eMAXIS Slimシリーズとは?メリット・デメリット・信託報酬や実質コスト・おすすめの証券会社について徹底解説

スポンサーリンク

「資産運用を始めたい」と思ったときに、選択肢の一つになるのが投資信託です。

投資信託は1本で日本や世界の株式、債券、不動産などに分散投資できるので、資産形成に最適ですよ。

しかし、証券会社で販売されている投資信託はたくさんあるので、どれを買えばいいか迷ってしまいますよね。

投資信託選びで迷ったら、「eMAXIS Slim(イーマクシススリム)」がおすすめです。

eMAXIS Slimは低コストで運用できる上に商品ラインナップが豊富なので、投資方針に合わせて商品を選べます。

私もeMAXIS Slimで積立投資に取り組んでいますよ。

そこでこのページでは、eMAXIS Slimの信託報酬や実質コスト、商品特徴、メリット・デメリットなどについて説明していきますね。

eMAXIS Slimとは?

eMAXIS Slimとは、三菱UFJ国際投信が設定・運用を行うインデックスファンドです。

eMAXIS Slimはコストへのこだわりが特徴で、名前にある「スリム」には「コストをスリム化する」という意味が込められていますよ。

また、ファンドの運用方針として「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」ことを掲げています。

2018年6月30日に、ニッセイアセットマネジメントが運用する「<購入・換金手数料なし>シリーズ」が信託報酬を大幅に引き下げることを発表しました。

しかし、eMAXIS Slimもすぐに反応し、数日後にはニッセイと同じ水準まで信託報酬を引き下げると発表したのです。

このできごとから、eMAXIS Slimが本気で業界最低水準の運用コストを目指しているのがわかりますね。

eMAXIS Slimは購入時手数料や信託財産留保額も無料ですよ。

eMAXIS Slimの商品一覧

eMAXIS Slimの商品を一覧にまとめました。

eMAXIS Slimの商品一覧(2018年11月時点)
ファンド名信託報酬(年率:税込)純資産総額
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)0.17172%約56億円
eMAXIS Slim国内株式(日経平均)0.17172%約13億円
eMAXIS Slim先進国株式インデックス0.11772%約265億円
eMAXIS Slim新興国株式インデックス0.20412%約106億円
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.1728%約76億円
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.15336%約30億円
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)0.15336%約3億円
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.15336%約6億円
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)0.17172%約183億円
eMAXIS Slim国内債券インデックス0.15012%約21億円
eMAXIS Slim先進国債券インデックス0.1836%約27億円

信託報酬は、新興国株式以外はすべて年率0.1%台とかなり低く設定されています。

eMAXIS Slimの商品特徴

ここでは、eMAXIS Slimシリーズ全11商品それぞれの特徴をざっくりと紹介していきますね。

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)は、東証株価指数(TOPIX)と連動する投資成果を目指すファンドです。

1本で東証一部に上場しているすべての銘柄に分散投資できますよ。

日本の株式市場全体に投資したいときにおすすめです。

eMAXIS Slim国内株式(日経平均)

eMAXIS Slim国内株式(日経平均)は、日経平均株価と連動する投資成果を目指すファンドです。

1本で東証一部上場企業のうち225銘柄に分散投資できますよ。

TOPIXに比べると投資対象が絞られており、日本の主要企業・人気企業に投資したいときにおすすめです。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは、eMAXIS Slimシリーズの中で最も人気が高いファンドです。

1本で米国を中心に、日本を除く先進国22か国の大型株・中型株に分散投資できますよ。

日本を除く先進国の株式に分散投資をしたいときにおすすめです。

eMAXIS Slim新興国株式インデックス

eMAXIS Slim新興国株式インデックスは、1本で中国をはじめとする新興国株式に分散投資できるファンドです。

投資対象は新興国24か国の大型株・中型株で、上位5か国(中国、韓国、台湾、インド、ブラジル)で全体の70%以上を占めています。

新興国株式はTOPIXや先進国株式に比べるとリスクが高くなりますが、その分高いリターンを狙えますよ。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500に連動する成果を目指すファンドです。

S&P500は米国市場の時価総額の約80%をカバーしており、1本で米国の代表的な上場企業500銘柄に分散投資できますよ。

世界の株式に分散投資するのではなく、米国株に絞って投資をしたいときにおすすめです。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)は、1本で日本を除く先進国、新興国の株式に分散投資できるファンドです。

投資対象に日本が含まれていないため、資産の一部を日本株で保有しているときに、投資先を分散する目的で購入するのがおすすめですよ。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、1本で日本を含む先進国・新興国の株式に分散投資できるファンドです。

投資対象は米国が約50%を占めており、2番目に多いのが日本の約8%となっていますよ。

1本で世界中の株式に投資できるのがメリットですが、2018年10月31日に設定されたばかりのため、eMAXIS Slimシリーズの中で純資産総額が最も小さくなっています。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)も、1本で日本を含む先進国・新興国の株式に分散投資できるファンドです。

投資割合が日本、先進国、新興国それぞれ33.3%ずつと均等になっているのが特徴ですよ。

同じ全世界株式でもオールカントリーとは投資割合が異なっており、日本や新興国の投資割合を増やしたいときは3地域均等型を選ぶといいでしょう。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、1本で日本を含む世界中の株式、債券、不動産(REIT)に分散投資できるファンドです。

eMAXIS Slimシリーズの中では、先進国株式の次に人気がありますよ。

債券や不動産も投資対象に含まれているので、リスクを抑えて運用したい場合や投資に手間をかけたくない場合におすすめです。

eMAXIS Slim国内債券インデックス

eMAXIS Slim国内債券インデックスは、日本の債券市場の値動きに連動する投資成果を目指すファンドです。

株式とは異なる値動きをするため、資産の一部に組み入れるとリスク分散効果が期待できますよ。

eMAXIS Slim先進国債券インデックス

eMAXIS Slim先進国債券インデックスは、日本を除く先進国の債券市場の値動きに連動する投資成果を目指すファンドです。

株式よりも値動きは小さくなりますが、国内債券に比べるとリスクは少し高くなりますね。

国内債券と同じく、資産の一部に組み入れることでリスク分散効果が期待できますよ。

eMAXIS Slimの実質コストについて

投資信託には信託報酬のほかに、保管費用や監査費用などがかかるため、実質コストは信託報酬よりも高くなります。

eMAXIS Slimの実質コストは、決算を迎えたあとに発行される「運用報告書」で確認できますよ。

▼eMAXIS Slim先進国株式の運用報告書に記載されている費用明細を確認すると、信託報酬が0.184%に対して費用合計(実質コスト)は0.276%になっています。

eMAXIS Slim1

つまり、信託報酬のほかに0.092%(0.276%‐0.184%)のコスト(その他コスト)がかかっていたことになりますね。

決算期間が1年以上(422日)あるため、より正確にその他コストを把握するには1年分に計算しなおす必要があります。

また、信託報酬の0.184%は引き下げ前の数字なので、現在のeMAXIS Slim先進国株式の実質コストは運用報告書の数字よりも低くなりますよ。

eMAXIS Slimの実質コスト一覧

運用報告書をもとにその他コストを1年分に計算しなおして、eMAXIS Slimの実質コストをまとめました。

eMAXIS Slimシリーズの実質コスト(概算)
ファンド名信託報酬(年率:税込)その他コスト実質コスト
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)0.17172%0.00605%0.17777%
eMAXIS Slim国内株式(日経平均)0.17172%0.00890%0.18062%
eMAXIS Slim先進国株式インデックス0.11772%0.07957%0.19729%
eMAXIS Slim新興国株式インデックス0.20412%0.18522%0.38934%
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)0.17172%0.06135%0.23307%
eMAXIS Slim国内債券インデックス0.15012%0.00259%0.15271%
eMAXIS Slim先進国債券インデックス0.1836%0.02075%0.20435%

7商品しかありませんが、その他のファンドはまだ第一期の決算を迎えておらず、運用報告書が発行されていないため除外しています。

新興国株式の実質コストは0.3%台まで増えていますが、その他は0.1~0.2%台と低コストに抑えられていますね。

ただし、あくまでも運用報告書をもとに計算した概算値であり、現在の実質コストとは異なるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

eMAXIS Slimのメリットとデメリット

eMAXIS Slimのメリットは、とにかく運用コストが低いことです。

業界最低水準の運用コストを目指すと宣言していますし、実際に他社が信託報酬を引き下げたときにはすぐに対応していますからね。

また、eMAXIS Slimは商品ラインナップが豊富なのも魅力ですよ。

TOPIXや先進国株式のようにひとつの資産クラスに投資できるものから、1本で複数の資産クラスに投資できるバランス、全世界株式まで幅広く取り扱っています。

デメリットは全世界株式(オールカントリー)のように、純資産総額が少ないファンドが一部あることくらいですね。

長期投資に取り組むなら、eMAXIS Slimを選んでおけば問題ないと私は思います。

つみたてNISAやiDeCoでも購入できる

eMAXIS SlimはつみたてNISAiDeCoでも購入できます。

つみたてNISAとiDeCoは、運用益が非課税になるなどの税制優遇が受けられるので、eMAXIS Slimを購入するならぜひ利用したい制度ですよ。

つみたてNISAでは、以下のネット証券で取り扱いがあります。

また、iDeCoで取り扱いがあるネット証券は以下の通りです。

つみたてNISAは、どのネット証券も取扱数に大きな差はありません。

iDeCoは、商品ラインナップが最も充実しているSBI証券のセレクトプランがおすすめですよ。

取扱金融機関の一覧とおすすめの証券会社

eMAXIS Slimの取扱金融機関をまとめました。

この中で一番おすすめなのは、つみたてNISAとiDeCoの両方に対応しているSBI証券ですね。

どこで購入するか迷ったら、SBI証券を選んでおけば間違いないですよ。

利用するのがつみたてNISAだけなら、ポイント投資ができる楽天証券もおすすめです。

実際に投資してみた感想と個人的ランキング

私は2018年に入ってから、つみたてNISAでeMAXIS Slimの国内株式(TOPIX)と先進国株式インデックスを購入しています。

まだ運用期間が短いので運用成績については何とも言えませんが、低コストで運用できるのはとても満足していますよ。

iDeCoでもSBI証券のセレクトプランを利用して、国内株式(TOPIX)と先進国株式インデックスを購入する予定です。

また、eMAXIS Slimの中で個人的におすすめのランキングも紹介しておきますね。

  1. eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  2. eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)
  3. eMAXIS Slim新興国株式インデックス

個人的には、最も信託報酬が低い先進国株式インデックスと、日本の株式市場全体に投資できる国内株式(TOPIX)の2本で十分だと思います。

もう少しリスクをとってより大きなリターンを目指すなら、新興国株式インデックスを加えるのがおすすめですよ。

さいごに

eMAXIS Slimの運用コストは業界最低水準なので、長期投資に最適です。

どの投資信託を買えばいいかわからない場合は、eMAXIS Slimシリーズの中から選べば間違いありません。

また、税制優遇が受けられるつみたてNISAiDeCoを利用すれば、資産を増やせる可能性がより高まります。

つみたてNISAやiDeCoでeMAXIS Slimを購入するなら、商品ラインナップが豊富なSBI証券がおすすめですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

大西カツシ

1979年生まれ、千葉県在住のWebライター。元経理課長で投資歴は10年以上。経理経験と投資経験を活かして「金融ライター」として活動しています。税理士科目合格(簿記論・財務諸表論)/日商簿記2級/FP2級。お金や時間に縛られないシンプルな生き方を追求しています。個人ブログ「かつにっき」も運営中。

執筆メンバの一覧を見る