LINE家計簿アプリの使い方と金融機関やクレカとの連携方法を徹底解説!実際に1ヶ月間入力してみた感想も

スポンサーリンク

普段から便利に使えるLINEは、メッセージのやり取りだけではなく、他にもいろいろなサービスがあります。

その中でLINE家計簿は、スマホ片手に家計簿情報が入力できたり、家計の状況を外出先でも見ることができ、とても便利なサービスです。

でも、初めてLINE家計簿を使おうと思った場合、どうやって始めればいいのかわからなくて不安ですよね。

このページでは、LINE家計簿の始め方、入力の方法、実際に1ヶ月間入力してみた家計簿を公開!などを含め、LINE家計簿について紹介します。

LINE家計簿アプリの使い方・金融機関やクレカとの連携方法を解説

LINE家計簿とはどんなサービス?

LINE家計簿とは、LINEが提供しているサービスのひとつです。

▼ざっくりと特徴をあげるとすれば、以下の3点。

  • 自分のペースで家計簿をつけられる
  • 簡単に操作できて楽しく続けられる
  • 貯金につながる仕組みがたくさんある

家計簿は自らの金銭の使い方を知ったり、ムダなどを見つけるには最適です。

その点、特徴としてあげられている3番目の『貯金につながる仕組み』というのが、興味深いですね。

LINE家計簿はLINEアプリと専用アプリがある

LINE家計簿には、2つの種類があります。

  • アプリ版
  • LINEアプリから使えるLINE版

アプリ版のほうが、すべての機能が利用可能です。
▼アプリ版は、主に以下のようなことができるのが特徴。

  • レシートを撮影して読み込み
  • 銀行やクレジットカードを連携

とても便利な機能ですよね。

LINE家計簿の始め方(LINE版)

まずは、普段使っているほうのLINEアプリでLINE家計簿を使うための方法を紹介しますね。

▼LINEウォレットを表示し、『家計簿』のアイコンを押しましょう。

【LINE家計簿】ウォレットの家計簿を押す

▼LINE家計簿の画面に移動しました。
内容を確認して『同意する』を押しましょう。

【LINE家計簿】同意する

▼以下の3つに目を通したあとチェックし、『すべてに同意してはじめる』を押します。

  • LINE家計簿アカウント利用規約
  • プライバシーポリシー
  • LINEユーザー情報提供ポリシー

【LINE家計簿】すべてに同意する

同意のあとは、LINEポイントの情報が家計簿に連携されたり、LINE家計簿の公式アカウントが友だちに追加されますよ。

▼LINE家計簿の入力画面に移動しました。
この状態で使い始められます。

【LINE家計簿】LINE家計簿の画面

LINE家計簿の始め方(アプリ版)

次は、LINE家計簿専用アプリを使い始めるための方法を紹介しますね。

その前に、アプリ版を始めるには、LINE家計簿のアプリをダウンロードしましょう。

参考:iPhoneはこちら
参考:Androidはこちら

▼ダウンロードが終わると、スマホにLINE家計簿のアイコンが表示されるので、そこを押してください。

【LINE家計簿】LINE家計簿のアプリを押す

▼メッセージが合計で3つ出てきますが、『スキップ』を押せば3つ目に進めますよ。

【LINE家計簿】メッセージを読むかスキップする

▼3つ目のメッセージ画面に移動しました。
以下の3つに目を通したあとチェックし、『すべてに同意してはじめる』を押します。

  • LINE家計簿アカウント利用規約
  • プライバシーポリシー
  • LINEユーザー情報提供ポリシー

【LINE家計簿】すべてに同意してはじめる

▼LINE家計簿の画面に移動しました。『LINEログイン』を押しましょう。
なお、LINEにログインしなくても利用はできます。

【LINE家計簿】LINEログイン

同意のあとは、LINEポイントの情報が家計簿に連携されたり、LINE家計簿の公式アカウントが友だちに追加されますよ。

▼LINEウォレットの画面に移動しました。内容を読んで『同意する』を押します。

【LINE家計簿】同意する

▼先にLINEアカウントでLINE家計簿を始めたので、メッセージが出てきました。
『このアプリの家計簿』か『LINEアカウントの家計簿』どちらを継続するか聞かれます。
都合のいいほうを選んでください。

【LINE家計簿】2つの家計簿が見つかりました

▼アプリ版のLINE家計簿の画面に移動しました。
この状態で使い始められます。

【LINE家計簿】アプリ版の画面

スポンサーリンク

収入や支出の入力方法

LINE家計簿を登録したあとは、実際に収入や支出を入力していきましょう!
まずは、アプリ版の支出の入力方法から紹介します。

支出の入力方法(アプリ版)

▼下側にメニューがあります。支出を入力するときは、一番真ん中の『+』を押します。

【LINE家計簿】真ん中の「+」を押す

▼数字のキーボードが出てくるので、試しに「8」と「00」を押して800円と入力してみました。

【LINE家計簿】支出の入力方法

▼次に『カテゴリーを選択』を押してみましょう。下側に食費や日用品など、いろいろなカテゴリーが出てきましたね。

【LINE家計簿】カテゴリーを選択

▼食費を押してみました。さらにその下側には、食材や外食などの細かいカテゴリーが出てきます。
細かいカテゴリーは選んでもいいですし、選ばずに『食費』のままでも大丈夫です。

【LINE家計簿】カテゴリーを選択

▼『商品名』や『メモ』を残すこともできます。
さまざまな項目を入力したあとは、『登録する』を押しましょう。

【LINE家計簿】登録する

▼『今日の支出』に、さきほど入力した800円が表示されました。

【LINE家計簿】登録完了

レシートを読み取って支出を入力する方法(アプリ版限定)

LINE家計簿のアプリ版では、レシートを読み取って記録してくれる機能があります。
実際にやってみましたが、手入力する方法と比べて、お手軽でした!

では、レシートを読み込む方法を紹介しますね。

▼支出を入力する画面で、右上にあるレシートのアイコンを押します。

【LINE家計簿】レシートを読み込む

▼最初に読み込むときは、LINE家計簿からのカメラへアクセスや、写真のフォルダへのアクセスしてよいか、アプリに聞かれるので『許可』を押しましょう。

【LINE家計簿】許可をする

▼許可をすることで、カメラ機能が動き始めます。
両端の緑色の線にレシートの横幅を合わせるようにして、撮影ボタンを押しましょう。

【LINE家計簿】レシートを撮影

▼こちらが、読み込まれた内容です。
以下の内容が読み取られ、記録されていますね。

  • 金額
  • 商品名
  • 日付

『登録する』を押しましょう。

【LINE家計簿】レシートの読み込み完了

▼記録されました!とても便利ですね。
カテゴリーが『未分類』になっているので、ここは手で入力する必要があります。

【LINE家計簿】レシートの読み込み完了

▼さきほどは、商品が1種類だけ載ったレシートでした。
複数の商品が載ったレシートでも、読み取ってくれるのかやってみましたよ。

【LINE家計簿】複数の購入品のレシートの読み込み

▼結果は、まったく問題ありませんでした。
商品名の読み取りが完全ではないので、気になる場合は手入力で修正できます。
その場合は、商品名のところを押しましょう。

【LINE家計簿】商品名を個別に修正することもできる

▼このように、正確に入力することができます。

【LINE家計簿】商品名を個別に修正することもできる

▼最終的に『登録する』を押して家計簿に記録しましょう。

【LINE家計簿】登録する

収入の入力方法(アプリ版)

収入の入力方法についてですが、支出の入力方法と違いはありません。

▼基本的な操作は同じです。

【LINE家計簿】収入の入力方法

カレンダーの日付から入力や修正をする方法

過去の支出を修正した場合もあるかと思います。

▼そんなときは、下側のメニューバーから『←』と『→』が重なったアイコンをクリックしましょう。
すると、カレンダーが表示されます。

【LINE家計簿】カレンダーに表示される

▼修正したい日付を押します。

【LINE家計簿】カレンダーに表示される

▼過去に入力した内容が出てくるので、項目の部分を押して修正を行いましょう。

【LINE家計簿】収入と支出の内容

支出の入力方法(LINE版)

LINE版の支出の入力方法についても、あわせて紹介しますね。

▼LINE家計簿のアイコンを押します。

【LINE家計簿】ウォレットの家計簿を押す

▼画面右下の『+』を押しましょう。

【LINE家計簿】右下の「+」を押す

▼500円を使ったとしましょう。「5」と「00」を押すと、500円と表示されます。

【LINE家計簿】支出を入力

▼次はカテゴリーを入力しましょう。選び終わったら『確認する』を押します。

【LINE家計簿】カテゴリーを選ぶ

▼確認して問題がなければ『登録する』を押しましょう。

【LINE家計簿】登録する

▼無事に入力されました!

【LINE家計簿】登録完了

収入の入力方法(LINE版)

収入の入力方法についてですが、支出の入力方法と違いはありません。

▼基本的な操作は同じです。

【LINE家計簿】収入の入力

秘密の支出について

LINE家計簿には、『秘密の支出』というチェック欄があります。

▼内緒で宝くじを1,000円買ったとしましょう。
カテゴリーに取り消し線がついていることに、注目です。

【LINE家計簿】秘密の支出

▼『今日の支出』には、キチンと登録されています。

【LINE家計簿】秘密の支出

▼『今日の支出』の下側に画面を移動させると、『今月の支出』が出てくるのですが、ここには『秘密の支出』が載りません!

【LINE家計簿】グラフに出ない

このように金額としては計算されますが、カテゴリーページの円グラフに表示されないため、たとえば趣味への支出を隠しておきたいときなどに利用できます。

…でも、隠しごとはよくないですよね。

スポンサーリンク

LINE家計簿は貯金につながる仕組みがたくさんある

3つの特徴のなかに『貯金につながる仕組みがたくさんある』がありましたよね。
どんな機能があるのか気になるところ。

▼支出と収入を入力すると、LINE家計簿(アプリ版)のトップページに『貯金』という項目が現れました!

【LINE家計簿】貯金

▼ここに載っている金額は単純な計算です。

収入-支出=今月貯金できる金額

『貯金』の項目を毎回、毎日見ることによって、黒字が赤字かを判断することもできますね。

▼画面の下側にあるメニューにも『貯金』の項目があります。
『残り』の金額が、さきほどの『今月貯金できる金額』と一緒です。

【LINE家計簿】残りが貯金できる

▼ただなんとなく貯金をするのでなく、目標を立てることもできます。
『貯金の使い道』にある『使い道を使い』を押してみましょう。

【LINE家計簿】貯金の使い道

▼『貯金の使い道』と『目標の貯金額』を入力し保存を押します。

【LINE家計簿】貯金の使い道

▼新しく目標が入力されました。
LINE家計簿を始めたばかりのときは、貯金ができていなため『進行』が『0円』ですが、家計簿の入力を続けていくうちに、だんだんと目標金額に貯まっていきます。

【LINE家計簿】貯金の使い道

わかりやすくていいですね!

▼LINE家計簿のトップ画面にある『貯金』の項目にも、目標が出てきましたよ。

【LINE家計簿】貯金の使い道

LINE版とアプリ版は自動的に連携される

LINE家計簿には、LINE版とアプリ版の2種類がありました。
片方に入力したものが、もう片方に反映しているのか気になるところ。

でも、安心してください。
LINEアカウントをLINE版とアプリ版にひもづけていると、どちらに入力しても問題ありません。

▼以下は、LINE版の画面です。
アプリ版と比べると、簡素なつくりとなっていますが、同じ内容が反映されますよ。

【LINE家計簿】LINE版

使いやすい画面から入力をすればいいと思います。

金融機関と連携する方法

アプリ版のLINE家計簿は、金融機関と情報を連載させることができます。

▼連携ができるものは、以下のとおり。

なお金融機関は、ネットバンクを開設していることが連携の条件となります。

では実際に連携する様子を紹介します。

▼LINE家計簿トップページの下側にあるメニューの、一番右側の『財産』アイコンを押しましょう。
ちなみにLINEポイントは、最初から連携されていましたよ。

【LINE家計簿】金融機関の連携

楽天銀行を連携させてみようと思います。『銀行』の項目を押しましょう。

【LINE家計簿】銀行

▼銀行の候補がたくさん出てきました。五十音順で並んでいるようです。
楽天銀行の「ら」は下のほうにありそうですが、画面を移動させるのが少し手間。
そんなときは、画面右側の虫眼鏡マークを押して、検索をしてみましょう。

【LINE家計簿】銀行を検索

▼楽天銀行が出てきたので、押します。

【LINE家計簿】楽天銀行を検索

▼楽天銀行のログイン情報を入力する画面に移動しました。
必要な情報を入力していきましょう。

【LINE家計簿】ログイン情報を入力

▼『データを取り込む期間を選択する』では、以下から選びます。

  • 今日の日付からデータを取り込む
  • 過去1ヶ月のデータを取り込む

選んだあとは、『保存する』を押しましょう。

【LINE家計簿】データの取り込み期間

▼楽天銀行の場合、追加認証が必要でした。秘密のパスワードなどですね。
入力後『保存する』を押します。

【LINE家計簿】追加認証

▼連携完了です!

【LINE家計簿】取り込み完了

▼楽天銀行の中身を見てみると、確かに入出金明細の項目が連携されていました。

【LINE家計簿】取り込み完了

スポンサーリンク

金融機関と連携ができないときの対処法

LINE家計簿と金融機関を連携させたいけど、どうしてもできないときがあると思います。
対処法がわかれば、助かりますよね。

▼以下の対処法について紹介していきます。

  • 必要な情報を入力して保存したが連携されない
  • 情報を入力したらエラーが表示された
  • 『連携先のサイトをご確認ください』というエラーが表示
  • 『ワンタイムパスワードが誤っています』というエラーが表示
  • 連携はうまくいったが、『データがありません』と表示

必要な情報を入力して保存したが連携されない

金融機関の情報を連携するまで時間がかかる場合があります。
そのため、しばらく時間をおいてから再度LINE家計簿アプリを確認してみましょう。

情報を入力したらエラーが表示された

入力間違いの可能性があります。
間違いがないかどうか、正しくゆっくり必要項目を入力してみましょう。

『連携先のサイトをご確認ください』というエラーが表示

以下の手順で解決していきましょう。

  1. LINE家計簿を利用する端末から、連携したい金融機関のサイトを開き、ログイン
  2. メッセージなどが出ていれば確認
  3. 金融機関のサイトからログアウト
  4. もう一度LINE家計簿から、連携したい金融機関を選択して連携の設定をする

『ワンタイムパスワードが誤っています』というエラーが表示

三菱UFJ銀行など、複数のワンタイムパスワードが存在する金融機関の場合、以下のような対策をしましょう。

  1. LINE家計簿の金融機関ログイン画面に必要な情報を入力し、『保存する』のボタンを押す
  2. 追加認証の画面で『ワンタイムパスワード(OTP)』の入力が求められるので、金融期間に登録しているメールアドレス宛に届いたワンタームパスワードを入力する

2番目の『金融機関からメールで届くワンタイムパスワード』がポイントです。
金融機関のアプリで発行したワンタイムパスワードではないので、注意ですね。

連携はうまくいったが、『データがありません』と表示

金融機関のデータ取り込み期間を、『今日の日付からデータを取り込む』にした場合、連携直後には『データがありません』と表示されます。

理由としては、『当日』からデータを取り込むので、『過去』のデータがないためです。

過去のデータも取り込みたい場合は、『過去1ヶ月のデータを取り込む』を最初に選びましょう。

なにをどうしても解決しない場合

すべての可能性を試しても、どうにもならない場合はLINE家計簿へ問い合わせをします。

参考:LINE家計簿お問い合わせフォーム

実際に1ヶ月間入力してみた画面を紹介

入力方法などがわかったとしても、1ヶ月間続けて入力するのって大変ですよね。
また、1ヶ月間入力したとして、画面などがどんな感じになるのか気になるところ。

そこで実際にパパンダ家1ヶ月間(2018年11月分)の家計簿を入力してみたので、紹介しますね。

▼収入と支出の金額が、ひと目でわかるようになっています。

【LINE家計簿】収入と支出

▼少し画面を下に移動すると、カレンダー全体が見えますよ。
何日にいくら支出があったなどが、わかります。

【LINE家計簿】収入と支出のカレンダー

▼『入出金』の項目に移動すると、カレンダーの中身を細かく見ることができ、一番上には『今月の収支』が確認できますね。
…赤字です。

【LINE家計簿】今月の収支

▼内容は『全体』『収入』『支出』にわけて表示させることもできます。

【LINE家計簿】今月の収支

▼『カテゴリー』の項目に移動すると、円グラフで支出や収入の状態を見る事ができますよ。

【LINE家計簿】カテゴリー別

▼画面を少し下に移動させると、どのカテゴリーが何%でいくら支出があったのかがわかります。

【LINE家計簿】カテゴリー別

▼表示には『月間』と『週間』があり、『週間』にするとさらに細かく見る事ができますよ。

【LINE家計簿】カテゴリー別 週間

▼『レポート』の項目は、1ヶ月入力しただけでは効果が発揮できません。
3ヶ月、6ヶ月、1年とLINE家計簿を続けてつけていくうちに、変化を見る事ができるかもしれませんね。

【LINE家計簿】レポート

LINE家計簿を実際に使ってみた感想

LINE家計簿を使ってみた感想を紹介します。

入力は難しい点もなく、慣れればどんどん早く入力することができました。
また、金融機関を連携させておけば入力の手間が省けるので、もっと楽々家計簿をつけられそうです。

手入力もめんどうだ!というときは、LINE家計簿のアプリ版を使えば、レシートを読み込むこともできます。

画面も目に優しい色使いになっていたり、とてもシンプルなデザインで、見飽きることはありませんでした。
使うひとの気持ちを考えて作られたんだな、と思いましたよ。

おまけ:家計簿の連載やってます

ノマド的節約術のライター『Yuki』さんが、家計簿の連載をしています。
ぜひ、読んでみてくださいね。

参考:Yukiの家計簿連載

家計簿の記事たくさんあります

ノマド的節約術ではLINE家計簿のほかにも、家計簿記事があります。
自分に合った付け方が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。 自己紹介記事はこちら

執筆メンバの一覧を見る