変動費の項目一覧と節約する方法・固定費との違いを解説

Yukiの画像

家計簿について情報収集をしているとよく、「変動費」という言葉を聞くことがあると思います。

家計簿を付ける習慣がない場合は、変動費といわれてもあまりピンとこないかもしれませんね。

このページではそんな「変動費」について、具体的にどんな項目があるのかや、それぞれの項目の節約方法について紹介していきます。

変動費の項目一覧と節約する方法

変動費の意味とは?固定費との違い

「変動費」はその名の通り、変動する費用のことです。

つまり、月によってその金額が上下する、生活に直結している支出のことですね。

例えば食費や日用品費、娯楽費などがそれに当たります。

使ったら使った分だけ支出が増えるし、抑えれば抑えた分だけ下がりますよね。

また、変動費と対として使われるのが「固定費」です。

固定費の意味もその名の通り、いわゆる固定的な費用のことで、家賃や水道光熱費、スマホ代などがそれにあたります。

毎月一定額が継続してかかる費用のことですね。

固定費とは違って変動費は、自分の意志である程度コントロールできるのが特徴なので、この部分をいかにうまく抑えてられるかが節約のポイントの1つになってきますよ。

変動費の項目一覧

まず変動費にはどのような項目があるのか、以下に一覧を挙げてみました。

  • 食費
  • 日用品費
  • 交通費
  • 医療費
  • 美容費
  • 服飾費
  • 交際費
  • 娯楽費
  • その他(雑費)

だいたいこんな感じでしょうか。

これは私が自分用に使っている項目をもとに挙げた項目なので、もちろんこれがすべてというわけではありません。

ただ、一般的には変動費といえばこういった項目がメインとして挙げられています。

中には、食費をかみ砕いて食材費と外食費で分ける場合もあるますね。

絶対的な決まりというのはないので、基本的には自分が管理しやすいように自由に項目を分けて作って問題ないですよ。

各項目ごとの節約方法

変動費は、月によって必要なときもあれば必要ないときもありますよね。

いわば固定費と比べると、自分でコントロールしやすい部分ともいえます。

変動費のコントロールについては、まず各項目ごとに月の予算を設定するのが大事です。

食費は◯万円、日用品は◯千円、美容費は◯万円・・・などという具合ですね。

毎月家計簿を付けていれば、自分が何にどのくらいお金をかけているか、だいたいの範囲で分かると思います。

そのベースとなる金額を把握することで、「ここの項目はもう少し抑えたい」とか「この項目は今月は使いすぎたな」などといった、家計簿に対する反省点や改善点も見つかってくるので、それらをもとに月のだいたいの予算を決めてみてください。

あとは、その予算内に支出が収まるように、日々意識しながら生活していきます。

さて、それではそんな変動費を少しでも抑えるにはどんな方法があるか、思いつく限りで節約法を紹介しますね。

食費

食事は身体を作る上で大事なエネルギー源となるので、過度な節約は避けたいところです。

節約のためと思ってあまり食べなかったり、ファーストフードばかりの食生活を続けていたら、そのうち体調を崩して病院のお世話になってしまうということもあるかもしれません。

そうしたら医療費がかかってしまうし本末転倒ですよね。

ある程度の予算を立てて、栄養バランスの良い食事を心がけるのが理想です。

ただし、もし外食が多かったり、コンビニでついお菓子を買ってしまったりということがあるなら、それは見直せるポイントになりますね。

外食を月○回までと決めたり、1回の金額を○円以下にすると決めるのもいいでしょう。

あとはついコンビニでペットボトル飲料を買ってしまうという場合は、マイボトルに替えて飲み物を持参するのもおすすめです。

体にはやっぱり水が1番ですよ。

他にも食費の節約に関する記事が多くあるので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:食費の節約についての記事はこちら

日用品費

日用品は基本的に生活に必要なものですよね。
例えばトイレットペーパーとか洗剤、石鹸などがそうでしょうか。

なくなったら新しいものを買い足す必要のある、いわば買わなくてはいけないものですね。

そのため、日用品はそこまで無駄遣いする要素がないですし、逆に節約するのも難しい項目かもしれません。

それを前提とした上で節約を考えるとすれば、節約をするというより買うときにお得に買い物をするようにしようと意識するのがいいですよ。

ドラッグストアはよく「本日○%OFF」などといったお買い得デーを実施していたり、次回使える○%OFFクーポンの配布をしていたりしますよね。

そういったお得なサービスを積極的に利用しましょう。

例えばウエルシア薬局ではウエル活と呼ばれているお客様感謝デーがあります。

こういったお得なタイミングを見計らって買い物すれば、普通に購入するよりお得に購入することができ、結果節約になりますよ!

あとは、買ったものを使うときに1回に使う量を気を付けるのも大事です。

必要があって使うものなのでもちろんケチることはないのですが、よく考えてみるとそんなに使わなくてもいいんじゃない?というときがあったりします。

石鹸や洗剤、トイレットペーパーなど、使うときに今一度その使用量を意識してみましょう。

交通費

交通費については、車に乗るのか電車やバスなどの公共交通機関を利用するのか、都会に住んでいるのか田舎に住んでいるのかなどといった生活環境によってもかなり左右されますよね。

中でも、車を所有している場合はその維持費が結構かかってきます。

とはいえ公共交通機関が充実していない地域だと、やっぱり車がないと不便ですしね。

そういったなかでも、なんとか維持費を抑えるには?と思ったときに参考になるページがこちらです。

一方で、首都圏などは電車が頻繁に来ますし、車を所有していなくても生活できてしまいますよね。

ただ逆に電車賃などがかさんできてしまいます。

今はほとんどの人が電車を利用するときには交通系ICカードを使っていると思いますが、ICカードにチャージするときは現金からチャージするよりクレジットカードからチャージする方がお得になる場合がありますよ。

例えば、ビックカメラSuicaカードJRE CARDルミネカードからSuicaにチャージすると、チャージした分に応じてJREポイントが貯まります。

現金でチャージしたらプラマイゼロですが、対象のクレジットカードからチャージすると、還元されたポイント分プラスになるのでお得です。

ポイントもチリも積もれば山となるので、クレジットカードも積極的に利用するのがおすすめですよ。

医療費

医療費をかけないようにするには、まず第一に健康体でいて病院にかからないようにすることですよね。

普段から食生活に気を付けたり、適度な運動を取り入れたりと、当たり前のことではあるけれどなかなか難しいことを、できる範囲で行なって、健康を心がけたいところですね。

ただ、何か大きな病気をしてしまったなどで、年間10万円以上を医療費に使ってしまったときは医療費控除ができますよ。

税金が少し戻ってくるので、当てはまる場合はしっかり確定申告しましょうね。

美容費

きれいを維持するためにはある程度必要な美容費ですが、なんだかんだ結構な金額になる項目でもありますね。

でもちょっと下げられないかな?と思ったら、まずはできそうなところから削っていきましょう。

例えばネイルサロンで施術してもらうジェルネイル。

ネイルは確かに女子力が高く見えるしかわいいですが、絶対に必要かといったら必要ではないですよね。

スキンケアやメイクなどはどうしても必要でも、ネイルはそれと比べたらなくても問題ありません。

どうしてもネイルをしたいというときは、自分でマニキュアを塗るなどして代用すればネイルサロンに通うよりも断然安く済みますね。

あとは美容室を予約するときはホットペッパービューティーを利用してポイントを貯めるなど、少しでもお得なサービスを利用するように意識するのも大事です。

服飾費(衣服費)

最近はフリマアプリも一般的になってきましたし、中古品でも気にならないという場合はフリマアプリで気に入った商品を安く購入するというのも1つの手ですよ。

フリマアプリとして有名なものはやっぱり「メルカリ」ですね。

中には、新品のものがかなりお買い得な価格で出品されているときもあるので、そういうものをチェックしてみるのもいいと思います!

あとは自分のワードローブを把握して、必要なものやヘビロテしているものだけを揃え、必要以上に洋服を持たないというのも大事なことかもしれません。

以下のページの「私服を制服化する」というのは、時間の節約にもなって良いのではないでしょうか。

交際費

社会でやっていく上でどうしても必要な交際費。

上司や取引先など、内心「この人とは気が合わないんだよな…。」と思いつつも付き合いで仕方なく飲みに行ったりしないといけないときもあると思います。

もちろん、中には参加した方がプラスになるものや、自分自身が積極的に参加したいと思うものもあるかもしれません。

そういうものに参加するのはまったく問題ないですし、むしろ行ったほうがいいと思います。

ただ、気乗りしないなという心の声を抑えて参加している飲み会などが多いのであれば、それは見直す必要がありますね。

自分自身が楽しめなかったり、我慢してばかりなら、その会に参加している時間とお金の両方がもったいないですし、何も得るものはありません。

また女性は特に、仕事の関係として付き合っていきたいのに、相手から「女」としてみられてしまってやりにくいといったこともありますよね。

「女は愛嬌!」などという風潮だからなのか、合わない相手や生理的に受け付けない相手にもとりあえず愛想良く笑顔で振舞いすぎるせいで、変に気を持たれて嫌な思いをしたり、心で感じていることと実際の状況の乖離にストレスを感じたりというのは女性ならではの悩みですね。

仕事上どうしても必要な会合などもあるとは思いますが、やっぱり一番大事なのは自分の心の声ですからね。

苦痛なのであれば、誘いを断る勇気も必要ですよ。

また、飲み会の幹事などでお店をセッティングする必要があるときは、少しでもお得になるようなお店やプランを選ぶのがポイントです。

さいごに

家計簿の中で使われる「変動費」について、掘り下げて説明・紹介してきました。

ムダな支出だと思う部分があるのなら、そこを減らすことで節約につながる変動費ですが、一方で削りすぎると普段の生活に潤いがなくなってしまいますし、何事もバランスが大事です。

支出を減らすのも限界があるので、同時に収入を増やす方法も検討していくのがいいですね。

参考:収入UPについての記事一覧はこちら

また、ノマド的節約術オリジナルの家計簿テンプレートを以下のページで紹介していますので、PCで管理する家計簿に興味がある場合はこちらも一緒にチェックしてみてください!