倹約生活に必要なお金を使わないための7つの節約志向で収入激減でも生き延びれた!

スポンサーリンク

ちょっと家計が苦しくなってきたことで、節約を始めようと思っているのではないでしょうか。

生活を少しでも豊かにしたいですよね。
豊かにしていきたいのであれば、倹約の考え方を取り入れて実践していくのが一番いいと思っています。

私自身、会社を辞めて収入がゼロになったところから、質素な倹約生活を始めて、収入が少ない時期をなんとか生き延びることができました。

そんな私が実践していること、心がけていることを改めて紹介しようと思います。

これだけやれば間違いなく相当節約できるはず。

収入が相当少ない私がなんとか暮らしていけてるのは、これから紹介する方法を実践しているからです。

倹約生活に必要なお金を使わないための節約志向

自動販売機は使わない

お金を入れればすぐに飲み物が買えて便利ですよね。
でも、自動販売機は金食い虫です。

すぐに飲み物が手に入るという便利さの代わりに高いお金を払っています。

飲み物を持参すれば自動販売機を使う必要は全くなくなりますよ!

1日に200円飲み物代を使っていたとすると、1ヶ月で6,000円。
1年で72,000円。

0円になれば、まるまるこの出費がなくなるので、手元にお金が残りますよ。

コンビニで買い物をしない

コンビニで買い物していませんか?
コンビニで売られている商品は基本的に高いです。

これも便利さの代わりに高いお金を払っていると考えた方がいいでしょう。

弁当はあまり体にもよくないので、できるなら買わない方がいいです。

私ならコンビニ弁当を食べるぐらいなら1食抜きますね。
食べなくても大丈夫ですよ。

ちなみに私は2008年を最後に、それ以来コンビニで買い物していません。

クロネコメール便があった頃はオークションでの発送に利用していましたけど、クオカードTポイントだけで払うようにしてコンビニに1円もお金を払っていませんでした。

コンビニを使わないことがムダ使い防止になっているのは間違いありません。

お酒を飲まない

お酒を飲まなければ、お酒にかかる費用が0円になります。
ただ、お酒が好きな人にはおすすめできない方法ですが^^;

お酒は生きていくためだけのことを考えたら必要でしょうか?
私は飲まなくても全く問題ないと思っています。

飲み会が苦手なこともあって、極力参加しないようにしています。

飲み会は月1回減らすだけで相当の節約になりますよね。

どうしても飲み会に行く場合は、あらゆる方法を使い倒して安く済ませましょう。

タバコを吸わない

タバコはお酒以上に必要ないと思います。

お金がかかる上、正確かどうかわからないけど、健康によくないというデータも多いので、金銭的な面では何一ついいことないです。

お金も時間ももったいないので、タバコに使うよりも他のことに使う方がいいと思います。

毎月出ていく固定費を減らそう

上の4つ以上に大切なこと。それが固定費の削減です!
これができるかどうかで、お金のゆとりがだいぶ変わってくるはずです。

家賃、車、ネット代、定期代・・・一度見直してみてはいかがですか?

特に今は、スマートフォンにかかる通信費が高くなりすぎています。
これを少しでも安くすることが家計が苦しい状態から脱出するために重要なことです。

車をそもそも持たないようにすれば、ムダな支出が減らせますね。
カーシェアリングもありますし、今は田舎でなければ、車を持たなくても十分です。

毎月払う固定費は、ポイント還元率の高いクレジットカードを使って、賢くポイントを貯めることも大事ですよ。

固定費を減らす考え方は、最も重要なところです。
何度も何度も読んで重要性を理解して行動できれば、きっと楽になりますよ。

必要なものを見極める

不必要なものを買っては後悔していませんか?

自分の生活にとって本当に必要かどうか見極めることが大切です。

今の自分にとって必要か?

これを考えるだけで随分と違ってきます。

できることは自力でやる!

面倒なことを代わりにやってもらうことでその手間賃を払っています。
その面倒なことを自分でやってしまえば、その分のお金は浮いてきますよ。

私が実践している代表的な方法は、自分で散髪することですね。
これで、床屋に行く時間とお金を節約できています。

あと、可能なら、お金のかかる引っ越しを自分でやるのもかなり節約できますよ。

できる限り自分でやるように心がければ、お金を使う機会は必然的に減ると思います。

さいごに:結局、やるかやらないかだけ

いろいろな考え方を紹介しましたが、結局は自分自身の気持ち次第です。

やるかやらないか

節約はお金が入ってくるわけじゃないので、効果を実感しにくいです。
でも、実質はお金を稼いでいるのと同じことなんですよ。

節約する時は、自分が節約した金額分「働いた」と思うようにすると、プラスになっていると思ってやる気が出ます。

私はそうやって、日々節約術を磨いています。

お金を稼ぐことより、支出を減らす方が簡単です。
収入を増やすことを考えるなら、まずは徹底的に支出を見直してから。

収入を増やすのは徹底的な見直しが終わったあとからでも大丈夫!

参考:節約家のお金に対する考え方
参考:仕事に対する考え方

おまけ:理解を深める節約術の記事

貯金するためには、本質的な考え方を抑えておく必要があります。
以下のページも必見ですよ!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る