SBI証券に入金する4つの方法とおすすめ入金方法・リアルタイム入金する手順のまとめ

スポンサーリンク

SBI証券で取引をするためには、証券口座にお金を入れておかないといけませんよね。

でも、初めて利用するときは、どうやって手続きするのかがよく分からないと思います。
実際に私も初めてのときはやり方がわからず戸惑ったこともありました。

ということでこのページでは、SBI証券の口座に入金する方法や、実際にお金を入れる手続きのやり方を説明していきますね。

SBI証券へのオススメ入金方法・リアルタイム入金する手順

SBI証券に入金する4つの方法

SBI証券に入金する方法はいくつかあって、全部で4種類あります。
その方法が以下の通り。

  • 即時入金(リアルタイム入金)
  • 銀行振込入金
  • ゆうちょ銀行からの振込入金
  • ATMカードからの入金

一番おすすめな方法が即時入金(リアルタイム入金)ですが、それぞれの入金方法を使うときに知っておくとお得なことを紹介していきますね。

即時入金のやり方はあとで手順を説明します。

即時入金できる銀行とおすすめについて

すぐにSBI証券で株取引や投資信託を買いたいと思った場合に、リアルタイムで入金できたらいいですよね。

SBI証券ではリアルタイム入金に対応している銀行が数多くあります。
どれぐらいあるのか一覧にしてみました。

リアルタイムで入金されるだけでも便利ですが、振込手数料は一切かからず、0円ですよ!
便利かつ無料なので、SBI証券への入金は即時入金が一番おすすめです。

この中で一番おすすめなのは住信SBIネット銀行ですね。
同じSBIグループですし、連携することでSBIハイブリッド預金も使える点がおすすめ。

もし、まだどちらも口座開設していなければ、両方を同時に口座開設しておきましょう。

▼SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら▼
SBI証券とノマド的節約術のタイアップ

銀行振込入金するときの注意点

もし、リアルタイム入金に対応している銀行以外の口座を持っているのであれば、銀行振込での入金が選択肢になるかと思います。

ただ、銀行振込入金する場合は振込手数料が自己負担になるのがデメリットですね。
リアルタイム入金は即時反映でかつ無料なのに、銀行振込入金だと手数料で損するのがもったいないです。

もしどうしても銀行振込入金をする場合は、振込手数料が無料になる銀行を使うようにしましょう!

リアルタイム入金に対応していない銀行の中だと、ソニー銀行が他行宛振込手数料が無料にできますね。

また、SBI証券に銀行振込で入金した場合は、SBI証券の口座に反映されるまでに1〜2時間程度かかります。

ゆうちょ銀行から振込入金する場合の注意点

銀行振込だと振込手数料が気になりますよね。
でも、ゆうちょ銀行であれば、手数料無料で入金できますよ!

ただ、利用するためには手続きが必要になります。
「自動払込利用申込書」という書類を請求して、記入したあとに返送、審査が終了したあとにようやくサービスが使えるという流れで面倒なんですよね。

あと、ゆうちょ銀行からSBI証券に入金依頼したあと、SBI証券の口座に反映されるまでに時間がかかります。
翌営業日に反映されるため、急いでいる場合はおすすめしません。

  • 7:00~14:30の受付 → 翌営業日9:00に反映
  • 14:30~23:59の受付 → 翌営業日18:00に反映
  • 0:00~6:59の受付 → 当営業日18:00に反映
  • 土日祝日の受付 → 翌営業日18:00に反映

ATMカードから入金する場合の注意点

あまり知られていませんが、SBI証券ではATMカードを発行することができ、ATMからSBI証券へ入金ができます。

対応しているATMはセブン銀行ATMとゆうちょ銀行ATMの2種類。
5,000円以上1,000円単位で入金できますよ。

入金手数料は、セブン銀行ATMで7:00〜19:00の場合のみ無料です。
セブン銀行ATMでそれ以外の時間に入金した場合は110円の手数料がかかります。

また、ゆうちょ銀行ATMの場合は、曜日や時間帯関係なく220円の手数料です。

その代わり、SBI証券の口座には即時反映されるため、セブン銀行ATMで無料になる時間帯を利用すればまだ使える方法といえますね。

SBI証券にリアルタイム入金する流れ

まずはSBI証券にログインしてください。

ログインができれば、右上のメニューにある「入出金・振替」を押しましょう。

画面が切り替われば、以下のような画面が出てくるはず。

即時入金ということで、リアルタイムにSBI証券にお金を入れることができますよ。

私はジャパンネット銀行からお金を入れてますので、このページでも、ジャパンネット銀行からの手続き方法を紹介していきます。

▼入金したい金額と取引パスワードを入力して、右にある「次へ」ボタンを押してください。

SBI証券に入金する方法

▼確認画面が出てきますので、振込指示ボタンを押しましょう。

SBI証券に入金する方法

▼ジャパンネット銀行の画面が開きましたので、ログイン手続きを済ませてください。

SBI証券に入金する方法

▼振込画面になりますので、ジャパンネット銀行のワンタイムパスワードを入力して振込手続きを済ませましょう。

ノマド的節約術経由でSBI証券に口座開設したのであれば、20,000円以上は入金してくださいね。キャンペーン条件を満たすためにも大切です!

SBI証券に入金する方法

▼再びSBI証券の画面に戻ってきて、これで受付完了となります。

SBI証券に入金する方法

▼SBI証券の「入出金・振替 操作履歴」画面から確認すると、しっかり入金が反映されているのを見れましたね。

本当に即時反映です。便利!

SBI証券に入金する方法

入金ができれば株を買ったり、投資信託を買ったりしてみよう

ここまでの手続きでSBI証券にお金が入りましたね。
これでいろいろと取引ができるようになります。

株主優待が欲しかったら、株を買えばいいし、投資信託の買付もできますよ。

自由に取引ができますので、いろいろと使ってみましょう。

ノマド的節約術では、株主優待を取得するためのやり方を詳しく書いていますので、気になる方は参考にしていただければと思います。

SBI証券を使ってできることは、以下のページで読んでいただけるとおおよそは理解できると思います。

もし、まだ口座を持っていない場合は、こちらから口座開設できますよ。

▼SBI証券の口座開設はこちら▼
SBI証券とノマド的節約術のタイアップ

おまけ:関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る