セブンイレブンでApple Payを使う方法を解説!nanacoポイントがもらえるのかや使えないときの対処法まとめ

スポンサーリンク

Apple Payにクレジットカードを登録しておけば、スマートフォンをかざすだけで決済できます。
わざわざカードを持ち歩く手間も省けますよね。

そんなApple Payですが、コンビニのセブンイレブンでも使えます!

ただ、慣れないうちはどうやってセブンイレブンでApple Payを使えばいいのか悩んでしまいますよね。
また、nanacoカードと併用したり、nanacoポイントが貯められるのかも気になるところです。

このページでは、セブンイレブンでApple Payを使う方法やnanacoカードと併用できるかどうか、Apple Payが使えないときの対処法について紹介していきますね。

セブンイレブンでApple Payを使う方法

セブンイレブンでApple Payを使う方法

セブンイレブン外観

では早速、セブンイレブンでApple Payを使うときの手順について紹介していきますね。

セブンイレブンでApple Payを使うためにも、まずはクレジットカードを登録しておいてください。
クレジットカードだけでなく、プリペイドカードやSuicaも登録できますよ。

▼私はApple Payに楽天カードを登録して決済しています。

Apple Pay JCBカード

Apple Payを使うときの流れは以下の通り。(iPhoneユーザーの場合)

  1. Walletを開いて使いたいカードを選ぶ
  2. 「QUICPay(もしくはiD・Suica)で支払います」とレジの店員さんに伝える
  3. Touch IDまたはFace IDで認証する
  4. レジにあるリーダーにスマートフォンをかざす
  5. 支払い完了

▼認証が終わると、「リーダーにかざしてください」という画面が表示されるので、レジにあるリーダーにスマートフォンをかざしましょう。

Apple Pay リーダーにかざしてください画面

たったこれだけで、Apple Payを使って支払いができます。

店員さんに伝えるときは、Apple Payではなく「QUICPayで」という感じで支払い方法を伝えるとスムーズですよ。

おサイフケータイに対応していたり、登録するカードがiDに対応していたりするとiD決済もできます。

Apple Payに登録したカードにあるマークを見て、QUICPayなのかiDなのか判断するといいですね。

イオンカードメルペイなどはiD決済になりますよ。

イオンカードをApple Payに紐づけする手順・流れ

Apple Payに登録されているSuicaで支払いたいときは、「Suicaで」と伝えてください。
支払いの流れはほとんど同じです。

▼実際に、セブンイレブンでApple Payで決済したときのレシートがこちら。

セブンイレブンでApple Payを使ったときのレシート

ちゃんと「QUICPay払い」として処理されていますね。
Apple Payに登録してあるクレジットカードで支払う形になるので、カード払い分のポイントがつきますよ。

たとえば、還元率1%の楽天カードで1,000円分を支払った場合、楽天スーパーポイントが10ポイントもらえる計算になります。

できるだけ還元率の高いクレジットカードを登録しておくといいですね。

Apple Payの上限金額について

セブンイレブンでApple Payを使うとき、いくらまで使えるのかも気になるところです。

1回の支払いに利用できる金額は20,000円までとなっていますよ。
上限金額を超えての支払いはできません。

QUICPayで支払う場合も、iDで支払う場合も上限金額は同じです。

たとえば、セブンイレブンで30,000円の支払いをしたいときにApple Payは使えないということですね。

とはいえ、コンビニで20,000円超えの金額を支払うことはあまりないと思うので、そこまで不便ではないですよ。

nanacoカードの提示でnanacoポイントはもらえる?

Apple Payとnanacoカード

セブンイレブンといえば、nanacoカードが使えます。

そんなnanacoカードとApple Payが併用できるのかも気になりますよね。
nanacoカードを提示すれば、nanacoポイントがつくのでは?と思ってしまいます。

結論からいうと、Apple Payで支払うときにnanacoカードを提示しても、nanacoポイントは貯まりません。

なぜなら、nanacoカードはポイントカードではないから。

nanacoカードでnanacoポイントが貯まるのは、あくまでもnanacoカードで支払いをしたときやnanacoにチャージしたときになります。

また、Apple Payとnanaco払いの併用もできないので注意しておきましょう。

どうしてもnanacoポイントを貯めたい場合は、Apple Payにセブンカード・プラスを登録して支払うのがおすすめです。

クレジットカード払い分のnanacoポイントが貯まるので、セブンイレブンをよく使う場合は作っておくと便利ですよ。

セブンイレブンのアプリとは併用できます

セブンイレブンのアプリ 会員コード

残念ながら、Apple Payで支払うときにnanacoカードを提示してもポイントは貯まりません。

ただ、セブンイレブンの公式アプリとは併用できますよ。

▼Apple Payで支払う前に、アプリの「会員コード」を提示しましょう。

セブンイレブンのアプリ 会員コード画面

アプリを使うと、対象商品の購入によってバッジポイントが貯まっていきます。

バッジを貯めるとランクが上がっていき、クーポンがもらえたり、抽選で景品が当たったりするお得なサービスです。

▼アプリではバッジの貯まり具合や、あとどれぐらいでランクが上がるかも確認できますよ。

セブンイレブンアプリ バッジが集まった数

▼バッジは、商品やサービス内容ごとに確認できます。

セブンイレブンアプリ バッジ一覧

会員登録は無料なので、とりあえずアプリをダウンロードしておくのもいいですね。

参考:iOS専用のセブンイレブンアプリはこちらから
参考:Android専用のセブンイレブンアプリはこちらから

Apple Payはほかの支払い方法と併用できる?

セブンイレブンでApple Payを使うときに、ほかの支払い方法と併用できるのかも気になるところです。

Apple Payは、以下の支払い方法とは併用できません。

基本的に、クレジットカード・電子マネーなどとは併用できないと覚えておきましょう。

また、Apple PayのQUICPayで支払うときにiDやSuicaを使ったり、Suicaで支払うときにQUICPayやiDと併用することもできません。

セブンイレブンでApple Payが使えないときの対処法

セブンイレブンでApple Payを使おうと思ったのに、なぜか使えないこともあるかもしれません。

原因になりそうなことを知っておけば、対処しやすくなりますよ。

主に、Apple Payが使えない原因として考えられるのは以下の通り。

  • Apple Payの上限金額を超えている
  • 登録したクレジットカードの限度額を超えている
  • 支払いに対応していない商品を買おうとしている

Apple Payの上限金額や、Apple Payに登録したクレジットカードの限度額を超えての支払いはできません。

また、商品やサービスによってはApple Payで支払えないものもあります。

たとえば、以下のようなものはApple Payで支払えません。

さいごに

セブンイレブンでApple Payを使う方法についてまとめてみました。

  • 1回の支払い上限金額は20,000円まで
  • Apple Payで支払うと登録したカードのポイントが貯まる
  • nanacoカードとの併用はできない
  • セブンイレブンのアプリを使えばバッジが貯まる

nanacoカードとは併用できませんが、Apple Payを使って支払えば登録したクレジットカードのポイントが貯まります。

どうしてもnanacoポイントを貯めたい場合は、Apple Payにセブンカード・プラスを紐付けておくのがおすすめです。

参考:セブンカード・プラスを使ってみるにはこちらから

おまけ:ほかの電子マネーと比較したい場合

ほかの電子マネーと比較したい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る