SBI証券の口座開設キャンペーンまとめ!SBI証券と住信SBIネット銀行を同時に作る方法も紹介

スポンサーリンク

こんにちは!
SBI証券の口座を2010年から使っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

SBI証券住信SBIネット銀行って同時に口座開設できるって知ってました?

個人的にどちらも使っていて、当時は何も知らず、それぞれ別に口座開設したんですが、当然ながら1回1回名前や住所などを入力しました。

もう、この手間がとにかくめんどくさい・・・!
同時に口座開設できれば、それが1回だけに済むので、時間短縮にもなるし、精神的にも楽になりますよね。

SBI証券・住信SBIネット銀行はどちらもサービスが充実しているし、使い始めたら生活の役に立っています。

また、SBI証券では口座開設することでのキャンペーンがとても充実していますよ。

このページでは、ノマド的節約術限定のSBI証券口座開設キャンペーン、口座開設後に不定期に行われる、本当にお得なキャンペーン内容をまとめて紹介していきますね。

SBI証券を使うことで、いろいろな恩恵を受けることができますよ!

SBI証券と住信SBIネット銀行を同時に口座開設する方法

ノマド的節約術限定!SBI証券の口座開設+入金・振替で2,000円プレゼント

では早速、ノマド的節約術(このサイト)だけのタイアッププログラムを紹介しますね。

ノマド的節約術を通してSBI証券に口座開設したあと、SBI証券の総合口座に20,000円以上入金し、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金に一括で20,000円以上の振り替え(資金移動)を行うだけで後日2,000円がプレゼントされますよ。

手順を一覧にすると以下の通りですね。

  • SBI証券と住信SBIネット銀行に口座開設する
  • SBI証券の総合口座に20,000円以上入金する
  • SBIハイブリッド預金に20,000円以上振り替えする
  • 後日2,000円がプレゼントされる

▼詳しくはこちらで▼
SBI証券とノマド的節約術のタイアップ

SBI証券のキャンペーンはこれだけでなく、他にもあります。
また、口座開設の方法なども合わせてこれから見ていきましょう。

限定キャンペーンの条件を満たした証拠

SBI証券の限定タイアッププログラムの条件を満たすことができたら、あとで現金2,000円がプレゼントされます。

住信SBIネット銀行・SBI証券それぞれの履歴で確認しました。

2つ画像があるので、それぞれ2,000円に思うかもしれませんが、どちらも同じなので入金額は2,000円だけです。

SBI証券のキャンペーンで入金された
↑SBI証券から見た入金履歴↑
SBI証券のキャンペーンで入金された
↑住信SBIネット銀行から見た入金履歴↑

限定キャンペーンの条件を満たす手順は、以下のページで画像つきで紹介していますよ。

SBI証券で住信SBIネット銀行も口座開設する方法

ノマド的節約術の限定キャンペーンでは、SBI証券だけでなく住信SBIネット銀行も出てきますよね。

その2つの口座は一緒に作ることができます。
しかもカンタンに。

SBI証券の口座開設画面を開き、入力欄1つチェックを入れるだけ!

▼入力欄の下の方に「住信SBIネット銀行、SBIハイブリッド預金、預り金自動スィープサービス」のチェック欄がありますので、それにチェックを入れるだけでOKです。

SBI証券で住信SBIネット銀行を同時申込

SBIハイブリッド預金は預金保護(ペイオフ)の対象になります。SBI証券のホームページも書かれていました。

住信SBIネット銀行の円普通預金、SBIハイブリッド預金、円定期預金は預金保険制度の対象となります。円普通預金、SBIハイブリッド預金、円定期預金の合計で1,000万円までと、その利息が保護されます。

SBIハイブリッド預金を使うと、住信SBIネット銀行の普通預金よりも金利が10倍高くなります。

0.001%が0.01%に変わるだけですが、チリツモのことを意識すると大切なことです。

株取引が怖いなら、SBI証券の取引をしなくてもいい

証券口座というと、やFXの取引をするイメージがどうしてもあります。

証券口座は投資目的のために使うものですが、取引しなかったからといって、お金がかかるわけではありません。

口座を維持しているだけだと手数料は一切かかりません。無料です。

ちなみに私は、SBI証券も住信SBIネット銀行も両方ともよく使っています。

SBI証券は投資信託の積立、住信SBIネット銀行は手数料無料で振込するための口座として使っていますよ。

どちらも便利で、この2つの口座がない生活は考えられないほどです。

そんな2つの口座を一度に作れちゃいます。
時間の短縮にもなるし、何よりも1回だけでいいという気持ちになるので、精神的な負担がなくなりますよ。

参考:SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設へ進む

【不定期】投資信託キャンペーンもおすすめ

SBI証券では、口座開設後も様々なキャンペーンが充実しています。
中でも個人的におすすめしたいのが、投資信託のキャンペーンです。

年に何度か、投資信託の積立額に応じて現金プレゼントになるキャンペーンが充実していますので、これだけのためにSBI証券の口座を持っておいてもいいぐらい。

私自身も、キャンペーンを見つけたタイミングで参加していますよ。
生活が苦しいときも、投資信託のキャンペーンには助けられました・・・!

SBI証券に限らず、他の証券会社でも投資信託の積み立てキャンペーンがあるので、合わせて使うのがおすすめです。

参考:投資信託の積み立てキャンペーン用に持っておきたい口座まとめ

【不定期】国債購入のキャンペーンもある

SBI証券では、国債を購入することで現金プレゼントになるキャンペーンもあります。

例えば、50万〜100万円未満の購入で、1,000円がプレゼントになるという具合ですね。

ただ、1年は解約できないデメリットもありますので、気をつけましょう。
他の証券会社でも国債キャンペーンがあるので、1年だけ国債を買ってその後中途換金する方法もありますよ。

余裕資金の運用で使うときにキャンペーンを併用するのが正しい使い方だと思います。

もし、国債購入のキャンペーンを使う場合は他の証券会社と比較しながらもおすすめです。

【不定期】金・プラチナのキャンペーンもあります

2017年7月からSBI証券で金・プラチナの買付や積立ができるようになりました。
利用者を増やすためにキャンペーンが行われていることもあります。

もし今後、金やプラチナに興味があるならこのキャンペーンに乗っかってみるといいですよ。

私が確認したときは、積立したときの手数料を1ヶ月分キャッシュバックするというものでした。
これは確実にお得なキャンペーンですよね。

【不定期】つみたてNISAのキャンペーンもあります

2018年から始まったつみたてNISAを使っている人に向けたキャンペーンが開催されていることもあります。

これからコツコツと資産運用していくのであれば、つみたてNISAはおすすめです。

抽選で現金プレゼントになるキャンペーンをたまに見かけますよ。
これからつみたてNISAを始めるのであれば、条件を満たしやすいと思いますので、ついでに当たればラッキーぐらいに思っていくのがいいと思います。

ロボアドバイザーのキャンペーンは、ノマド的節約術のほうがおすすめかも

SBI証券は、ロボアドバイザーのウェルスナビと提携していて、SBI証券から口座を作れます。

それにともなったキャンペーンもあるのですが、個人的にはウェルスナビ単体で口座開設するほうがお得だと思っています。

ウェルスナビ自体でもキャンペーンがありますし、またノマド的節約術からの口座開設の場合は、条件を満たすと1,500円キャッシュバックがありますよ。

ウェルスナビを使うことで、面倒な資産運用を自動化できちゃいます。
個人的にも利用しているので、こちらも合わせて検討してみるのはいかがでしょうか。

運用を始めてから順調に資産が増えていますよ。

さいごに:SBI証券のキャンペーンを使うにはこちらから

SBI証券では、口座開設するときや口座開設したあとでも様々なキャンペーンがあります。

キャンペーンの内容はそれぞれで、条件が厳しいものやそうでないものいろいろありますので、満たせそうなものから試していきましょう!

一番おすすめなのは、口座開設後に住信SBIネット銀行に2万円以上振替で特別に現金2,000円もらえるものですね。

これが適用になるのは当サイト(ノマド的節約術)だけです!

▼SBI証券のキャンペーンはこちらから▼
SBI証券とノマド的節約術のタイアップ

おまけ:SBI証券・住信SBIネット銀行を詳しく知る

ノマド的節約術では、SBI証券や住信SBIネット銀行について詳しく説明した記事もあります!

それぞれをしっかりと使いこなそうと思うなら、合わせてチェックするといいですよ^^

おまけ:他の証券会社のキャンペーン

ノマド的節約術では、他の証券会社のキャンペーンも紹介していますよ。
SBI証券以外にも検討されている場合はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る