メルカリの評価のやり方・評価コメントの例文まとめ・変更や削除ができるかについて紹介

スポンサーリンク

こんにちは!
メルカリで評価をすることも、されることも多い小林敏徳です。

メルカリには評価制度があります。
落札者と出品者がお互いに評価しあう仕組みで、その評価はそのまま「信用」になります。

思いのほか重要なものですから、慎重にやりたいですよね。

というわけでこのページでは、メルカリの評価のやり方、評価コメントの例文を紹介します。

自分が出品者の場合と落札者の場合、それぞれで解説しますので、ぜひ参考にしてください!

メルカリの評価のやり方

メルカリの評価とは?

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(あるアカウントの評価数)

最初に、メルカリの評価について知っておきましょう。
メルカリの評価は、落札者と出品者がお互いに評価しあう仕組みです。

評価をするタイミングは2つある

評価をするタイミングは、以下の2つです。

  • 自分が落札者の場合:欲しいものを落札し、商品が手元に届いたあと
  • 自分が出品者の場合:売りたいものが落札され、商品を落札者に届けたあと

1回の取引につき、1回評価をすることになります。

「取引相手がなかなか評価してくれない」というケースもたまにありますが、評価をしなければ取引は終了しません。

となると、出品者に入金が行われなかったりするので、評価は迅速にやりましょう!

評価は三段階ある

メルカリの評価は、以下の三段階です。

  • 良い
  • 普通
  • 悪い

基本的には「良い」になるでしょうが、取引相手に問題のある場合は「普通」や「悪い」を使うこともあるかもしれません。

一度つけた評価は変更することができないので、慎重に行ってくださいね。

コメント付きの評価のほうが気持ちが伝わる

ちなみにメルカリの評価は、コメントなしですることも可能です。

でも、やっぱりコメントのあるほうが気持ちが伝わりますし、後日その評価を見る人の参考にもなりますよ。

ぼくも必ずコメントとともに評価するようにしています!

スポンサーリンク

メルカリの評価コメントの例文(自分が落札者の場合)

さて、それでは評価コメントの例文を紹介しますね。

まずは自分が落札者の場合からです。

例文を紹介

*最もシンプルなパターン

「この度はありがとうございました!」

*商品について触れるパターン

「先ほど商品が届きました。とても状態が良くて、気に入りました。ありがとうございました!」

*出品者について触れるパターン

「まめなご連絡、きれいな梱包など、素晴らしい対応をしていただきました。とても信頼できる出品者様です。ありがとうございました!」

例文についての補足

「この度はありがとうございました!」だけでも全く問題はありません。

ただ、出品者の対応について触れておくと、今後その評価を見る人の参考になりますよ。

メルカリの評価のやり方(自分が落札者の場合)

それでは実際に評価してみましょう。

ここからは評価のやり方を画像つきで解説しますね。

▼購入した商品が届きました。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(商品を落札し、届いたとき)

▼中身をチェックし、問題ないことを確認します。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(落札した商品の状態をチェック)

▼商品に問題がないことを確認し、取引画面にいきましょう。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(出品者を評価する)

▼評価を選択し、コメントを書き込んでください。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(出品者の評価コメントを書き込む)

▼これでやることは全て完了しました。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(出品者の評価が完了)

あとは出品者からの評価をもらって取引完了です。
おつかれさまでした!

スポンサーリンク

メルカリの評価コメントの例文(自分が出品者の場合)

さて、次は自分が出品者の場合の評価コメントを見ていきましょう。

こちらも3パターン紹介しますね。

例文を紹介

*最もシンプルなパターン

「購入していただき、ありがとうございました!」

*商品について触れるパターン

「無事に商品が届いたようで安心しました。大切に使っていただけると嬉しいです。ありがとうございました!」

*落札者について触れるパターン

「まめにメッセージをいただき、安心してお取引ができました。とても信頼できる落札者様です。ありがとうございました!」

例文についての補足

こちらも「購入していただき、ありがとうございました!」だけで全く問題はありませんが、先ほどと同じように、落札者の様子がわかるようなコメントにすると、今後その評価を見る人の参考になりますよ。

メルカリの評価のやり方(自分が出品者の場合)

それでは実際に評価してみましょう。

▼落札者に商品が届き、評価が行われると、このような通知がきます。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(落札者の手元に商品が届いたら通知が来る)

▼通知が来たら、取引画面にいきましょう。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(落札者を評価する)

▼取引画面にいったら、評価を選択し、コメントを書き込んでください。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(落札者の評価を書き込む)

▼これで全ての取引が完了です。

メルカリの評価のやり方と評価コメントの例文(落札者の評価が完了)

おつかれさまでした!

メルカリの評価は変更や削除できない

メルカリで一度評価すると、変更したり削除が基本的にできないようになっています。

そのため、購入したときはちゃんと商品が届いていることを確認してから評価するようにしてくださいね。

削除の場合は、個人情報が含まれている場合や住所が特定されそうな評価コメントがあったときはお問い合わせから連絡することで対応してもらえる可能性があります。

さいごに

「家に帰るまでが遠足」ではありませんが、メルカリは「評価をするまでが取引」です。

なかなか評価をしてもらえず困るケースもあるようなので、気をつけてくださいね。

最後まで気持ちよく取引をしてください!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る