大阪メトロの一日乗車券「エンジョイエコカード」の割引特典・買い方・区間範囲を徹底解説!地下鉄・ニュートラム・バスが1日乗り放題

スポンサーリンク

大阪市内を観光する時は、地下鉄の移動が便利です。
東京ほどではありませんが、いろいろな路線があり、ほとんどの行きたい場所は地下鉄があれば行けます。

1日大阪を観光することがあるのなら、地下鉄・ニュートラム・バスが1日乗り放題になる「エンジョイエコカード」が便利です。

大阪で用事があった時に使ってみましたので、使い方と感想を紹介していきますね。
使う時期や曜日によっては、単純に往復するだけでもエンジョイエコカードのほうがお得になりますよ。

エンジョイエコカード

エンジョイエコカードは平日用と土日祝日用がある

エンジョイエコカードは、同じ名前ですが2種類あります。
平日用と土日祝日用の2つ。

しかも、それぞれ値段が異なります。

  • 平日用:800円
  • 土日祝日用:600円
  • 小児:300円

お出かけしやすい土日祝日用の方が200円も安いですね。
600円だと、300円を超える区間で利用すれば、往復だけで得します。

▼また、年末年始の時期も600円でエンジョイエコカードが販売されていました。

エンジョイエコカードのキャンペーン

ちなみに私がエンジョイエコカードを使った理由は、新大阪駅からトレードセンター前駅まで行く用事があったからです。

ATCホールで行われている、新年恒例のイベント「プラレール博」に参加するためですね。

エンジョイエコカード 印字前

有効期限はなく、いつでも使える。一度通したらその日限り

エンジョイエコカードの有効期限はありません。
その日使わなくても、エンジョイエコカードを買うことはできますよ。

ただし、1度改札を通せば、その日しか使えません。
1dayチケットですからね。

▼1度改札を通すと、エンジョイエコカードの表面に使った日が印字されます。

エンジョイエコカード 印字済み

▼裏面も使った区間が印字されますね。

エンジョイエコカードの裏面

相互直通運転をしている私鉄他社や大阪モノレール・JRは有効区間ではない

大阪メトロ(旧:大阪市営地下鉄)は、阪急電鉄・北大阪急行・近鉄と直通運転している区間があります。

それぞれの私鉄の駅になってしまうと、エンジョイエコカードは使えず、別料金になるので注意してください。

エンジョイエコカードが使えるのは、大阪メトロ・ニュートラム・バスの全線です。

大阪モノレールでも使えません。
もちろん、JRも大阪メトロとは違うのでエンジョイエコカードは使えないです。

エンジョイエコカードの買い方

エンジョイエコカードって、どこで買えばいいのかが気になりますよね。

私が買った時は、改札横のサービスコーナーでエンジョイエコカードの宣伝をしていたので、そこで質問して買うことにしました。

どこの駅でもそういうのがあるわけではないので、普段は駅の券売機でエンジョイエコカードを買います。

ここから、駅の券売機でエンジョイエコカードを買う手順を紹介しますね。

▼券売機の前に立ち、まずはお金を入れて「カード購入」ボタンを押しましょう。

エンジョイエコカードの買い方

▼その下にある「エンジョイエコカード」もしくは「エンジョイエコカード土日祝」を押してください。

エンジョイエコカードの買い方

▼料金ボタンが表示されるため、金額に間違いがなければ押しましょう。

エンジョイエコカードの買い方

▼これでエンジョイエコカードを発券中になります。

エンジョイエコカードの買い方

▼エンジョイエコカードが出てきましたね!
お釣りも忘れずに回収しておきましょう。

エンジョイエコカードの買い方

▼入手したエンジョイエコカードがこちら。

エンジョイエコカードの買い方

ちなみにバスでエンジョイエコカードを買う場合は、バス車内もしくは営業所で買いましょう。
バス車内の場合は売り切れている場合があるので、営業所で買うのが確実ですよ。

PiTaPaより時間がかかるデメリットも

大阪メトロは、PiTaPaやICOCAが使えます。
普段から乗る場合は、PiTaPaの割引特典が充実していますよ。

1日に3回・4回と何度も乗る場合は、エンジョイエコカードを使う方が安くなると思います。

でも、エンジョイエコカードを買う時間や改札に通す時の手間がPiTaPaに比べるとありますよね。

細かな時間をムダにしたくない場合は、エンジョイエコカードを買わないのも1つの方法です。

エンジョイエコカードは施設割引が充実している

エンジョイエコカードは、地下鉄やバスの運賃の節約だけがメリットではありません。

大阪は観光地が多い場所でもあるので、エンジョイエコカードを使って、いろんな場所を周りますよね。

あちこちの施設に入場する時にエンジョイエコカードを提示することで、入場料が割引になるところも多いです。

エンジョイエコカードを使いつつ、大阪の名所を巡る楽しみ方もありますよ。

割引対象になっている施設は以下の通りです。

  • 大阪城天守閣
  • 大阪城西の丸庭園
  • 大阪歴史博物館
  • 咲くやこの花館
  • アクアライナー(大阪水上バス)
  • 梅田スカイビル・空中庭園展望台
  • 大阪市立科学館
  • 国立国際美術館
  • 大阪市立東洋陶磁美術館
  • 大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)
  • 大阪企業家ミュージアム
  • 大丸ミュージアム<梅田>
  • 湯元「花乃井」スーパーホテル 大阪天然温泉
  • キッズプラザ大阪
  • 湯木美術館
  • 天王寺動物園
  • 通天閣
  • あべのアポロシネマ
  • 上方浮世絵館
  • 日本工芸館
  • 大阪人権博物館 リバティおおさか
  • 四天王寺
  • 大阪市立自然史博物館
  • 大阪市立長居植物園
  • 大阪市立美術館
  • キャプテンライン大阪府咲洲庁舎展望台
  • 観光船サンタマリア(大阪水上バス)
  • 大阪ダックツアー
  • スパワールド世界の大温泉
  • 大阪市内のジャンボカラオケ広場:3名まで10%割引、4名以上20%割引
  • 天満天神繁昌亭
  • 天保山大観覧車
  • 国立文楽劇場

有名どころの海遊館USJでは割引がありませんが、特に海遊館に行く場合は地下鉄を利用するため、いろいろまわるついでにエンジョイエコカードを使うのはおすすめです。

さいごに

大阪メトロ

エンジョイエコカードを使うことで、地下鉄やバスの運賃も安くなるし、いろいろな施設の入場料まで割引できます。

これがあるとお出かけしやすくなりますね。
高くてためらってしまう前に、エンジョイエコカードを検討してみましょう。

おまけ:他の1dayチケット系も便利です

エンジョイエコカード以外にもいろいろと1dayチケットがあります。

目的に合わせて使い分けするとムダにお金を使わずに済みますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る