ラクマの売上金はいつ入金?振込申請する手順と現金振込までの所要日数まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

フリマアプリのラクマで出品していますか?
モノが売れたら、自分のところにお金が入ってくるように思うかもしれません。

でも、ラクマから売上金を振込する申請をしないと手元にお金は入ってこないんですよ。

これを知っておかないと損してしまう可能性があります。

このページでは、ラクマで振込申請する手順と実際に入金されるまでの流れと所要日数を実体験から紹介していきますね。

ラクマで振込申請する手順

ラクマの売上金って何?

最初に「売上金」という言葉が出てきましたが、ラクマの売上金とは何なのかが気になりませんでしたか?

売上金とは、ラクマで出品してモノが売れたあとに入ってくるお金のことです。

このまま売上金にしてても手元には入ってきませんので、現金化するための振込申請が必要になるというわけ。

また、現金化しなくてもラクマで購入したときの支払いに売上金をあてることもできますよ。

ラクマで商品を購入する流れ

ラクマで振込申請する手順

ここからは、ラクマで振込申請する手順を紹介していきますね。

▼まずはアプリを開いて、左上のメニューを開き、「設定・売上管理」を選んでください。

ラクマで振込申請する手順

▼続いて、「売上管理・振込申請」を選びましょう。

ラクマで振込申請する手順

▼ここで、現在の売上金を確認できます。
振込申請するには、下のほうにある「振込申請して現金を受け取る」を選びましょう。

ラクマで振込申請する手順

▼振込先口座を登録していれば、口座情報が出てきます。
まだの場合は入力からですね。

入力ができたら、「確認して次へ」を押します。

ラクマで振込申請する手順

▼続いて、肝心の振込金額を入力です。
入力すると、振込手数料が引かれた金額が表示されますよ。

ラクマで振込申請する手順

▼さいごに、確認画面が出てくるので、間違いがないかだけ見ておきましょう。

大丈夫なら「振込申請する」ボタンから手続きを済ませてください。

ラクマで振込申請する手順

これで申請完了ですね!
振込申請したのは、2016年10月29日(土)でした。

振込先は、楽天銀行にしています。
これは自分がメインで使っているからという理由だけで深い意味はありません。

楽天銀行に入金された証拠がこちら

▼その後、ちゃんと楽天銀行に入金されていました。
振込手数料を引いた金額が入金されています。

ラクマ 楽天銀行に入金された証拠

先ほどは楽天銀行にした理由に意味はないと言いましたが、楽天銀行にしておくと入金までの期間がはやくなります。

0:00〜8:59に振込申請した場合は当営業日中の振込、9:00〜23:59に振込申請した場合は翌営業日の振込です。

それ以外の銀行の場合は、それぞれ1営業日遅れます。
それでも十分なスピード感ですけどね!

10,000円以上からの振込だと振込手数料が無料になる

今回は振込手数料を引かれてしまいましたが、10,000円以上貯まった状態で振込申請すれば、216円の振込手数料はかかりません。

ラクマでの取引が多く、すぐに10,000円を超えるのであれば、10,000円以内のうちに振込申請しないほうがお得ですよ。

手数料自体はそれほど大きな金額ではありませんが、意味のない出費はできるだけ減らすのが大切です。

有効期限切れに注意!

10,000円以上だと振込手数料が無料になるんですが、ラクマでの売上金にも有効期限があります。

有効期限は1年間で、それまでに振込申請しておかないと、せっかくの売上金が消滅してしまいます・・・。

1つ1つの売上金に対して有効期限が設定されているので、頻繁に取引しないのであれば、はやめに振込申請しておくと確実に現金を受け取れますよ。

多少、振込手数料が引かれてしまったとしても、0円になるよりはマシです。

さいごに

ラクマで振込申請するやりかたと注意しておくべきことは、これまで紹介してきたことがすべてになります。

いくら販売しても販売手数料が掛からないのがラクマの大きな魅力ですので、売れやすいものは積極的にラクマで販売していきましょう!

おまけ:ラクマ利用者向けのおすすめ記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る