Suicaにおすすめのクレジットカードとクレカからのチャージ方法を徹底解説

スポンサーリンク

電子マネーのSuicaは、現金でチャージする形が基本となっています。
しかし、方法によってはクレジットカードからチャージすることもできますよ。

クレジットカードでSuicaにチャージする場合、クレジットカードのポイントが貯まるかどうか、という点が気になりますよね。

せっかく使うのであれば、ポイントの貯まりやすいカードを使いたいものです。
ポイントが貯まれば、現金の出費を減らせて余計なお金を使わずに済みます。

そこでこのページでは、Suicaを使うときにおすすめなクレジットカードやクレジットカードからのチャージ方法、ポイントが貯まるクレジットカードについて紹介していきますね。

suicaにオススメのクレジットカードとクレカからのチャージ方法

Suicaチャージで使えるクレジットカード一覧

Suicaチャージに使えるクレジットカードは、ビューカードです。
ビューカードはいくつか種類があるので、好みに合ったものを選びましょう。

Suicaにチャージできるクレジットカードは、以下の通り。

いずれもビューカード系のクレジットカードですね。
これらのカードは、オートチャージにも対応していますよ。

モバイルSuicaでチャージする場合は、ビューカードだけでなく、以下のブランドのクレジットカードも使えます。

ただし、ビューカード以外のクレジットカードをモバイルSuicaに登録すると、年会費1,030円(税込)がかかりますよ。

モバイルSuicaを使う場合も、当面年会費が無料になるビューカードで登録するのがおすすめです。

クレジットカードからSuicaにチャージする方法

Suicaを現金ではなく、クレジットカードでチャージしたい場合もありますよね。

自動券売機ではクレジットカードからのチャージができないので、どうやってチャージすればいいのか悩んでしまうと思います。

クレジットカードからSuicaにチャージする方法は、以下の方法がありますよ。

それぞれの方法ごとに、詳しく説明していきますね。

ビューアルッテでチャージする方法

ビューカードを持っている場合は、駅にあるATM「ビューアルッテ」からクレジットカードでチャージができます。

ビューアルッテでチャージする手順は、以下の通り。

  1. ビューカードのサービスから「クレジットカードによるチャージ」を選ぶ
  2. 「クレジットカードによるチャージ」を押す
  3. チャージしたいSuicaを挿入する
  4. Suica定期券・MySuica・Suicaカードの場合、支払い用のビューカードも挿入する
  5. ビューカードの暗証番号を入力
  6. チャージする金額を選ぶ
  7. チャージ金額を確認し、大丈夫であれば「確認」を押す
  8. カードと利用明細票を受け取る

ちなみに、ビューアルッテでチャージできる金額は、以下の通り。

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

残額が20,000円を超えるチャージはできません。

オートチャージを使う方法

ビューカードを持っていると、オートチャージ機能も使えますよ。

オートチャージを利用すれば、残高が少なくなると、自動改札機を通るだけで自動的にチャージしてくれます。

残高が少なくなるたびに、チャージする手間が省けるのが魅力的ですね。
いくら以下になればいくらチャージするというのは、自分で設定できますよ。

また、オートチャージを使うメリットは、ビューカード利用時のポイントが3倍貯まり、ポイント還元率が1.5%になること。

時間短縮でもお金の節約でもオートチャージはおすすめですよ!

ビューカードを使ったオートチャージの設定方法は、こちらのページで詳しく紹介しています。

多機能券売機でチャージする方法

ビューマークのある多機能券売機では、Suica一体型のビューカードを使ってクレジットカードからチャージができますよ。

多機能券売機でチャージする方法は、以下の通り。

  1. 「チャージ(入金)」を押す
  2. Suica一体型のビューカードを入れる
  3. 希望するチャージ金額を押す
  4. チャージ後のSuica残高が表示される
  5. カードを受け取る

これでSuicaへのチャージが完了します。
多機能券売機は、クレジットカード決済でのチャージに対応しているので便利ですね。

モバイルSuicaでチャージする方法

モバイルSuica

クレジットカードを使ってチャージしたい場合、モバイルSuicaが便利ですよ。
わざわざ駅に行かなくても、いつでもどこでもチャージができます。

モバイルSuicaでチャージする方法は、以下の通り。

  • 「SF(電子マネー)メニューへ」を押す
  • 「入金(チャージ)」を押す
  • チャージしたい金額を入力し、「確認する」を押す
  • 確認して大丈夫であれば「入金する(クレジットカード)」を押す

これで、Suicaへのチャージが完了します。
Suicaへのチャージは、一旦完了すると取り消しはできないので気をつけましょう。

モバイルSuicaに登録しておくと、ビューカード以外のクレジットカードでもチャージが可能です。

iPhoneの場合はApple Payを使えばクレジットカードからチャージしているのと同じですね。

Suicaにおすすめのクレジットカード

具体的にどのクレジットカードがおすすめなのかも気になるのではないでしょうか。

ここからは、Suicaを使うのにおすすめのクレジットカードを紹介していきますね。

年1回使えば年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」

使っているビックカメラSuicaカード

個人的に一番おすすめなのが、ビックカメラSuicaカードです!
ビックカメラSuicaカードは年に1回でも使えば年会費無料になるため、他のビューカードとは違って年会費を気にする必要がありません。

ただ、Suica定期券にはできないデメリットがあるので、そこは注意。
単純にSuicaだけ使いたいという場合は文句なしでおすすめですね。

ルミネでの割引が充実の「ルミネカード」

ルミネカード表

年会費は税込1,029円と少し高くなるものの、ルミネカードもSuica利用にはおすすめです。

というのも、ルミネで常に5%割引で買い物ができるため、ルミネを使えばすぐに元がとれるから。

レストランや書籍代も5%安くなるため、ファッションなどに興味がなくても使える機会が多いですよ。

また、ルミネカードのセールのときはカードを持っているだけでルミネで10%になります。

「JRE CARD」もおすすめ

2018年7月から始まるクレジットカードになりますが、JRE CARDもおすすめです。

JRE CARD加盟店だと税抜100円ごとに3ポイント貯まるため、気付けばどんどんポイントが貯まっていたとなりそうですね。

貯めたJRE POINTはSuicaに1円からチャージできるため、ポイントを貯める価値もあります。

さいごに

Suicaへのチャージは現金のイメージがありますが、ビューアルッテやモバイルSuicaを使えばクレジットカードでのチャージも可能です。

もし、Suicaでオートチャージなどを利用したいのであれば、Suica一体型のビューカードがおすすめですよ。

Suicaを使えば使った分だけ、ビューサンクスポイントやJRE POINTも貯まります。

貯めたポイントはそのままSuicaにチャージできるので、お得に活用できますよ。

このページで紹介したSuicaにおすすめのクレジットカードを使って、Suicaでの移動や買い物をより快適にしていきましょう!

おまけ:Suicaに関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る