資産家になる5つの方法とおすすめの投資方法について解説

大西カツシの画像

こんにちは!
金融ライターの大西カツシです。

「資産家になるにはどうすればいいんだろう…」と思ったことはないでしょうか。

資産家になるのは難しいと感じるかもしれませんが、やり方次第では、普通の人でも資産家になれる可能性はありますよ。

また、「資産家」と聞くと高収入の人をイメージするかもしれませんが、すべての資産家が高収入とは限りません。

資産家を目指すなら、資産家の特徴について理解したうえで、どのような資産家になりたいのかを明確にしておくことが大切です。

そこでこのページでは、資産家の特徴や資産家になる5つの方法、おすすめの投資方法について説明していきますね。

資産家になる方法とおすすめの投資方法

資産家とは?

資産家とは、資産を多く保有している人のことです。

資産家は現預金や株式、債券といった金融資産だけでなく、不動産や車、貴金属、美術品などの実物資産も多く保有しています。

株式や債券、資産価値の高い不動産などを保有することで、配当金や金利収入、家賃収入を得ている資産家もいますよ。

先祖代々続く資産家に生まれて親や身内から財産を相続して資産家になる方もいますし、起業などで高額の収入を得て一代で資産を築く方もいますね。

資産家には「資産~円以上」といった厳密な定義は存在しませんが、一般的に資産1億円以上億万長者お金持ち、富裕層と呼ばれることが多いです。

資産家を目指すのであれば、資産1億円を目安にするといいですよ。

資産家が高収入とは限らない

「資産家」と聞くと、高収入を得ているイメージがあるかもしれませんね。

資産家の多くは高い収入を得ていますが、すべての資産家が高収入とは限りません。

資産価値が高い自宅や事務所、貴金属、美術品などを保有していても、保有しているだけではキャッシュフロー(現金)を生み出してくれないからです。

資産家であっても年収自体はそれほど高額ではなく、質素な暮らしをしている方もいますよ。

保有している資産によっては、固定資産税などの維持費がかかるので、資産を保有することでかえって負担が増えることもあります。

これから資産家を目指すのであれば、株式や債券、投資用不動産のように、お金を生み出してくれる資産を保有するのがおすすめですよ。

資産家になる5つの方法

具体的にどうすれば資産家になれるのか、気になりますよね。

ここでは、資産家になる方法を5つ紹介します。

親や身内から財産を相続する

資産家になる方法の1つ目は、生まれた家がお金持ちで、親や身内から財産を相続することです。

最初に少し触れましたが、先祖代々の資産家などはこのケースに当てはまります。

財産の相続は自分でコントロールできることではないので、もし相続できたらかなり幸運ですね。

高収入の会社員になる

資産家になる方法の2つ目は、高収入の会社員になることです。

会社員であっても、仕事で圧倒的な結果を残すことができれば、高収入を得ることは可能ですよ。

業種や職種によっては、数千万円の年収を得る会社員も存在しており、高額の収入を資産購入に回すことで資産家に近づくことができます。

ただし、会社員で高い収入を得るには、高収入が期待できる業種・職種に転職したり、圧倒的な結果を出せるようなスキル・経験を身につけたりする必要がありますよ。

独立・起業する

資産家になる方法の3つ目は、独立・起業することです。

フリーランスとして独立したり、起業して会社を作ったりして、自分のビジネスを行う方法ですね。

会社員は高収入でも年収数千万円が限界ですが、独立・起業は得られる収入に限界はなく、成功すれば高額の収入を得られます。

ただし、独立・起業は、ビジネスが軌道に乗るまでにどれくらいの時間がかかるかわかりません。

借金をして起業した場合は、失敗すれば資産家になるどころか、保有資産を失うリスクもあります。

実際に独立・起業するかは、慎重に判断する必要がありますよ。

宝くじに当選する

資産家になる方法の4つ目は、宝くじに当選することです。

たとえば、2019年の年末ジャンボ宝くじの賞金は1等7億円、1等の前後賞が各1億5,000万円です。

1等・前後賞に当選すれば、合わせて10億円もの高額賞金がもらえますよ。

しかし、宝くじに当選して資産家になるのは、現実的ではありません。

年末ジャンボ宝くじで1等に当選する確率は2,000万分の1、パーセントで表すと0.000005%で、交通事故で死亡する確率より低くなっています。

宝くじは当選確率の低さから「愚者の税金」と言われており、一生買い続けても、ほとんどの人は高額当選しないのが現状です。

楽しむために少し買うのはいいと思いますが、資産家を目指すなら、宝くじに期待するのはやめましょう。

投資で資産を増やす

資産家になる方法の5つ目は、投資で資産を増やすことです。

株式や投資信託、投資用不動産などに投資することで、値上がり益や配当金、分配金、家賃収入を得られます。

ある程度の時間は必要ですが、利益を再投資(資産の追加購入)していくことで、複利効果によって資産を大きく増やすことができますよ。

また、リスクは大きくなりますが、株式投資やFXなら短期間で資産を大きく増やすことも可能です。

投資で資産を増やす場合は、自分に合った投資方法を選びましょう。

普通の人が資産家になるには投資しかない

資産家になる方法を5つ紹介しましたが、財産の相続や宝くじの高額当選はまず期待できません。

また、高収入の会社員と独立・起業は不可能ではありませんが、誰でも実現できるものではなく、ハードルが高い方法です。

普通の人が資産家になるには投資しかありません。

投資で資産を増やすのも簡単ではありませんが、平均的な収入を得ている普通の人でも、やり方によっては資産を増やすことは可能です。

資産家になる5つの方法の中では、投資が最も実現可能性が高い方法ですよ。

資産家を目指す人におすすめする3つの投資方法

資産家になるために投資を始める場合、どんな投資方法を選べばいいのかわからないかもしれません。

ここでは、資産家を目指す人におすすめの投資方法を3つ紹介しますね。

投資信託の積立投資

これから投資を始めるなら、投資信託の積立投資が一番おすすめです。

具体的には、つみたてNISAiDeCoといった税制優遇を受けられる制度を活用して、低コストのインデックスファンドを積み立てる方法ですね。

投資信託の利益には通常約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAやiDeCoを活用すれば税金がかからないので、効率的に資産を増やせます。

積立投資は定期的に自動で購入してくれるので手間がかかりませんし、購入タイミングを分散することで、高値で買ってしまうリスクを軽減できるのも魅力です。

ネット証券なら100円から投資信託を購入できるので、まとまった資金を用意しなくても、今すぐ投資を始められますよ。

株式投資

株式投資は、値上がり益と配当金を得られるのが魅力の投資方法です。

株式を保有している間は定期的に配当金をもらえるので、高配当株を中心に投資すれば配当金収入を増やすことができますよ。

個別株への投資は、さまざまな銘柄に分散投資する投資信託に比べるとリスクは高くなりますが、その分大きな値上がり益が期待できます。

配当金を目的に投資する場合や、短期間で大きな利益を得たい場合は株式投資を検討しましょう。

不動産投資

資産家を目指すのであれば、不動産投資もおすすめです。

多くの資産家は投資用不動産を保有し、入居希望者に貸し出して家賃収入を得ていますよ。

投資用不動産は物件価格が高額なので、基本的に金融機関からお金を借りて投資することになります。

会社員は給与という安定収入があることから金融機関の評価が高く、大手企業に長く勤めている場合は融資してもらいやすいですよ。

借金に抵抗がないのであれば、不動産投資で資産家を目指すのもひとつの方法です。

さいごに

この記事で紹介した方法を実践すれば、平均的な収入を得ている普通の人でも、資産家になれる可能性はあります。

まずは試しに、少額から投資を始めてみるのがおすすめですよ。

ネット証券なら100円から投資信託の積立投資ができるので、まとまった資金を用意する必要はありません。

また、ネット証券は、株式投資の手数料が安いのも魅力です。

資産家を目指すのであれば、ネット証券で口座開設して、試しに少額から投資を始めてみましょう。