d払いでdポイントを二重取りして還元率2%以上で貯める方法・ポイント利用のコツ・付与はいつになるかのまとめ

スポンサーリンク

dポイントが貯まるお店やサービスはいろいろとありますが、普段の買い物でポイントを貯めたいときはd払いを使うのがおすすめです。

支払い方法をd払いにするだけで、dポイントがどんどん貯まっていきますよ。

ただ、初めてd払いを使う場合は、どうやってポイントを貯めていけばいいのかわかりづらい部分もありますよね。

せっかくなら、お得にdポイントを貯めたいものです。

このページでは、d払いを使ってdポイントを貯める方法やお得な使い方、ポイントの有効期限について詳しく紹介していきますね。

d払いでdポイントをお得に貯める方法

d払いでdポイントを貯める方法について

d払いを使ってdポイントを貯めたいなと思ったとき、どうやって使えばいいのかわかりづらい部分もありますよね。

主に、d払いでdポイントを貯める方法は以下の通り。

  • お店でd払いをする
  • ネットでd払いを使う

d払いを利用すると、自動的にdポイントが貯まります。
特別な手続きをする必要がないので便利ですね。

ちなみに、ポイント還元率は以下の通り。

利用条件ごとのポイント還元率について
利用条件ポイント還元率
お店でd払い税込200円につき1ポイント(0.5%)
ネットでd払い税込100円につき1ポイント(1.0%)

オンラインショップなどネットで利用した場合、還元率が1%になるのでお得ですね。

d払いできるお店については、こちらで詳しく紹介しています。

dカードを紐付けるとdポイント二重取りができる

d払いでよりdポイントを貯めたいのであれば、クレジットカードのdカードdカード GOLDを紐付けておきましょう。

そうすることで、d払いしたときの引き落としにdカードになりつつ、d払いでのポイントも貯まるため、ポイント還元率が1.5〜2%になりますよ。

参考:dカードを使うにはこちらから
参考:dカード GOLDを使うにはこちらから

dポイントカードに対応しているお店だとdポイント三重取りができる

d払いに対応していて、かつdポイントカードの提示でdポイントが貯まるお店もあります。

その場合は、先ほどのdカードを併用することでさらにdポイントの還元率を高くできますよ。

dポイントが貯まりやすいお店だと、税抜100円ごとに1ポイント貯まるので、還元率を約2.5%にできます。

ローソンマツモトキヨシ東急ハンズなどがdポイントカード提示でdポイントが貯まるお店ですよね。

d払いにKyashは登録できません

d払いでのポイント還元率を高めるために、プリペイドカードのKyashが登録できたらうれしいなと思うかもしれません。

Kyashは還元率2%ですからね!

でも残念ながら、d払いにKyashを登録することはできません。
Kyashは、そもそも3Dセキュアに対応していないから登録できないんですよね。

ホントに登録できないのも実際にやってみて試してみた記事がこちらです。

d払いするとdポイントはいつ付与される?

d払いをした際、ポイントがいつ付与されるのかも気になるところですよね。

基本的には、決済処理が完了するとdポイントが付与されます。
ただ、決済処理のタイミングは対応店やサービスによって違ってきますよ。

ちなみに、決済完了時に届くレシートメールには獲得予定のポイント数が記載されます。

場合によっては、dポイントが反映されるまで少し時間がかかると覚えておくといいですね。

d払いで貯めたdポイントの使い方

d払いで貯めたポイントは使わないと意味がありません。
貯まっているdポイントがあるなら、どんどん使っていきましょう!

主に、dポイントの使い道は以下の通り。

貯めたdポイントをそのままd払いにあてることも可能です。
1ポイント=1円として、d払いにあてて買い物ができるので便利ですね。

▼dポイントを使って支払いたい場合は、「dポイントで利用する」を設定してからバーコードを提示しましょう。

d払いのバーコード画面を提示

dポイントのお得な使い方については、こちらでも詳しく紹介しています。

d払いでは期間・用途限定ポイントが使える

d払いでdポイントを使うときは、優先的に期間・用途限定ポイントが使われます。

有効期限の短いポイントから使われるのはうれしいですよね。
普段の買い物で期間・用途限定ポイントを使えば、ムダになりにくいですよ。

▼過去に、期間・用途限定のdポイントを使ってd払いしたときの履歴はこんな感じです。

d払いで期間・用途限定のdポイントを使った証拠

dポイントは交換することもできます

dポイントは、別のポイントに交換することもできますよ。

もしdポイントの使い道に困っているのであれば、別のポイントに交換してしまうのもありですね。

dポイントと交換できるポイントは以下の通り。

交換ルートは以下のようになります。

  • dポイント5,000ポイント→2,500JALマイル
  • dポイント5,000ポイント→5,000Pontaポイント

飛行機に乗る機会が多いならJALマイル、使い勝手の良さを優先するならPontaポイントと使い分けてみるのもいいですね。

ただし、期間・用途限定のdポイントは交換できません。

dポイントの有効期限について

d払いで貯めたdポイントの有効期限についても気になりますよね。

実は、dポイントの有効期限はポイントの種類によって違います。

それぞれの有効期限は以下の通り。

dポイントの有効期限について
ポイントの種類有効期限
dポイント4年間
dポイント(期間・用途限定)獲得サービスごと期限が異なる

通常のdポイントは4年間と有効期限が長めになっています。

しかし、期間・用途限定のdポイントは通常よりも期限が短いことが多いですよ。

期限切れのポイントは失効されてしまうので、有効期限内に使い切りましょう。

▼ポイントの有効期限は、dポイントクラブでも確認できます。

d払い ポイントの有効期限

dポイントを確認する方法

今どれぐらいdポイントを持っているのか、保有ポイント数を確認したいこともありますよね。

dポイントは、dポイントクラブサイトからいつでも確認できます。

もちろんd払いによって貯まったポイントや使ったポイントも確認できますよ。

▼dポイントクラブサイトのTOPページに保有ポイント数が表示されます。

d払い 現在のポイント

▼d払いアプリでもポイント数が確認できますね。

d払い dポイントで支払う

さいごに

d払いでdポイントを貯める方法や使い方についてまとめてみました。

  • d払いをすると自動的にdポイントは貯まる
  • ポイント還元率はお店利用で0.5%、ネット利用で1%
  • 貯めたポイントは1ポイント=1円として使える
  • dポイントを使ってd払いすることもできる

支払いのときにd払いを選ぶだけで、dポイントは自動的に貯まっていきますよ。

還元率を高めたいときは、オンラインショップなどネットで利用するのがおすすめですね。

dポイントはd払いにあてることもできるので、ポイントを貯めれば貯めるほど、支払いの負担も軽くなります。

対応しているところでは積極的にd払いを使って、dポイントをお得に貯めていきましょう!

d払いで、より多くのdポイントを貯めるのであれば、クレジットカードのdカードも使うのがいいですよ。

ドコモ携帯を使っているのなら、dカード GOLDのほうがお得になりやすいです!

参考:dカードを使うにはこちらから
参考:dカード GOLDを使うにはこちらから

おまけ:スマホ決済サービスに関連した記事

d払いのほかにも、スマホ決済サービスはいろいろとあります。

スマホ決済サービスについて知りたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!