【ICOCA】に関する記事一覧(12件)

関西エリアの交通系ICカードですぐに名前が出てくるのは「ICOCA(イコカ)」ですね。

JR西日本が発行していて、関西エリアだけでなく中国地方や北陸などでもICOCAが使えますよ。

これからICOCAを使いたいと思ったときは、どうやって作ればいいか・使い方やメリットなどが気になるかと思います。

そんなICOCAのお得な使い方やメリット・デメリットについて、ノマド的節約術がブログ記事で詳しく紹介しています。記事をチェックしたいなら、下のほうから気になる記事を探してみてくださいね。

ICOCAには2種類があります

ICOCAカード

ICOCAには、ざっくり言うと以下の2種類がありますよ。

どちらもカードタイプのICOCAになりますが、SMART ICOCAはクレジットカードでのチャージに対応しているのが大きな違いですね。

SMART ICOCAだと、クイックチャージが使えるため、現金のチャージよりもほんの少し早くチャージできますよ。

ICOCAの作り方や購入方法

カードタイプも含めて、とりあえずはICOCAを作って使えるようにしたいと思うかもしれませんね。

ICOCAの作り方は難しくもなんともなく、駅の券売機で気軽に買えますよ。

他にもいろいろと入手方法がありますので、詳しく知りたいなら以下のページをチェックしてみましょう。

ICOCAにチャージする方法

ICOCAを手に入れたら、チャージしておかないと使えませんよね。
作ったときにある程度の残高はあるものの、使い切ったらまたチャージしないといけません。

そんなICOCAのチャージは、駅の券売機だけでなくいろいろな場所で対応していますよ。

詳しく知りたいなら以下のページをチェックしてみましょう。

ICOCA定期券としても使える

ICOCAは、定期券としても使えます。
ICOCAを入手しただけでは定期券として使えないですが、別途定期券の購入をすれば、定期券としても使えますよ。

みどりの券売機や、ピンク色の券売機でICOCA定期券が買えます。
クレジットカードが使えるので、ポイント還元率が高いカードにすればその分だけお得ですね!

ICOCAの残高を確認する方法

ICOCAを使っていると、「今どれぐらいお金があったかな…?」と思うことが出てきます。

そのときは、ICOCAの残高を確認しておきましょう。
残高確認の方法もたくさんあって、知っておくと役立ちますよ!

実際に試してみた残高確認のやり方は、以下のページでまとめています。

ICOCAの履歴を確認や印字する方法

確定申告や出張旅費の精算で、ICOCAの利用履歴を見たいときもあると思います。

そういったニーズにもICOCAはしっかりと対応していますよ。
紙で印字してもらうこともできます。

ICOCAの履歴確認のやり方は、以下のページで写真つきで紹介していますよ。

ICOCAポイントを有効活用しよう!

ICOCAポイントチャージのやり方

ICOCAでは、独自のポイントシステム「ICOCAポイント」があります。

ICOCAポイントサービスに登録しておけば、ICOCA利用することでICOCAポイントが貯まりますよ。

もらえるものはもらっておいたほうが節約になりますよね。
ICOCAポイントは、あとでICOCA残高にチャージできるのがうれしいところ。

私がICOCAポイントを実際に貯めて使ってみた体験談は、以下のページが詳しいですよ。

使わないならICOCAを解約・払い戻しできる

ICOCAを作ったはいいけど、やっぱり使うことがなかった…という場合は払い戻しすることができますよ。

ただ、何も考えずに払い戻しすると220円の手数料を取られるのがデメリットです。
とはいえ、やり方を工夫すれば手数料無料で払い戻しできますよ!

ICOCA払い戻しを実際にやってみた手順は、以下のページが詳しいです。

ICOCAをどんどん使ってみよう!

ざっくりとICOCAの特徴やメリット・デメリットについて紹介してきました。

関西に住んでいるとやはりICOCAを使っている人が多いです。今はICOCAポイントもありますし、以前よりは少しお得になった感じがあります。

これからICOCAを使うのであれば参考にしてみてくださいね。
既に持っていても、使い方に詳しくなるとより便利・お得に使えますよ。

このあとは、ICOCAの活用方法を紹介したブログ記事がありますので、気になるページがあればチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

全12件中 1 - 12件を表示

交通系ICカード一覧に戻る

カテゴリーから探す