楽天ペイをセブンイレブンで使って支払う方法を写真つきで解説!ポイントを二重取りする方法・使えないときの対処法まとめ

柚木ゆうらの画像

2019年10月1日から、セブンイレブンでも楽天ペイが使えるようになりました。
普段からよく楽天系のサービスを使っているのであれば、おすすめの支払い方法です。

とはいえ、はじめてセブンイレブンで楽天ペイを使う場合、どうやって支払えばいいのか使い方がわからない部分もあるかもしれませんね。

楽天ペイで楽天ポイントが貯まるのかも気になるところです。

このページでは、セブンイレブンで楽天ペイを使うときの流れやポイントを二重取りする方法について詳しく紹介していきますね。

楽天ペイはセブンイレブンで使える?対処法・お得な支払い方法

まずは楽天ペイを使えるようにしておこう

セブンイレブンで楽天ペイを使うためにも、まずは楽天ペイアプリをダウンロードしておきましょう。

楽天会員であれば、楽天ペイにクレジットカードなどを連携しておくことで簡単に支払えます。
また、楽天ポイント期間限定ポイントを使って支払うこともできますよ。

支払いに使うためにも、まずは楽天ペイアプリをダウンロードしてみてくださいね。

参考:iPhone版の楽天ペイアプリはこちら
参考:Android版の楽天ペイアプリはこちら

セブンイレブンで楽天ペイを使うときの手順

セブンイレブン外観

楽天ペイを使える状態にしたら、実際にセブンイレブンで使ってみましょう!

ただ、セブンイレブンでどうやって支払えばいいのか使い方が気になるところですよね。

セブンイレブンでは、楽天ペイのコード払いで支払います。
バーコード画面を提示するだけでいいので簡単ですよ。

セブンイレブンで楽天ペイを使うときの流れは以下の通り。

  1. 楽天ペイのアプリを開く
  2. 会計時に「楽天ペイで」とレジの店員さんに伝える
  3. スマートフォンに表示されたコード画面を提示
  4. バーコードを読み取ってもらうと決済完了

「楽天ペイでお願いします」と伝えると、店員さんがバーコード画面をスキャンして読み取ってくれました。

店員さんがレジ打ちしているタイミングで楽天アプリを起動し、バーコード画面を開いておくとスムーズに支払えますよ。

支払いが完了すると音が鳴ります。
音が鳴る=支払えた証拠なので、わかりやすいですね。

▼実際にセブンイレブンで楽天ペイ決済したときのレシートです。ちゃんと「楽天ペイ支払」として処理されていることがわかります。

セブンイレブンで楽天ペイ払いしたときのレシート

▼楽天ペイアプリにも、決済履歴が残ります。還元予定の楽天ポイントも表示されていました。

セブンイレブンで楽天ペイ払いしたときの決済履歴

▼電車好きの長男がいるので、ついつい買ってしまったチョコレート。

セブンイレブンで楽天ペイ払いして買ったチョコ

ちょっとしたお菓子を買うときでも、スマホ決済なら小銭を出す手間がないので便利ですね。

しかも、キャッシュレス還元額として4円値引きになっていました。
現金だと受けられない還元なので、少額でもお得感があります。

楽天ペイを使うと楽天ポイントが貯まる

セブンイレブンで楽天ペイを使うと、楽天ポイントが貯まります。

楽天会員の場合は、税込200円ごとに1ポイントが貯まるので還元率は0.5%です。

ただ、楽天ペイに楽天カードを紐付けておけば支払いは楽天カードからになるため、カードの還元率1%とあわせて合計で1.5%の還元率にできますよ。

税込200円の買い物で3ポイント貯まる計算になりますね。

よりたくさんの楽天ポイントを貯めたい場合は、楽天ペイに楽天カードを登録しておきましょう!

楽天ペイとnanacoは併用できません

nanacoカード

セブンイレブンといえば、nanacoのイメージが強いですよね。

そんなnanacoと楽天ペイは併用できません

また、楽天ペイで支払うときにnanacoを提示してもnanacoポイントは貯まらないので注意しましょう。
ポイントカードのようには使えません。

ただ、セブンイレブンではnanacoを使って公共料金や税金が支払えます。

楽天ペイでは支払えないので、公共料金や税金を支払うときはnanacoを使うといった感じで使い分けてみるのもおすすめですよ。

ほかの支払い方法と楽天ペイは併用できる?

セブンイレブンでは、nanaco以外にもいろいろな支払い方法が選べますよ。
楽天ペイとほかの支払い方法が併用できるかも気になるところ。

ただ、残念ですが楽天ペイとほかの支払い方法も併用できません

併用できない支払い方法は以下の通り。

たとえば、楽天ペイで支払いきれなかった分をnanacoで支払う、楽天Edyで支払いきれなかった分を楽天ペイで支払うという使い方もできません。

現金とも併用不可なので注意しましょう。

ポイントカードがわりとして使いたい場合は、セブンイレブンアプリを使うのもひとつの方法ですよ。
楽天ペイとセブンイレブンアプリは併用できます。

参考:iPhone版のセブンイレブンアプリはこちらから
参考:Android版のセブンイレブンアプリはこちらから

セブンイレブンで楽天ペイが使えないときの対処法

セブンイレブンで楽天ペイを使おうと思ったのに、なぜかエラーになってしまうこともあるかもしれません。
あらかじめ原因になりそうなことを知っておけば、対処しやすくなります。

楽天ペイが使えないときの理由として考えられるのは以下の通り。

  • モバイル端末の液晶にヒビや傷がある
  • 楽天ペイの上限金額を超えている
  • 楽天ペイに登録したクレジットカードの限度額を超えている
  • 楽天ペイで購入できない商品を買おうとしている

楽天ペイは、スマートフォンに表示させたバーコードを読み取って支払うスマホ決済です。
スマートフォンにヒビや傷がある場合、うまく読み取れないこともあるので注意しましょう。

また、商品によっては楽天ペイで買えないものもありますよ。

たとえば、以下のようなものは楽天ペイで支払えません。

  • インターショッピング商品店頭受け取り時の支払い(セブンネットショッピング以外)
  • インターネット代金収納(宅配商品のコンビニ前払い含む)
  • 公共料金などの収納代行
  • マルチコピー機でのサービス
  • 切手印紙・ハガキ・年賀ハガキ
  • クオカード
  • テレホンカード
  • プリペイドカード
  • プリペイド携帯カード
  • ビール券・酒クーポン券
  • 映画券・前売券
  • 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
  • 金券など
  • nanacoカードの発行手数料
  • 各電子マネーへの現金チャージ

キャンペーン期間中に楽天ペイを使うとお得!

セブンイレブンでは、楽天ペイに関連したキャンペーンも行なっています。

たとえば、以下のようなキャンペーンがありました。

  • セブンイレブンなど対象店舗で楽天ペイを使うと5%還元
  • 税込711円以上を楽天ペイで支払うと全員に150ポイントが当たる・抽選で10,000ポイントが当たる
  • はじめて楽天ペイを使うと最大800ポイントもらえる

キャンペーン中に楽天ペイを使えば、楽天ポイントがより多くもらえるのでお得ですね。

普段はnanacoやほかのスマホ決済を使いつつ、キャンペーン期間中は楽天ペイを使うように意識してみるのもおすすめです。

nanacoと楽天ペイならどっちがおすすめ?

セブンイレブンの代表的な電子マネーといえばnanacoですが、楽天ペイと比較したときに、どちらを使ったほうがお得になるのかも気になるところ。

まず、それぞれ基本となる還元率は以下の通り。

還元率としては同じですね。
ただ、楽天ペイに楽天カードを紐づけておくと、常に1.5%の還元率にできます。

そういった意味では、楽天ペイのほうがポイントを貯めやすくなっていますよ。

あとは、キャンペーン中の支払い方法を選ぶのもひとつの手です。

キャンペーン中は還元率が高くなるため、基本となる還元率が0.5%でもよりポイントも貯まりやすくなっていますよ。

税金・公共料金はnanacoで支払い、キャンペーン中や普段の買い物は楽天ペイで支払うという形で使い分けるのもおすすめですよ。

さいごに

セブンイレブンでもいろいろな支払い方法が選べるようになったので、どれをメインで使えばいいのか悩んでしまいますよね。

楽天ペイで支払うべきか悩んだときは、以下の点で選んでみましょう。

いずれかが当てはまるのであれば、セブンイレブンで楽天ペイを使ってみるいい機会です。

楽天ペイを使ってポイントをお得に貯めたいのであれば、楽天カードを紐付けておきましょう!

参考:楽天カードを使うにはこちらから

おまけ:ほかのスマホ決済と比較したい場合

楽天ペイのほかにも、スマホ決済サービスはいろいろとあります。

スマホ決済サービスについて知りたい場合は、以下もチェックしてみてくださいね。