました。
なんだかおもしろい光景に、うちの子どもたちも興味津々。

近づいてもほとんど動かなかったので、一緒に写真撮影するのもおすすめです。

六甲山牧場えさ販売機写真

ちなみに、ちょうどすぐそばにヤギ専用のエサ販売機があったので、ヤギたちにえさやりをしてみることにしました。

料金は1個100円ですよ。

六甲山牧場ヤギのえさやり写真

えさを手に持つと匂いでわかるのか、ヤギがこちらに近寄ってきました。

数粒あったえさは一瞬でなくなりましたが、子どもたちはキャーキャー言いながらも、えさやり体験ができて大満足の様子。

六甲山牧場では、そのほかにも子牛のミルクやり体験やうさぎのえさやり体験などもあります。
めったにできない体験だと思うので、牧場へ行ったときにはぜひチャレンジしてみてくださいね!

六甲山牧場放牧中の羊写真

こちらは東エリアにある羊の放牧場です。
私が訪れた日はあいにくくもり空でしたが、放牧場では晴れた日だと素敵な写真が撮れそうですね。

放牧場には、草を食べている羊があちこちにいて近くで触ることもできますよ。
急に近づくと羊がびっくりして逃げてしまうので、ゆっくりと近寄ってみましょう。

ただし、牧場内にはいたるところに羊のフンが落ちているため、足元にはご注意ください

正直、よけ切れないくらいのフンがあるので、踏んでしまうのは仕方ないと諦めたほうがいいかもしれません…。

もし六甲山牧場へ行くときは、お気に入りの靴や新品の靴はやめておくことをおすすめします!

六甲山牧場モルモット写真

馬や羊など大きな動物が苦手というお子さんには、モルモットやうさぎなどの小動物が見られるスポットもおすすめ。

日によっては、うさぎのふれあい体験やえさやり体験も可能です。

今回は天気の都合で2時間ほどしか見られませんでしたが、六甲山牧場は2時間だけでは全然足りないくらい見どころがたくさんあるスポットでした!

動物とのふれあい体験以外にも、アイスクリーム作りやチーズ作り、ウールクラフト教室などのさまざまな体験メニュー、シープドッグショーやホースショーなどのイベントもあります。

六甲山牧場をたっぷり堪能したいのなら、ぜひ1日かけてじっくりと見てまわってみてくださいね。

さいごに

六甲山牧場写真

六甲山牧場は、牛や馬、羊など、さまざまな動物と触れあうことができるのはもちろん、緑に囲まれたのどかな場所で、散策しながらゆっくりとした時間を過ごすのも楽しかったです。

また、体験メニューやショーイベントもいろいろあるので、1日中いても飽きず、家族でのおでかけやカップルのデートにもイチオシのスポットですよ!

場内は広くて坂道が多いので、小さなお子さんを連れて行く場合は、ベビーカーや抱っこひもがあると役に立つと思います。

なお、六甲山の気温は神戸の市街地よりも約4~5度ほど低いとのこと。
必要であれば、カーディガンなどの羽織ものを持っておくと安心ですよ。

六甲山周辺を観光する予定があるなら、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

おまけ:関西のレジャー施設の割引情報

ノマド的節約術では、関西のレジャー施設の割引情報をまとめています。
おでかけ先を探しているときは、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

NANA

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!