年収500万円台の暮らしはどんな感じ?1ヶ月ごとのリアルな月収データと生活の実態とは

スポンサーリンク

こんにちは!
ブログを始めたころは仕事がなかった、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

私がフリーランスになって1〜2年目だった2012年は、年収が573万円でした。
(フリーランスになったのは2011年6月1日)

久しぶりに損益計算書を見て、まだそれほど仕事が多くなかった頃の自分の収入を知ることができました。

年収が500万円台と聞くと、それなりに多いように思うかもしれません。

でも実際はそんなことなく、ごく普通の暮らしだったと思います。

このページでは、当時どんな生活をしていたのかや、1ヶ月ごとの収入の推移などについて詳しく振り返ってみますね。

年収500万円台の暮らしはどんな感じ?

年収500万円を実現するために必要な平均月収は?

いきなりですが、年収500万円にするためには、1ヶ月あたりいくらになるでしょうか?

細分化して計算しておくことはとても大切です。

500 ÷ 12 = 約41.7

年収500万円以上を達成するには、1ヶ月あたり416,667円以上の収入が必要になりますね。

年収500万円というと、普通に感じるかもしれませんが、そのハードルはなかなか高いと思いませんか?

私が会社員時代、ボーナスがあった月以外で月収40万円以上になったことは一度もありませんでした。

40万どころから30万円すらいったことなかったですからね。

自分が経験した1年間の月収の推移

ちょっとグチが出てしまいましたが、私が年収500万円以上を達成したときの月収の推移を紹介しますね。

フリーランスなので、売上にバラつきがありまくりです・・・。

売上額
1月181,748円
2月100,662円
3月150,060円
4月156,751円
5月196,178円
6月118,659円
7月663,613円
8月790,352円
9月795,859円
10月951,341円
11月593,442円
12月1,065,256円

この年の前半は、ごくわずかな収入しかなかったんですが、7月以降からは一気に伸びました。

前半にシステム開発の仕事を請けていて、それの入金があったり、物販に力を入れるようになったことも大きく影響しています。

そのときの話は以下の記事でまとめていますよ。

6月までのペースなら年収200万円台でしたが、後半で一気に伸ばせた結果500万円台になっています。

年収が多そうに見えるけど、実際はそうでもない

私の場合は、フリーランスとして年収が500万円台でした。

500万円とあっても、ここから税金が引かれることを意識しておかなければなりません。

いろいろと対策していれば、支払う税金が少なくなるかもしれませんが、そっくりそのまま500万円が入ってくるとは思わないほうがいいですよ。

ちなみに、フリーランス向けの節税対策もノマド的節約術では紹介しています。

この頃の生活ですが、収入がそれなりにあるようには見えても、特別裕福であるとか思うことはありませんでした。

普通のサラリーマン家庭とそんなに変わらないのではないでしょうか。

この頃の生活状況について

当時は2012年。
フリーランスになって1年前後で、まだ仕事が安定しない状況でした。

前半の頃はもうフリーランスをやめて会社員に戻ろうかと思っていたぐらい。
収入のデータからもがわかるように、キツキツで貯金を切り崩していました。

そんな頃に、専門学校時代の同級生から開発の仕事が入って、なんとか収入の目処がたち、今につながっています。

開発の仕事が終わったあとは、先ほど説明したように物販に力を入れていきました。

また、2012年の頃は外国人を受け入れたり、家でイベントをしたりしていて、できることをなんでもやっていましたね。

節約の工夫が大切

となると、やはり普段のお金の使い方と管理がとても大切になってきます。

1つ1つの支出ごとに、使うべき出費なのかどうかの見極めができるかどうかで、貯金できるかどうかに関わってきますよ。

特に意識しておきたいのは固定費。

毎月確実に出ていくお金を把握しておき、そもそも払い続ける必要があるのかどうかを見るのが大切ですよ。

主なところでいうと、保険料やスマートフォンの毎月の料金が大きなところ。

見直すことができれば月に数万円という単位で節約できますので、年収は変わらずに支出額が減って、その分毎月プラスになる金額が大きくなりますよね。

保険に関しては保険のビュッフェなどで無料相談してみるのがいいでしょう。

勧誘もなく、親身になって相談にのってくれましたよ。

スマートフォンの料金は、格安SIMに乗り換えることで月に数千円〜1万円ぐらい節約できる可能性があります。

それほどネットをしないのであれば、格安SIMでも十分ですよ。

私自身もLINEモバイルという格安SIMのサービスを利用していますが、普段使っていて困ることは何もありません。

さいごに

年収500万円よりも少なかった時代は、多少なりとも憧れがあったと思います。

でも実際に経験してみると、そこまで裕福になれる感じはありませんでした。

逆にこれぐらいの年収で気が緩んでしまって、使うお金が増えてしまうのであれば、貯金したり、その先の資産運用までたどり着くのは難しいと思います。

いい感じの年収になってきているからこそ、しっかりと引き締めておくのは大切です。

ノマド的節約術では、数々の節約術を紹介していますので、お金のことで悩まず他のことに時間が使えるようにするためにも、いろいろとチェックしてみてくださいね。

おまけ:その他年収の暮らしはどんな感じ?

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る