ホットペッパービューティーでのポイントの貯め方と使い方ガイド。リクルートカードプラス併用で毎回4%ポイント還元!

スポンサーリンク

美容院に行くときや髪の毛のカットに行くときは、行きつけのところがあればいいですが、そうでない時はどこに行っていいのか分からないものです。

友達のおすすめがあるならば、そこを使うのがいいかと思いますが、そうではなく自分で探す場合が大変だと思います。

そんな時は、ホットペッパービューティー(HOT PEPPER Beauty)を使って、美容院探しをすると、自分に合った場所が見つかるかもしれません。ホットペッパービューティーは、全国に対応しているサービスですよ。

ホットペッパービューティーってどんなサービス?

ホットペッパービューティーは、名前に「ホットペッパー」が付いていることもあり、全国の美容院のクーポン情報があります。

サイトから美容院の予約ができるというのも大きな特徴です。自分で電話して予約するのも忙しいとやりにくいですし、電話するもなんか気が引けるという方にもネットからの予約は便利です。

ホットペッパービューティーは、美容院だけでなくネイルサロンやリラクサロン、エステサロンの予約もできるサービスとなっています。

ホットペッパービューティー

Pontaポイントが2%貯まる

ホットペッパービューティーを使って美容院を使うと、利用額の2%がPontaポイントとして貯まります。仮に1回5,000円だったとすると、Pontaポイントが100ポイント貯まりますね。

ちなみに、同じリクルートのクレジットカードである「リクルートカード」または「リクルートカードプラス」を利用すると、より多くPontaポイントが貯まります。

リクルートカードは還元率1.2%、リクルートカードプラスは還元率2.0%です。ホットペッパービューティーでリクルートカードを使うと、Pontaポイントが3.2%〜4%貯まることになります。

4%貯まるとすると、25回使えば、1回は無料で使える計算になります。そう思うとかなりお得ではないでしょうか?

リクルートカードの詳細は、以下のページで説明しています。

ポイントは、来店日を含む7日目以降に付与されます。1月1日にお店を利用したら、1月7日以降にPontaポイントが付与されます。

Pontaポイントの貯め方は、以下のページが詳しいですよ。

Pontaポイントが使える分だけ安くできる

ホットペッパービューティーでは、Pontaポイントを貯めるだけではなくて、代金の一部としてPontaポイントを使うこともできます。

1回100〜3,000ポイントまで使えますので、100〜3,000円値引きできるのと同じですね。

ポイントを使う時はネット予約時になりますが、会計する時にもホットペッパービューティーを使っていることを伝えましょう。そうする方がスムーズになります。

ちなみに、ポイントが貯めれて使えるのは「ポイント加盟店」だけです。検索している時にオレンジ色のアイコンが出ているので一目で分かるようになっています。

ホットペッパービューティー ポイント加盟店

お店独自のクーポンがある

ホットペッパービューティーは、Pontaポイントを使ってお得にするだけでなく、ホットペッパーならではの良さもあります。

お店ごとにクーポンがあって、それを使うことで通常料金よりも安くできます。

以下の例では、半額以下になっているクーポンもありますね。お店ごとに細かくクーポンが設定されていますので、利用する時はクーポンを使ってどれぐらい安くできるのかもチェックするといいかもです。

ホットペッパービューティーのクーポン

さいごに

ホットペッパービューティー、サイトを見る限りは女性向けに作られていますが、もちろん男性の髪の毛カットにも使えます。

私の知人の男性もホットペッパービューティーを使って、ポイントをうまく使ってるという話をしていました。

性別に関係なく、いつもと違う美容院に行ってみたいという方は、ホットペッパービューティーを使うことで、全国から探すことができます。

スタイリストさんを指名することもできますので、知らない店に行ってあまり相性が良くない人と当たる確率も減らせると思います。

ぜひ一度使ってみてくださいね。

▼ホットペッパービューティーの詳細ページを見る▼

よりお得に使うのに便利なリクルートカードの詳細こちら。

どこまでもコストを下げたいという方は自分で散髪する手もあります。これは完全に男性向けです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る