THEO(テオ)は評判・口コミ通りなのか実験中!テオのメリットやデメリット・手数料についてのまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
資産運用することに今まで以上に興味が出てきている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

資金を預けているだけで自動的に資産運用してもらえる「ロボアドバイザー」のサービス。

そんなロボアドバイザーのサービスで有名どころの1つが「THEO(テオ)」です。

今回、今後の資産運用に向けてテオを使い始めたので、実際に使ってみた感想やサービス内容について詳しく説明していきますね。

THEO(テオ)は評判・口コミ通りなのか実験中!テオのメリットやデメリット・手数料についてのまとめ

テオの要点だけのまとめ

テオについてこれから説明していきますが、長くなってしまいますので、まずは要点だけをまとめています。

忙しくて時間がとれない方はここだけチェックしてみてくださいね。

  • 入金しておけば自動的に資産運用してもらえる
  • 手数料は1.0%(税抜)のみ
  • ETFに投資する
  • 積立にも対応している
  • 1万円からの入金でOK
  • 入出金手数料は無料

参考:THEO(テオ)について詳しく知るならこちらから

テオの運用結果

まず、テオを使って運用した結果から紹介していきますね。
ここが一番気になるところだと思います。

▼2017年8月末時点の運用結果は以下の通りです。
わずか85円ですが、プラスになっていますね!

テオの運用結果 2017年8月末時点

▼2017年9月末時点の運用結果は以下の通りです。
5,353円プラスになっています!

テオの運用結果 2017年9月末時点

▼2017年10月末時点の運用結果は以下の通りです。
9,767円(4.88%)プラスになっています!

テオの運用結果 2017年10月末時点

テオの特徴について

ロボアドバイザーのテオがどんな特徴を持っているのかが気になると思います。

まずは、テオのサービス内容について紹介していきますね。

ETFでの運用になる

自動的に資産運用ができるといっても、どういったところに投資するのかが気になるのではないでしょうか。

テオは、ETFという市場の動きに連動した金融商品に投資します。
世界経済全体に投資するようなイメージでいればいいですよ。

テオに入金を済ませると、2営業日後から運用が始まります。

最低入金額は1万円で、そこまでハードル高くなく始めることができますね。

大手のロボアドバイザーサービスであるウェルスナビは、30万円からとなっているので、比較すると始めやすいです。

気になる手数料はいくら?

ロボアドバイザーで自動的に運用してもらえる分、手数料が高くなるのではないかと気になりますよね。

テオの手数料は預かり資産の1.0%(税別・年利)です。
仮に100万円を預けていた場合は年間で10,000円(税別)の手数料がかかることになります。

1%以上の運用結果が出続けていれば、この手数料はあまり気になることないですよ。

おそらくですが、今後テオを使う人が増えてくると、手数料が下がる可能性もあるので、そうなればより低コストでの資産運用ができますね。

売買手数料・入出金手数料・為替手数料は無料です。
預かり資産の1.0%にあたる投資一任報酬以外の手数料はかかりません。

また、預かり資産が3,000万円以上になれば、1.0%が0.5%に下がります。
年間で15万円も手数料が変わってくるのでこれは大きいですね!

積み立てでの運用がおすすめ

もし、テオに興味を持って、これから資産運用をはじめてみようと思うのであれば、1回入金してそのままにしておくのではなく、毎月一定額を積み立てるようにするのがおすすめです。

テオでは、毎月10,000円から1,000円単位で積み立てができます。

毎月一定額を積み立てることで、値上がり値下がりを気にすることなく購入でき、購入金額を平準化できますよ。(いわゆるドルコスト平均法)

私自身も、テオでの資産運用は積み立てを行っています。
そのほうが長い目で見ていいですからね。

投資信託で同じように毎月積み立てているものは、私が積立した期間では、3年以上経つと10万円以上プラスになっていることが多いです。

積み立ての設定は、ログイン後「入金」の画面から手続きできますよ。
3分あれば設定できちゃいます!

テオの積み立て設定

質問内容をもとに運用プランが決まる

テオで資産運用を始める前に、まずはプラン作成が必要になります。
資産運用するにしても、どんな目的を持つのかが大切ですからね。

テオでは、プランを作るために以下の5つの質問に回答します。

  1. 年齢
  2. 資産運用の経験
  3. 元本の安全性について
  4. 資産が値下がりしたときの対応について
  5. インフレが起きたときの心配について

私はこれらの質問に回答した結果、「値上がり益重視」と診断されました。

これは人によって性格が異なるので、それぞれ違う結果になりますよ。

この結果を元に資産運用の配分が決まって、口座開設する流れになります。

ほったらかしで運用する予定

私のテオの使い方は基本的にほったらかしになります。
入金・積立の設定だけをしておき、その後は細かいことを気にせずほったらかす感じですね。

そのためのロボアドバイザーでの運用になるので、基本的にはほったらかしでいいと思います。

資産運用のことを考える時間を減らして、他のもっと楽しいことに時間を使うようにするのがいいですよ。

無意識的に支払っている手数料も、考え方次第では資産運用を考える時間を減らせたという意味で時間を買えたことになりますよね。

さいごに

このページでは、テオの特徴について詳しく説明してきましたが、さいごに改めて要点をまとめておきます。

  • 入金しておけば自動的に資産運用してもらえる
  • 手数料は1.0%(税抜)のみ
  • ETFに投資する
  • 積立にも対応している
  • 1万円からの入金でOK
  • 入出金手数料は無料

入金と積立の設定さえしておけば、あとは年に1回どうなっているのかを確認するぐらいでいいと思いますよ。

早いうちから資産運用を始めて、長期的に資産が増えるようにしていきましょう!

私自身も、テオの運用結果がどうなるのか楽しみです。
今後、結果をこの記事で随時報告していきますね。

▼THEO(テオ)の口座開設はこちらから▼

テオの申込手順などは以下のページが詳しいですよ。

その他のロボアドバイザーサービスについて

ノマド的節約術では、いくつかのロボアドバイザーを利用していて、それぞれがどうなのかを詳しく紹介しています。

もし、他のサービスと比較してみたい場合はチェックしてみてくださいね。

他にも資産運用の方法を探しているのであれば、以下のページがおすすめです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る