結局どちらを使うべき?メルカリとヤフオクの違いをヘビーユーザーが徹底比較!

スポンサーリンク

メルカリとヤフオクの違いを比較

こんにちは!
フリーライターの石川優太(@yutaishikawa_)です。

家の不要品を処理する際、捨ててしまうのはなんだかもったいないですよね。

現在は中古品を出品できるサービスがたくさんあり、僕自身、手元にお金がなかったときにとてもお世話になった経験があるんです。

ところが自分で中古品を販売しようとした当初は、それぞれのサービスの違いがわからないこともしばしば。

そこで今回は、中古品販売の代表的なサービス「メルカリ」と「ヤフオク!」を比較し、その違いを紹介します。

より上手に商品を出品するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

フリマとオークションの違いについて

メルカリトップページ

まずは出品初心者なら誰もが利用を検討するであろう、メルカリとヤフオク!。

大きく分けると「フリーマーケットに出品する」か「オークションに出品する」かの違いです。

なかでも、メルカリをはじめFRILラクマといったサービスは「フリマアプリ」として知られていますね。

これらは出品者側が規定の金額で出品した商品に対し、購入者側がサービス内で購入する仕組みとなっています。

また、フリマアプリならではの「値下げ交渉」も文化として根付いていますね。

なかには出品者に提示された価格よりも安く買おうとするユーザーもいるので、予想以上に安く売ることになることがあります。

この駆け引きは細心の注意をしておきたいですね。

対してヤフオク!やモバオクなどのサービスは「オークションサービス」です。
フリマアプリとは違い、出品者側は商品に対して制限時間を設け、最低金額の設定からスタートが可能です。

そもそも「購入する」というより「落札する」という感覚ですので、いくらで売れるのかは誰にも分かりません。

つまり、制限時間の間に「欲しい!」と思うユーザーが多いほど、販売額はうなぎ登りになる仕組みとなっています。

ちなみに、フリマアプリ同様「ワンプライス出品」という決めた金額で取引ができるサービスも存在しますよ!

ワンプライス出品とオークション

ここで一旦、要点をまとめておきますね。

メルカリの要点まとめ

  • 「フリーマーケット」のサービス
  • 出品者側が売りたい金額を提示し、出品スタート
  • 購入者側が値段交渉などを重ね、購入へ(販売価格より低い売上になる可能性もあり)

ヤフオク!の要点まとめ

  • 「オークション」のサービス
  • 出品者側は、商品に最低落札価格を設定し、オークションスタート
  • 販売価格は不明だが、商品によって値段がうなぎ登りになる可能性もある
  • 「ワンプライス出品」でフリマアプリ同様の出品も可能

利用料と手数料について

メルカリは利用料が無料です。
ただし、出品した商品の売上の10%は手数料として引かれる仕組みになっています。

参考:メルカリで発生する手数料をまとめた記事

たとえば30,000円で商品が売れた場合、手元に残る金額は27,000円ですね。

対してヤフオク!では、出品する前にYahoo!プレミアムの有料会員にならなければなりません。

月額は税込み498円。
ただし、ヤフオク!で商品が売れればあっという間に回収できる金額でもありますよ。

また、Yahoo!プレミアムで利用できるのは、ヤフオク!だけでありません!
下記の記事でも紹介されているので、詳細は以下のページからご覧くださいね。

メルカリとヤフオク!は、どれくらい手間がかかるのか?

出品や購入から支払い・受取までにかかる手間についても利用の前に知りたいものです。

メルカリとヤフオク!はどちらもサービス内で完結するのが魅力の一つでもありますが、決定的に違うことが1つ。

メルカリの場合、出品者と購入者の間にメルカリが仲介しており、アプリ内で自動的に取引の流れが進むように管理・設計されています。

たとえば商品が売れて買い手に発送する際に、住所・指名・連絡先といった配送に必要な情報をメルカリが自動で表示してくれるのです。

このような個人情報のほかにも、メッセージやお金のやりとりをユーザー同士が直接おこなうのではなく、アプリを介しておこなうので安心できるのが魅力的。

一方ヤフオク!では「取引ナビ」という掲示板のような非公開チャット画面で、自ら相手の住所・指名・連絡先・振込先を聞く必要があります。

メルカリはこれらの手間をなくしているから利用手数料が10%必要だと考えると、妥当かもしれませんね。

それぞれの出品方法について

そして出品についてです。
どちらのサービスも、直感的に投稿できる仕様となっています。

ヤフオク!の場合オークションなので、出品期限を決めて投稿しなければならないのがポイントです!

ヤフオク!のトップページ

各サービスの出品のコツは、下記の記事で紹介しています。

郵送方法について

郵送方法について、メルカリとヤフオク!の両サービスが利用できる便利な方法をまとめてみました。

ヤフオク!を利用する場合は商品の大きさや重さ、郵送地域に応じて最安値の郵送手続きをしましょう。

メルカリは一般的な郵送方法に加えて、送料は全国一律で補償あり、そしてクロネコヤマト宅急便よりも安い「らくらくメルカリ便」を利用できます!

らくらくメルカリ便の概要と利用方法は、以下の記事で紹介しているのでぜひ参照してくださいね。

支払い方法について

両サービスの支払いの手間も気になるポイントですよね。

メルカリとヤフオク!の両サービスの支払い方法はこちら。

  • メルカリ:クレジットカード、銀行/ATM振込、コンビニ払い、携帯キャリア払い、売上金払い
  • ヤフオク!:クレジットカード、銀行/ATM振込、コンビニ払い、インターネットバンキング

出品した商品が売れて手元にお金が振り込まれるのは、メルカリの場合規定日のみ、ヤフオク!の場合、最速で当日午後となります。

メルカリの支払い関係はすべてスマホ内ですべて完結する仕様。

ヤフオク!もスマホ内で完結できますが、パソコン上での操作を意識しているようにも感じます。

出品対象に自動車やオートバイクのような高額商品が並ぶからこそでしょう!

どちらも支払いはスムーズに行えそうですが、気になるのは手数料ですね。

2016年11月時点では、メルカリは支払い方法によっては手数料が必要です。

ヤフオク!は2016年1月より、落札者が使うかんたん決済の手数料が0円になりました。
これはうれしいですね!

参考:Yahoo!かんたん決済の手数料が無料化。ヤフオクでクレジットカード払いしても手数料無料に!

評価制度についてどう違うのか?

最後に、メルカリとヤフオク!の評価制度についてです。
まずはわかりやすいヤフオク!から見てみましょう!

ヤフオク!の場合、取引後の評価で80.0%以下を下回ると、出品ができなくなり、落札に制限がかかってしまいます。

下の画像のように61.9%の評価の場合、ほとんどヤフオク!を利用することができなくなります。

ヤフオクの評価制度

6人以上から評価を受けている場合、「悪い」「非常に悪い」の割合が20%未満のときに入札できます。

評価を受けた人数が6人未満の場合は、割合に関係なく入札できます。

小数点以下は切り捨てます。

引用元:ヤフオク! | ヘルプ

つまり取引した人数10人に対し、「非常によい」が8、「悪い・非常に悪い」が2となれば、よい評価が80%を下回り制限対象となるのです。

かなり厳しい評価基準ではありますが、出品・落札・購入の際は、細心の注意を払い、気をつけておく必要がありますね!

メルカリの評価制度

次にメルカリの評価制度について。
わかりやすく例えると、それは「名刺代わり」となるようです。

ヤフオク!のような決まった規則は掲げられておらず、ペナルティは運営事務局側の判断で行われるそう。

これはメルカリをよく使う知人から教えてもらったことですが、ペナルティの種類は、数時間から1週間の利用停止、無期限利用停止、強制退会のようです。

今回の要点まとめ

この記事ではメルカリとヤフオク!の出品方法、郵送方法、支払い方法、評価制度の違いを紹介してきました。

これらはサービス利用するにあたって、とても大事なことです。
使用用途やご自身が使いやすいと感じるサービスを選んで、気持ちよくサービスを利用しましょう!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

石川優太(yutaishikawa)

ライター/編集者。オウンドメディア『LIFE,(ライフ)』編集長。博報堂ケトル出版『VVmagazine』ライター。他にも様々な媒体で編集、執筆、デザイン、撮影などのお仕事で生活しています。

執筆メンバの一覧を見る