水筒持参で節約しよう!自動販売機は飲み物を買うのは高いのでスーパーで買おう

スポンサーリンク

至るところに設置されている自動販売機。

自動販売機はよく投資の方法として紹介されたりもしています。今回はそうではなくて、自分が利用する立場の話です。

自動販売機で飲み物を買ったりしますか?普段から自動販売機で頻繁に飲み物を買っているのであれば、違う方法にするだけで飲み物にかけていたお金を減らすことができるかもしれませんよ。

スーパーで飲み物を買う

自動販売機で売っているような缶やペットボトルの飲み物は、スーパーでも同じように売っています。

例えばペットボトルの水(500ml)。自動販売機だと100〜150円ぐらいで売られていますが、スーパーだと70〜100円ぐらいで同じものが買えます。この相場観はあくまで私の感覚ですが、そんなに大きなズレはないと思ってます。

ドラッグストアでも飲み物が売っているところがあるので、安いお店を活用すれば、かなり節約できます。1回あたり数十円も変わってくるので、積み重ねると大きな金額になるのはわかりますよね。

スーパーやドラッグストアで買う場合は、そのお店独自の割引が使える時もあるので、額面以上に節約できることもありますよ。

お店のポイントカード、商品券、株主優待などを使うともっと安くできます。
あと、袋をもらわないことで、数円安くなるお店もありますよ。

クレジットカードが使えるスーパーで買い物すると、ポイント還元率分が節約になります。

値引きされている感じを味わいたいなら、請求時に1%OFFになるP-one Wizがおすすめ。

飲み物

水筒を持参する

そもそもで考えると、飲み物代にお金をかけるのがあまりいいことだとは言えません。

外に出かける時は自分で水筒やペットボトルにお水やお茶を入れて持っていけば、もっと安くできます。

水筒の場合は、最初に水筒を買うお金がかかりますが、長く使い続けていれば元なんてあっという間に取れますよね。

私は、いつも外に出かける時はペットボトルに水を入れて持って行ってます。
飲み物代にお金をかけることはまずありません。

私が自動販売機を使うケース

でも、100%自動販売機を使わない訳ではありません。
1年に1〜2度ぐらいは使います。

自動販売機を使う時は、宿泊を伴う旅行中に持参してた飲み物がなくなった時です。

さすがに我慢するのは良くないので、普通に自動販売機で買います。
スーパーが近くにあれば、スーパーで買うようにして、その時できる一番安くなる方法で飲み物を手に入れるようにしてますよ。

2014年は1度、旅行中に全くスーパーが見当たらずに、近くにあった自動販売機でペットボトルの水を買ったことがありました。他は東京に行った時に1度、スーパーで水を買ったこともありましたね〜。

ちなみに、自動販売機を使う場合、ポイントが貯まるところもあります。同じ値段ならポイント分安くなりますね。

さいごに

私は飲み物1つ買うだけでもいろいろ考えてしまいます。その1回1回の支出が習慣になることで大きな差になってくるからです。

細かなことを話していると思うかもしれませんが、一度できるようになれば、それ以降は意識せずにできることばかりだと思います。

もし、ムダ使いを少しでも減らしたいと思っているのであれば、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!