メルカリとラクマを徹底比較!両方使って気付いた違いや手数料についての感想まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
メルカリとラクマの両方を使っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

フリマアプリはたくさんありますが、メルカリとラクマが代表的なサービスで有名ですね。

これからフリマアプリを使ってみようと思ったときに、メルカリとラクマのどっちがいいのかは気になるところだと思います。

そこでこのページでは、メルカリとラクマの両方を使っている立場から、それぞれのサービスを比較してみますね。

メルカリ・ラクマ徹底比較!両方使って気づいた違い・手数料についてのまとめ

メルカリとラクマのサービス内容比較

まずはざっくりとメルカリとラクマのサービス内容を表にして比較してみますね。

メルカリとラクマのサービス内容比較
サービス内容メルカリラクマ
登録料無料無料
出品手数料無料無料
販売手数料10%3.5%
振込手数料210円210円
匿名配送対応未対応
コンビニ受け取り対応未対応
売上金の期限3ヶ月1年
配送方法と送料らくらくメルカリ便:195円〜
ゆうゆうメルカリ便:175円〜
かんたんラクマパック(ヤマト運輸):200円〜
かんたんラクマパック(日本郵便):179円〜

同じところと違うところがありますので、気にしておいたほうがいいところを中心にこれから詳しく見ていきましょう。

販売手数料の差がとても大きい

メルカリとラクマを比較したときに一番大きな差になるのが販売手数料です。

メルカリは10%でラクマは3.5%と、6.5%もの差がありますよね。

10,000円売ったときは、それぞれ手数料が1,000円と350円になり、650円も差が出てきます。

ただ、利用者数はメルカリのほうが圧倒的に多いと思われますし、売れやすさもやっぱりメルカリのほうが上の印象です。

両方使っていますが、メルカリは出したらすぐに売れることも結構あります。

そうなると、ラクマで出したほうがいいのは、どちらで出しても確実に売れるであろう商品ですね。

意外とそういう商品は多いですので、人気商品はまずラクマで出してみるのがおすすめです。

私もなるべく手数料を安くしたいのでラクマを使うことのほうが多いですよ。

振込手数料は1万円以上の出金だと無料に

出品して商品が売れたら、売上金がそれぞれのアプリ内でたまっていきます。

それを換金するときは振込手数料が必要になるのですが、メルカリもラクマも1万円以内の出金だと210円も手数料で引かれてしまうんですよね。

とはいえ、売上金の有効期限がどちらもあるため、ムダにしないためにも振込手数料を払ってでも出金したほうがいいですよ。

ただ、頻繁に使っていて1万円以上の売上金まですぐ到達できるのであれば、そこまでは出金しないほうがお得です。

メルカリは無条件で1万円以上の出金だと振込手数料が無料、ラクマだと楽天銀行宛に出金すると振込手数料が無料になります。

楽天銀行だと楽天証券マネーブリッジで連携すると普通預金金利が0.10%になるため、普通に銀行口座として使うことを考えてもかなりおすすめです。

メルカリは匿名配送やコンビニ受け取りに対応している

ついついラクマのほうが手数料が安いから個人的にプッシュしてしまいがちですが、メルカリのほうがいいところもあります。

メルカリの場合は、らくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便を使うことで匿名配送ができますよ。

これは購入する側にメリットの大きいサービスですね。
自分の住所を知られたくないというニーズが大きいので、それにこたえることができます。

また、メルカリではゆうゆうメルカリ便を使った場合のみですが、コンビニ受け取りもできますよ。

ついつい家を留守にしがちな場合にコンビニ受け取りはとても便利ですので、メルカリでよく購入するのであれば使ってみましょう。

使い勝手の面ではほとんど変わらない

メルカリとラクマの両方を使っていますが、アプリ自体の使いやすさを比較しても、どちらも大差ないという印象です。

画面も色が微妙に違うだけで、操作方法もほとんど同じになるため、出品するのも購入するのもととても簡単ですよ。

特に購入の場合は、どちらがいいとかは特になくて、欲しい商品が出品されているかどうかだけだと思います。

同時出品は禁止になっている

メルカリとラクマの2つがあるなら、同時に出品して先に売れたほうで送りたいと思うのではないでしょうか。

出品自体はやろうと思えばできますが、同時出品は禁止されています。

トラブルの原因になりかねませんので、同時出品はしないようにしておくのが無難ですよ。

さいごに

メルカリとラクマの大きな違いは販売手数料の差ですね。

10%と3.5%は大きな違いです。
10,000円売った場合は650円もの差になりますからね。

それだけの差になると、どちらに出しても売れるような人気の商品はラクマで出したほうがお得です。

ラクマだと売れにくいと思うような商品はメルカリに出すようにすれば、売れ残りを防ぎやすいのではないかと思いますよ。

メルカリやラクマの出品方法はノマド的節約術で詳しく紹介していますので、気になる場合はチェックしてみてくださいね。

メルカリとラクマの購入方法も詳しく紹介していますよ。

また、ヤフオクとの比較についても別記事で紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る